本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私の消滅」 中村文則・作

そういえば去年の今頃も中村文則さんの本読んでた気がするなと思って調べてみたら。

去年の今頃、最後の本のブログが中村文則さんの「教団X」を読んでました。

それにしても芥川賞に続き今度はドゥゴマ賞をとられたそうでおめでとうございます。

すごいですね~(;゜0゜)そして読んでみましたが内容もやっぱりすごかったです。

まぁ、どこがすごいのかと言われると具体的にあげられないのですが・・・・

中村文則作品は3冊程度しか読んでないのでなんとも言えませんが作品の感じは「掏摸」に近いのかなと思いました。

極限まで削られた文章が鋭くでもザクザク切ってくれるのでとてもするする読めました。

ストーリーは一軒のコテージから始まります。主人公は違う人間に成り替わるためにここに来たのですが。そこに置いてあったのは成り替わる人物からのメッセージとなぜか女の死体が・・・

読んでいて思い出したのは夢野久作の「ドグラ・マグラ」でした、特に最初の方はあの目眩のするような展開に、混乱に見舞れくらくらしてきます。そしてだんだんと真実が明るみになっていくとそれはなくなるんですが今度は世界がひっくり返るようなどんでん返しがやってきます。

文章はシンプルで鋭利だから淡々と話は進みます。なのでするすると読めるのですがその文章の間から滲み出てくる訴えが文章を読むより強烈でより心に残った気がします。

なので最後まで読んで思い出したのはアゴタ・クリストフの「悪童日記」です。あの淡々としているけど行間から滲み出てくる狂気と絶望がまさにサブリミナル効果みたいで脳に直接染みこんでくるようでした。

「教団X」の時もそうでしたが中村文則さんの作品はここがこう良いとか明確に表現できないんですよね。

自分の言語の限界を感じる・・・というか読解力がないのか・・・

そう言えばこの本には実際にいた犯罪者、子供四人を殺して死刑になった宮崎勤の名前が出て来ます。話として出てくるだけなんですが、そう言えばこの人についての本を昔読んだなって思い出して。そう言えばここのブログでも紹介した事も思い出しました。「M/世界の、憂鬱な先端」でした、この本もたいへん興味深い話で、面白かったのですが。

そうだったと思っていたら本の最後の方にある参考資料の中に「M/世界の、憂鬱な先端」があって、おお!おんなじ本を読んではる!と思ってちょっと嬉しかった。

この本は犯人の過去から犯行に及んだ過程を綿密に追っていて、全てではないが彼が犯罪を犯してしまった原因を見せてくれている気がします。この本を読んだ後にでも「M/世界の、憂鬱な先端」を読んでみるとより深く読める気がします。

お勧めです。




テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

「《森見登美彦氏対談集》ぐるぐる問答」 森見登美彦・作

今回読んだのは森見登美彦の対談集!

森見さんの新刊も出たということで抱き合わせで出た形になりました。

しかも森見さん作家生活10周年と言うことで、おめでとうございます。

この対談集は今まで森見さんが色々な雑誌で対談したものをより集めて一冊にした物です。

なので結構昔のものもあって面白い。

そして一番の白眉ばこれ!

万城目学さんとの対談!

この二人の対談は雑誌掲載の時も話題になってて私も読みたかった対談なのですが、読みはぐねてたのでやっと読めて嬉しかった。

なんで話題になったかと言うと、森見さんのデビュー作の「太陽の塔」が出た後万城目さんが「鴨川ホルモー」を出版したんですが「太陽の塔」と「鴨川ホルモー」設定が結構被ってるところが多くて一時文学界が騒ついたんですよ。

当時私も読んだんですよ、最初に読んだのは森見さんの「太陽の塔」で次に読んだのは「鴨川ホルモー」でした雰囲気も違うしどちらも面白かったんですが、京都が舞台で主人公が冴えない大学生、コメディでその中で恋と友情にわたわたする、といった設定がまるかぶりだったんです。

私的にはどっちも面白く読ませてもらったんですが、本人たちはどう思ってるんだろうとすごく気になってたんですよ。

ただ、そんなに仲が悪い訳ではないらしく何回か会っているというのはお二人のエッセイなんかで読んでいたのでそれは知っていました。

なのでそんなに険悪な関係ではないだろうとは思ってたんですが、それでもどんな会話なのか気になっていたのでやっと読めて嬉しかった。

内容は是非読んで確認してほしいのですが面白かったです。森見さんは他の対談相手よりなんだかリラックスしていたように感じるし面白い話もいっぱい書かれていておもしろかった。

他の対談相手も面白かったです、他の方は 劇団ひとり・瀧川ユカリ・柴崎友香・うすた京介・綾辻行人・神山健治・上田誠・羽海野チカ・大江麻理子・萩尾望都・飴村行・本上まなみ・綿矢りささんです。

森見さんの本は京都が舞台のものが多いのでいろんな人の京都の見方が知れるのは面白かった、京都に住んでいるとどうしても外からどう見えるのかわからないので、よくわからないんですよね。

特に面白かったのは、京都が舞台になるとファンタジーな事が起こっても不思議ではないと思われるんだそうで、東京の人は特にその印象が大きいようでデビュー作の「太陽の塔」は全然ファンタジーに見えないんだそうです。本によると京都マジックなんだそうで。

これは住んでいると気がつかないもんなんですね。

最後には今昔対談もあって昔の森見さんと今の森見さんが対談していて面白い。

対談した人は知ってる人もいれば知らない人もいたが面白い話や作品の裏側とかも知れたのでよかった。

漫画家・作家・芸人さんとか幅広くて全て読むもよし、興味がある人だけ読むも良し。

おすすめです。

「ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集」 森見登美彦・作



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

「新・リーダー論」池上彰・佐藤優・作

トランプさん大統領になりましたね。

最初にニュースで見たときはなにあれって笑ってたんですけど、今は逆の意味でなにあれってなってます。

まさか本当に大統領になるとは・・・・・

まあ、イギリスがEU離脱した時にもしかして・・・とは思ったんですけど。たいていの評論家とかコメンテーターは、無いでしょうって言ってたので大丈夫なのかな?って思ってたのに。

もうだいたいの評論家とコメンテーターはホラッチョなんやと思う事にしました(笑)

っていうかこのまま行くと日本もアメリカみたいなトランプ現象は起こり得るんだろうなと思いました。

メディアの話は鵜呑みにしたらあかんな、とは言えどの情報を信じるかはこっち次第だし。これから生きて行く上で情報をいかにして選ぶかが重要なんだなと思いました。

そして、今回読んだのはこの本で3冊目の池上彰佐藤優の対談本。

この二人が言うことはかなり深いし考えるべきことだなって思います。

今回のタイトルは「新・リーダー論」まさに世界のトップにある国のリーダーが新しく決まったので改めてリーダーについて考えなければならないんだろうなと思いました。

とは言え、この対談がされたのはトランプ大統領と決まる前なのでトランプ大統領になった後の二人の見解は何も書かれていないのでそこは残念です、次の本ではその事を読めるといいのですが。

二人はどちらが勝つとかは明言してませんが、世界の流れはトランプの方に流れているといった感じのニュアンスを言っているように感じました。

まあ、トランプ大統領になった後読んだからそう思うのかもしれませんが。

あと選挙の内容が幼稚になったっていう感じの事が書かれてました。

今回の内容も勉強になりました。相変わらず難しいところもあって理解できたんだかできてないんだかもわかりませんが(笑)

改めて思ったのはやっぱり世界は物騒な方向に向かっているんだなと言う事と日本もそれは無関係ではいられないんだろうなと言う事です。

一見平和に見えてもきっと水面下では色々あるんだろうなと思わされました。

小説を読んでいても思います。

昔に比べると自衛隊とか戦争とかを扱った本がよく目につくようになったなと特に若い人向けの本に多い気がします。内容も少し右寄りの物もたまにあります、もちろんそういったものは昔からあるのですが、こんなに前に出てきて人気になる事はなかったと思います。

なんかそう言うジャンルは特殊な物、あるいは触れてははいけない物のような感じだったと思います。

でも小説ではないですが、艦これとかガールズパンツァーとか出てくるなんてひと昔前だったら絶対考えられなかったと思います。

両者の内容に何か問題があるわけではないのですが、軍艦とか戦車とか戦争を連想させるものがこんなに人気になる事が時代の変化を感じます。

それと同時に怖くなるんです、戦車や軍艦が悪いわけではないのですがそれに対して親しみを覚えると言う事は後々の9条改正とか安保論とかの世論にも影響が出てくるんじゃないかと思うのです。

まあ考えすぎかもしれませんが。そういった印象って後々に結構響く気がします。

これは私の印象なんですが、ヒラリーさんが負けたのはこれも結構ダメージになったんじゃないかと思うことがあるんです。

ヒラリーさんてニュースとかでヒラリーって呼ばれることもありますがクリントンと呼ばれることもありますよね、私はそれを聞くとどうしても最初に浮かぶのはヒラリーさん夫の方なんです。

一瞬あの女子大生と不倫して辞めた人?って思って、ああ違うわその奥さんやったって思い出すんですよね。

女性やしやっぱりアメリカ初の女性大統領っていうのが売りやのにどうしても旦那の顔がちらつくんですよね。

女子大生と浮気してたとか当時の日本のニュースでも大々的に放送されてたんだからアメリカではもっとされてただろうし、そうなるとやっぱり一瞬思い出すと思うんですよね。

大統領執務室で女子大生と葉巻使ってプレイしてたってのはかなりインパクトがあります(笑)

正確には不倫して辞めたわけではなくそれが原因で人気が失墜したってだけ、プレイは執務室の横の書斎でしてたらしいですけど。

まあ、どっちにしてもインパクトはすごいですけど。

それにしても改めてアメリカはスケールが違うなと思いました。ベッキーが不倫してたぐらいで大騒ぎしてる場合じゃないですよ。

まあ、という事でアメリカの人も潜在意識の中でその印象が残ってて迷いが生じたんじゃないかなと思ったわけです。

話が逸れました、本の内容ですが、タイトルの通りリーダーとはなんなのかと今の世界の情勢が書かれています。

特に印象に残ったのはこの言葉です。

”皮肉なことに「平和」と結びつくのは、「平等」ではなく、「格差」。そして「平等」に結びつくのは、「戦争」なのです。国民国家的な体制をとっているかぎり、戦争が起これば、金持ちの子供も、庶民の子供も「平等」に「戦争」へ行かざるを得ない。また戦費を調達するために、累進課税制を取らざるを得ない。「戦争」になれば、いやでも「平等」になるわけです。” ーー本文よりーー

「平和」を求めるなら格差を受け入れなければならなくて「平等」を求めるなら戦争するしかないというわけです。
嫌な事実です。でも歴史から見ても今の所「平和」が続くと「平等」が保たれないって事実しかないんですよね。

気が重くなりました、絶望です。

日本はまだマシな方ではあるんでしょうが、十年後はどうなるかわかったもんじゃないです。

もっと怖いのは団塊の世代がいなくなった後です。

今、一番人数の多い年代がいなくなったらどうなるのか。正直、想像もできません。

気分が落ちましたがとりあえず最後の佐藤優さんの”日本の新しいリーダーになりそうな人は確実にいる。 中略 最終的には神が日本を見放すことはないと楽観している。”って言葉に希望を持つことにします。

それに、この本は本屋で平積みになって沢山売っていました。と言うことはそれだけ読まれているんだと思います。結構難しいし耳の痛い話も多いのに、これが読まれているんだからまだ日本は大丈夫だと・・・思いたい・・・(つД`)ノ

是非読んで見てくださいお勧めです。




テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

「働く男」 星野源・作

流行ってますね、ドラマ。

「逃げるは恥だが、役に立つ」面白いですね~毎週楽しく観ています。おかげさまでうっかり原作の漫画も買ってしまいました。

そして、星野源ですよ!

以前このブログで星野源の「蘇る変態」を紹介したことがありました。→ブログ「蘇る変態」星野源・作

あの時は、星野源なんかムカつくと書きました、歌も歌えて演技も出来て文章も上手いなんてズルイわ!!

って憤ってたんですが、今回も言わせて下さい。

ガッキーとキスって羨ましすぎるやろー!!!

まあ、私は女なので別にガッキーとキスしたいわけでは無いですが・・・・

あんな美人と一緒にお仕事してなおかつお金も貰える。

しかも、自分の曲とタイアップもしてるからその分の印税も入るわけで、う、羨ましすぎる。

自販機でジュース買おうとして100円玉を溝かなんかに落とせ!そしてそれが最後の100円玉でもうジュース買えなくなってしまえばいい!

でも、ネットでもガッキーとのキスシーンの後はネットで星野源この野郎!!て炎上してたし。「なぜ星野源はイケメンじゃ無いのに人気があるのか?」とか「星野源を好きになるのはなんか負けた気がする」みたいなネット記事が出てて。みんな結構同じようなことが思ってたんやなと思って面白かった。

今回読んだ本は星野源の「働く男」

タイトルはユニコーンの「働く男」から取ったそうです。

内容は今まで星野源が色々な雑誌で出した映画のコラムや小説、あとインデーディーズで出した曲の解説と対談などが収録されています。

今まで出した曲のエピソードやその当時どんな事を思っていたかとかが書かれていて星野源の曲が好きだという人にもお勧めです。

ただ私は曲は聴いた事はあるのですが、タイトルとか全く覚えてないのでよくわからなかった・・・(´∀`*;)ゞ

対談は今をときめく芥川賞作家のピース又吉さん。ハマオカモトのコメントなんかも載ってます。読みどころが沢山あってなおかついろんな視点から見られます。

この本が出たのは脳動脈瘤破裂で倒れた後ですが、中身の文章を書かれたのはそれ以前のものだそうです。

内容を読んでると本当に色々挑戦してて純粋にすごいなと、しかもそれが器用貧乏にならずに成立してるのがまた凄い。

上にも書いてありますがこの本には小説も収録されています、本当に短い短編なのですがこれが結構面白かったです、タイトルは「急須」なんでもない夫婦の日常を書いた物語で、大した事件も起きない内容なんですが、なんだか素朴ででも味わいがあってそれでいて絶妙な笑いも入っていて。

ああ、なんかこんな感じの短編が何本も入った本がもっと読みたいな~って思ってしまいました・・・・
・・・・なんか悔しい!!

映画のコラムも読んで何本か観てみたいと思ってしまったし。

何もかも星野源の思う壺です。

ハンバーガー食べようとして中身全部反対から出ろ!そして直そうとして手がベタベタになってしまえばいい!!

とは言え本人は謙遜してますがきっと感性が豊かで頭もいいのではないかと思います。

本書を読めば努力の跡も見えます。並大抵の努力ではないと思います。病気になって倒れるまで仕事してしまうという実績もあるのですから。

この本を読んで思ったのは、努力を重ねることこそが才能の一つなんだろうなと言うことです。

そんな星野源の才能と努力が見れる本。

おすすめです。


「働く男」 星野源・作







テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

「小説 素敵な選TAXI」 バカリズム・作

ドラマを見ていたという人ならお分かりかと思います。今回読んだ本はバカリズムさんが脚本でドラマをしていた「素敵な選TAXI」のノベライズ本です。

それにしてもこれは、ノベライズ本でいいと思うんですが、どうなでしょうね?作者がバカリズムさんなので原作と言ってもいい気もするし、でもドラマの方が先に出ていたのでおそらく脚本が先でしょう。

となるとやっぱりノベライズ本ということになるのか・・・・微妙な選択です、原作というのとノベライズ本というのとはなんかニュアンスが違う。

なぜか原作本となると微妙にノベライズ本より格というかイメージが良い感じがする。

いや、あくまで感じですけどね。

映画とかでも「あ~この映画の原作は読んだことあるわ」みたいなセリフはなんだか原作を読んでた方がなんか偉そうです。まあ私もよく言うんですけど(笑)

まあ、どっちでもいいんですけど。内容はドラマとほぼ同じです。ただ私はドラマは一話しか見ていないんですよね、本当は全部観たかったんですけど、時間の関係で見れなかったんです。

それで本が出てたので買って読んで観たと言うわけです。なので一話は本もドラマも同じだったのでおそらく同じだろうと思います。

なのでドラマを観た人はこの本の内容はわかっていると思います。

話は一話完結で進みます。過去に行ける不思議なタクシーと運転手の枝分さんが中心になって話が進みます。

ストリーだけ見るとタイムトラベル系のSFのようですが、なぜタクシーがタイムスリップできるとかの合理的な説明とか意義みたいなものは全く説明してくれません。

とりあえずタクシーがタイムスリップできます、おそらく選TAXIというタイトルありきだと思います(笑)

なのでSFだと思って読んだらがっかりするかもしれません。どっちかっていうとコントに近いかもしれません、さすが芸人さんが書かれただけあるといった感じです。

もし同じ設定で他のSF作家さんが書いてもこうはならないだろうと思います。きっとそこらへんもこじつけても細かく設定してしまうだろうに、この小説はかなり大事なところをあらかさまにふわっとさせててSFを読み慣れている人間にとっては凄いなと思わざるおえません。

SFにこだわりがある人が観たら大いに突っ込まれそうで私なら怖いです。

でもそれがまた面白い、あんまりにも大胆にふわっとさせているので逆に納得させられたというか、まあいっかとなってしまいました(笑)

あとストーリーとは関係がないのですがちょいちょい出てくる作中のドラマが面白いです。一番出てくるのが「犯罪刑事」刑事だけど犯罪を犯していて、だけど刑事というわけのわからん刑事が出てくるドラマです。まずストーリーが想像できないんですが、ストーリーはわからないまま共犯刑事とか不良鑑識とか冤罪刑事とか出てきて混沌としてきたかと思ったら最後に出てきたのは普通の刑事とか完全に遊んでて面白い。他にも「初老の惑星」とかどんな話やねんと思うような小ネタが満載でそこらへんはやっぱり芸人さんが作っただけあるな思いました。

あとはタイムスリップする時にいまいちタイムスリップ感が無いということで、お客さんに突っ込まれてそれを枝分さんは気にして色々工夫しようとするんですがそれが結局最後までうまくいかずに終わるという小ネタも面白い。

変なゴーグルつけたりタイムスリップ感のある音を流してみたりわざわざトンネルをくぐってみたりするんですが、その度にお客さんに突っ込まれて、枝分さんはその度に凹みます。

それが本当にコントみたいで面白い、笑わすって難しいのにそれが文章でもできているのがまた凄いです。ストーリーも面白いし小ネタでも笑えるのでずっと退屈せずに読めました。

読んでみて思ったのはドラマを見るよりは時間短縮になるなということです。一話を観るのと読むのではかかる時間がだいぶ違うんです。

ドラマは一時間です、CMを抜いても四、五十分はかかるでしょう、でも小説だと一話三十分はかかりませんでした、正確に測ったわけではないのでわかりませんが二十分ぐらいといったところでしょうか。

なのであまり時間がないけどこのドラマが気になっていたという方は小説の方がお勧めかもしれません。

まあ、でも俳優さんのかっこよさとか演技の素晴らしさを見たい場合はドラマの方がいいとはおもいます。特に主役の竹野内豊さんはあんなイケメンやのにコミカルな演技が面白かったですもんね、私は小説を読んで、やっぱりドラマが観たくなりました。

時間があったら、レンタルかなんかで観たいなと思います。

お勧めです。


「小説 素敵な選TAXI」 バカリズム・作


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。