本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「残り全部バケーション」 伊坂幸太郎・作

伊坂幸太郎作品の素晴らしい特徴として揚げられるのは、最初の1行目が印象的なことです。

最初の1行で伊坂さん独特の世界観に引き込まれてしまいます。なんといっても言葉のチョイスが絶妙なんですよ。

個人的に一番印象的なのは「重力ピエロ」の最初の1行です。

そこにはこう書いてありました。


春が二階から落ちてきた


二階から季節?が落ちてきたの?と疑問に思わせて、次どうなるんだろうと読ませてしまうこの言葉のセンス!素晴らしいですね。読んだことない方は続きが気になってるんじゃないでしょうか?

まあ、伊坂さんはこれに限らず言葉の選び方が素晴らしいんですけどね。

この1行は映画化されたときも使われていて、それを見て、やっぱりあの1行は印象的だよね!分かる分かる!と頷いていました。

今回、紹介する本も最初の1行が印象的な作品です。

「残り全部バケーション」の最初の1行はこうです。


「実はお父さん、浮気をしていました」と食卓で、私と向かい合っている父が言った。


これも気になりません?

なに娘に向かって宣言してんねん、しかもハキハキ言うことちゃうし、ってなりますよね。そもそも状況が分からないし、どういう流れでそうなったかも謎です。

続きが気になりますよね?もう読むしか無いですよね。

という訳でこの本も割とすぐに読めました。そして読めば読むほど謎が増えていき、続きがきになるのです。

この本も前回紹介いした「首折り男のための協奏曲」と同じく短編で構成されています。

でもこちらの方は連作短編になっています、全ての短編に共通の人物が出てきて全部読むと全てのストーリーが分かる仕組みになっています。

全部で5つの短編で構成されています。

色々な伏線や謎が広がり、どうなるんだろうと物語に引き込まれた所でだんだんとその謎や伏線が回収されていく感じは快感です。

短編、一つだけでも十分面白いのでおつまみ感覚でちょびちょび読んでもいいと思います。





スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/96-cf771e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。