本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「依頼人は死んだ」 若竹七海・作


 「おばけが出るとでもいうの?」
 「そんなものを感知する能力はないし、死んじゃってるなら怖くない。私が怖いのは生きてる人間だけよ」

 ―「依頼人は死んだ」本文より抜粋―




怖いのは生きてる人間、この小説はこの言葉をまさに説明したと言っていい小説です。

この小説は「依頼人は死んだ」若竹七海・作でジャンルはミステリーではありますがどちらかというとホラー色の方が強い小説です。

もちろんおばけなどは出てきませんが、何より人間の底なしの悪意が余すことなく書かれていて、とっても嫌な気持ちになれます(笑)

書かれている登場人物もあ~こうゆう嫌な人いるよな~と思う人物が山ほど出てきて嫌な気分に拍車をかけてきます。

よくこんなにいろんなタイプの嫌な人を書けるな~と思います。

この小説は若竹七海さんの小説のなかでも葉村晶シリーズの2作品目の小説です、短編連作になってます。

淡々としていてそれでいてテンポよく進んで行くので読みやすく、短編なのでちょっとした時間で読めるので比較的すぐ読めました、でも内容が残酷だったりグロかったりで決して爽やかな気持ちにはならないのですが、面白いので読むのをやめられず、蟻地獄にはまった蟻みたいな気持ちになりました。

この感じは湊かなえさんの小説とよく似ている気がします、文章とか雰囲気もスタイルも違うのですが人間の残酷なところ世の中の非情な事、読み手の心をえぐってくるところが似ている気がします。最後には本当に嫌な気持ちになるのはわかっているのに読んでしまう。(笑)そこも似ています。

若竹七海さんの小説は他の本も残酷で今回の「依頼人は死んだ」も安定の残酷さ、七海さんマジパネェっす。

主人公は葉村晶いろんな仕事を渡り歩いていていまは探偵事務所で人探しや浮気捜査をしている女性です、性格はサバサバしていて男っぽく、一度気になったことは徹底的に調べないと気が済まない。そんな女探偵が色々な事件に遭遇していくといった話です。

本当に残酷で陰鬱で嫌な気持ちになるのにまた読みたくなるのは、主人公の葉村晶がなにがあっても揺らがず凛としていて、いつも酷い目に合うのにそれでも立ち向かっていく姿が恰好いいからだと思います。


もちろん文章も内容もいいのですが、葉村晶が小気味いセリフで事件を解決していくのをもっと読みたいと思ってしまうのです。

葉村晶シリーズは「プレゼント」という小説が最初で中公文庫から出ていて今回は文春文庫から出ています。

このシリーズは他にも「悪いうさぎ」と「さよならの手口」という本が出ています、実は「悪いうさぎ」も持っていたので勢いでそれ今、読んでます。

こちらは長編で簡単な家出少女の依頼から次第に殺人にまで発展するような大きな事件に巻き込まれる、といった話です。

こちらも、面白い・・・正直、ブログとか書いてる場合じゃないんです、続きが気になって気になって・・・(>_<)今回の感想は手抜きっぽいな~と思われた方、当たりです。

えっ!∑(゚Д゚)そんな変わり無いって?

いやいやいつもはもっと頑張って書いてますよ・・・orz

いや・・・うん・・・頑張ります・・・

今、ちょっとでも読んだら止められないので我慢してます(笑)、ちょうど小説の真ん中あたりで面白くなってるんです、家出娘が家に押し掛けてきたりオネエ言葉をしゃべる大家さんと押し問答したり、カオス!(笑)そんなわけで寝る前に読むのも危険!今日朝は本読んでて危うく仕事、遅刻するところでした(笑)

そんなわけで落ち着かないので今回はこれで終わり(笑)

さあ!続き読むぞ~!!




依頼人は死んだ (文春文庫)依頼人は死んだ (文春文庫)
(2003/06)
若竹 七海

商品詳細を見る




悪いうさぎ (文春文庫)悪いうさぎ (文春文庫)
(2004/07)
若竹 七海

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/88-fedc8b47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。