本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恋と禁忌の述語論理」井上真偽・作

ミステリーというiいわゆる謎解きと言われる小説は構造自体は結構簡単な作りになっているもので。

事件が起きる→謎を提示する→探偵役が推理する→解決

だいたいがこの流れ、それでも作家さんたちはその中で次から次に新しい要素を盛り込んできて読者を楽しませてくれます。

本当によく思いつくな~と尊敬の念を禁じ得ない。

最近では探偵役が犯人だったり、ワトソン役が犯人だったりもそんなに珍しくもなくなってきてしまった昨今ですが。

また新たな要素が含まれたミステリーが出ました。

今回の謎解きは数理論理を使って解決します。

探偵が解決した後になんと、違う探偵が出てきて違う解を出す、その上、探偵役が数理論理学者ですべて数理論理で解いてくといった流れになります。

この本は第51回メフィスト賞受賞の「恋と禁忌の述語論理」井上真偽・作です。

ワトソン役の大学生の詠彦が、探偵役の叔母である硯さんに他の探偵が解決した事件を持ちこみ天才とまで言われた数理論理学者でその能力を生かして事件を解いていく。

探偵が2人それに加えて数理論理学というあまりなじみの無い学問をうまい具合に掛け合わされていて謎とき部分は凄く面白かったです。

ちなみに数理論理学とは・・・・説明を読んでも良くわからなかったのですが(笑)大雑把にいうと数学の証明問題のすっっっごくむつかしいバージョン・・・・・らしい・・・・・この説明が合っているのかもあまり自信がないですが・・・おそらく・・・多分・・・・そんな感じだと思います(笑)

謎解きはその数理論理を使うのですが章ごとに違う論理を使うのですが丁寧にその論理について説明してくれるのでその時は解ったような気がするのですが次の章に行くとところてん式に前回の記憶がどっかに行ってしまいあっという間にわからなくなりました(笑)

まあ、理解出来なくてもストーリーは追えるので十分楽しめました。

ちなみにこの本は連作短編になっていて全部で5つの短編で構成されています、最後の章でどんでん返しが・・・!

後は読んでからのお楽しみで(*^_^*)

解が二つあるというのは他の作家さんがやっているのでそんなに新しくはないし他の要素もどっかで見たような物だけど組み合わせが面白かった、章ごとに違う個性的な探偵が出てきてそれも面白かったです。

短編方式で読みやすいし、数理論理のことについて学ぶことができるし・・・まあ全部わかるのは頭のいい人に限られるとは思いますが・・・(;一_一)

ちなみに私は、わかったような気がする・・・・という記憶しか残っていません(笑)




恋と禁忌の述語論理 (講談社ノベルス)恋と禁忌の述語論理 (講談社ノベルス)
(2015/01/08)
井上 真偽

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/85-b6b8a6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。