本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁断の魔術師 ガリレオ8 東野圭吾・作

最初に言っておきますが私は福山雅治が好きなわけではありません、いや嫌いなわけでもないですが。

分かってもらいたいのはミーハーな気持ちで読んでいるわけでは無いということです。

ドラマが始まるだいぶ前から原作のガリレオシリーズは読んでましたから!!ドラマ始まる前から好きで読んでましたから!!

大切なことなので二回言いました。

本読みとしてはここは絶対に譲れない一線なのです。

あ、ドラマもみました、まぁドラマはドラマで面白かったですよ~|( ̄3 ̄)|(上から)

キャスティングの事で言いたいことは無くはないですがキリがないのでやめときましょう

大切なのは原作です、今回紹介するのは東野圭吾・作「禁断の魔術師 ガリレオ8」です、いや~今回も面白かったです。

冴え渡る湯川先生の名推理、一貫してクールで、でもたまに見せる人間らしさがいい味を出している、ワトソン役としての草薙刑事もいいコンビで、正直ドラマでもこの二人をメインにドラマ相棒みたいにしたほうが良かったのではと思います。

イケメンが二人・・・うん!DVDBOXで買ってたな!!

はっ?!

いかんいかんドラマはよそに置いといて小説ですよ

ガリレオシリーズは一応全部読みました、「容疑者Xの献身」とかもいいですが特に好きなのは「聖女の救済」ですかね、東野圭吾さんの本は女の人が主役だとかなり印象に残ってて好きになる確率も高い気がします、「百夜行」とかも名作ですね。

女の人と言えば、ドラマにしかいなかった内海というキャラクターもシリーズ途中から参加してて今回は結構活躍していて良かったです。

ドラマとはキャラクターがだいぶ違い、きりっとしたクールビューティーといった感じで頭がよく気がきき真面目!女だからといって背伸びをするのでもなく、女の立場からの目線から事件解決に貢献したりして、ドラマもこうだったらと・・・

はっ!?

いかんいかんまたドラマにもどってしまった

もう一度言っておきますが私はミーハーな気持ちでガリレオシリーズの本読んでるわけではありません。

・・・何度もいうと説得力がなくなっていく気がしますが。

いやいやホントにドラマが始まる前から読んでましたから!!

・・・もうやめておきます。

禁断の魔術 ガリレオ8禁断の魔術 ガリレオ8
(2012/10/13)
東野 圭吾

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/8-05d71cbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。