本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人類は衰退しました 9」 田中ロミオ・作

今回は今年最後のブログです。

毎回読んでいただいておられる方がいるのかわかりませんが、いつも読んでいただいてありがとうございます。

今回初めて読んでいただいた方もありがとうございます、今年は最後ですが来年も頑張りますのでよろしくお願いします。m(_ _)m

よろしくお願いしますと書きましたが、来週はお休みします、ご存じない方の方が多いと思いますが一応このブログは土曜の0時に更新しています。

来年もよろしくと言っておきながら初っ端から休んでしまってすいません、来年も頑張りますのでよろしくお願いします。(ーー;)

結構回数を重ねて書いているつもりですが文章力がまったく上った気がしないのが気になります、来年こそはもうちょっと文章を書くのが上手くなりたいものです。

今年最後に紹介する本はなににしようか迷ったのですが、考えすぎてだんだん面倒くさくなったので適当に一番近くにあった積読していた本の山にあった本にしました。

その本が「人類は衰退しました 9」です、小学館ガガガ文庫から出版されている田中ロミオ・作のライトノベルです。

読み終わって初めて知ったのですが、このシリーズはこの巻で完結でした、今年最後の更新に紹介する本としてはキリのいい本だったなと思いました。

この小説のファンの方が見たら読むのが遅いよ!と怒られそうです、今確かめてみたらこの本が出版されたのは2014年の6月でした・・・・orz

半年ほど積読していたみたいです・・・作者様すいません。f^_^;)

まあ、積読して半年で読めたのは私にしては読むのが速かった方です、いつでも読めると思うとどうしても読むのを後回しにしがちです、年単位で積んである本もあるのでまだましな方です(笑)来年はこの積読を少しでも減らしたいです・・・・・( ̄▽ ̄)

でも新しい本を買ってしまうんですよね~毎月毎月面白そうな本が出版されるんですもん、困ったものです。ε-(´・`)

すいません話がそれました、年の瀬になると不覚にも色々と総括をしたくなりますね。

総括といえばこの本もめでたく完結しました、ライトノベルはとにかく完結をなかなかしないジャンルだと思います、言い方が悪いですがライトノベルは薄利多売な側面があるので、人気にかなり左右されます、人気なくなれば出版部数も減りそのうちなし崩し的に出版自体なくなります、出版の裏の事はよく知りませんが、おそらくそうではないかと思います、作者のモチベーションも保てないでしょうしね、そして人気があればあるで、どうにか長引かそうと続編に次ぐ続編や無理やり続きを書いたりして終わらなくなったりします。そしてそのうち連載が停まる・・・・・

もちろんきちんと完結させたライトノベルは沢山あります、それはひとえにその作者様の努力によるものだと思いますし、ライトノベル作家を長く続ける上で必要な能力な気がします。しかしそれ以上に中途半端なライトノベルは沢山出版されているのです、まさに薄利多売、下手な鉄砲数打ちゃ当たるです。

そして一番多いのが、取りあえず一冊出しておいて読者の反応を見て、反応が良ければ第二弾も出すよ?といった感じの終わり方をした一冊しか出て無いライトノベルもいっぱい、それこそ山のように出ています。

一冊しか出て無いからといって面白くない訳でもない、この本の続きどうにかして出てくれへんかな~と思う本は沢山あります!シリーズ化されてもなんでこれが面白いと思われているのかがわからん!ていう本も沢山あるのですが・・・

あ~あの本とか、この本とか・・・・・ほんっっとに続き書いて欲しいのにな~(; ̄ェ ̄)

・・・また話が逸れましたまあ何にせよこの本はめでたく完結しました、その後に短編集が出る予定らしいですが取りあえず完結です。(今調べたらもう出てました・・・・Orz)

この小説の内容はタイトルにもあるように、人類が衰退してしまった世界のお話です、衰退してしまったとはいえそんなにシリアスな内容ではありません。

詳しいストーリーは、人類が衰退してしまってはや数世紀、すでに地球は“妖精さん”のものだったりします、そんな妖精さん”と人間の間を取り持つのが、国際公務員の“調停官”である“わたし”のお仕事です、そんな“わたし”と“妖精さん”と人間達のあれやこれやあるお話です。

ジャンルを無理やり分けるとSFでしょうか?厳密にいうと妖精が出てきている時点でファンタジーだと思われるかもしれませんが一応SFだと思います・・・・多少ファンタジーも入ってるかな?ぐらいですかね

SFと聞くと構えてしまう方がいるかもしれませんが、この本はそんな事気にしなくても面白く読める本だと思います、SFが苦手という方に入門編としておすすめしたい。

もちろんSF好きにもお勧めしたいです、SF好きにはたまらない小ネタが結構ちりばめられていて、それを見つけるとうれしくなります、私はそこまでSFに詳しくないですがそれでもわかったので、詳しい方はそれだけでも楽しめるのではないかと思います。

ラストの今回はなんと“わたし”は月に行きます、毎回ほのぼのしつつ笑える内容なのですが今回は結構シリアスです。

なぜ人類が衰退したのかの謎も解き明かされます。

面白かった・・・・SFとはやっぱりこうでなくちゃねっていう終わり方で、作者様はよくわかっておられるなと思いました。

意外な結末、でもすっきりして、でも色々考えさせられる、すばらしい終わりかたでした。

今年最後の小説としてはいいものを選んだものです、自分を褒めたいです。

ラストっていうの本当には難しいと思います、この本のあとがきにも書いておられましたが、私はブログでさえうまくまとめられずにだんだん疲れてきて最終的には面倒くさくなって尻すぼみな終わり方になるのが落ちなのです。

書いていくうちに何が書きたかったのかわからなくなっていくんです。

そう書いている今現在でだんだん疲れてきました・・・・・

そろそろ終わります、来年はもうちょっとまとまりのある文章を書けるように頑張ります。(・Д・)ノ

来年もよろしくお願いします。



人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)
(2014/06/18)
田中 ロミオ

商品詳細を見る








  
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/75-fe923a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。