本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新・戦争論」 佐藤優・池上彰・作

もうすぐ選挙!世の中は猫も杓子も総選挙ですね!

どの政党に投票するか決まりましたか?

私はまだ決まっていません。

ということで、今回読んだ本は政治の本です、とはいえ投票の参考にするために読んだ訳ではありません。

今回読んだ本「新・戦争論」は、大好きな作家さん佐藤優さんとこれまた大好きなジャーナリスト池上彰さんの対談本だからです。

佐藤優さんと池上彰さんです、ビックネームのお二人が対談です、夢の対談と言っていいかもしれません。なぜ世の中であまり話題にならないのか疑問です、ニュースで取り上げられてないのが不思議なくらいです。

きっと、レベルの高い話しをしてるのだろうなと思ってましたが、思った通りレベルが高い!

池上彰さんはテレビなどではわかりやすい解説をしてるけどこの本では難しい世界情勢を語っておられていて~と、まあジャーナリストなので当たり前ではあるのでしょうが、テレビとは違う姿が垣間見れてやっぱり凄いなと思いました。

お二人が俎上に挙げているのは世界の情勢の事です、まず日本のこと、そして中国、韓国、北朝鮮、中東、ロシア、アメリカ、それぞれの歴史とからめて、なぜ今、色々な問題が噴出しているのかを説明してくれます。

特に宗教の事は中東の問題もあったので印象深かったです、私が知っている事よりも宗教は複雑で、キリスト教一つ取っても国によって宗派が違っていくのだと言うのがわかって勉強になります。

たとえば基本的なところでカトリックとプロテスタントとかがありますがそれぞれに派閥があったりロシアにはロシア正教会があったりウクライナのいち地方のにはユニエイト協会というのができたり、スコットランドにはスコットランド教会、それに英国教会もあるらしいです、韓国には天主教がある、ほかにも色々派閥があり歴史や教義もちがうからそれぞれが対立してたり政治に利用されたり弾圧されたり・・・・ややこしい。

それから重要なのはイスラム教です、シーア派とスンニ派は有名ですがそのなかでも法学派というのがあってハナフィー法学派、シャフィイー法学派、マーリキ法学派そしてハンバリー法学派の4つがありそのなかでもまた派閥がわかれるみたいです、ワッハーブ派メソジスト派などがあってシーア派には十二イマーム派があるらしいです、一イマーム派から十二イマーム派それぞれ番号がついていて12個の派閥があるみたいです。

ややこしい・・・書いててよくわからなくなってきました、読んでちゃんと理解できているのかも怪しい、それなのにお二人はこんなややこしい事は当然のように知っているようで、すらすら当然の事のように語り合っておられます。

名前を覚えるだけでも大変です、それなのに成り立ちや歴史、派閥どうしの力関係、お互いにどう思っているかとかも全部理解してしかもそこから今の情勢を鑑みてそこからまた情報を読み解いておられるので本当に凄いなと思いました。

なかなかできる事ではないです、最後にはお二人の情報収集の方法を語っておられましたがそれぞれ毎日10紙の新聞をよみテレビのニュースもチェックしてネットも見て本も読んでおられるそうです、その上、佐藤優さんは月に100本の雑誌の連載があり、池上さんは取材をしながらテレビにも出ておられます。

意味がわからん・・・・いつ寝てるんだろうか?本の中で佐藤さんは外国に直接取材に行く事もあると言っていて本当に人間なんでしょうか。

投票の事は少しでも参考になればと思って読んだけど、お二人の視点は高度でその上グローバルすぎて日本のしかも一地方の候補者の事なんてちんまいことは参考になるはずもなかったです。

でも、タイミングがいいことに最近ラジオで佐藤優さんが出演しているのを聞けて、しかもどういう候補者を選ぶべきかという質問に答えておられました。タイムリー!

佐藤さんによると最近の議員にはあまり友達がいなくて夜一人でご飯を食べる、所謂ボッチ飯をしている人がふえてるらしいです、こういう議員はやめとけとおしゃってました。

ボッチ飯・・・・議員が?

友達がいない・・・議員が?

大学生やサラリーマンがそうなら別にいいですが・・・・政治家がそうだと不安意外のなにものでもありませんね、市民感覚があるという好意的な見方も出来なくはないですが・・・・・政治は人を動かすものだと思うから、人付き合いも出来ないのはかなり問題ですよね。

佐藤さんが言うにはそういう人は小金を貯めこみ夜は飲みのも行かず仲間内だけで話したり、後援会なんかもつくらず所属している党の言う事をそのまま鵜呑みにして街頭演説なんかでもそのまま言っているだけの薄っぺらくて、何かを変えたり動かしてやろうという意志も無いらしいです。

政治家はある程度ぎらぎらしてる方がいいと、貪欲に何かを変えようとしているからだと言っておられました。

ぱっと思い付くのは小沢さんとかですかね?たしかにぎらぎらしてるけど、同時にスキャンダルもあるしな・・・・でもあのエネルギーは今の政治家に欠けてる気がする。

ただ最近はちょっとした不正や間違いで鬼の首を取ったかのように騒ぎ立てるから、しんなりした人が多くなったのかもしれないですけどね。

それにしてもボッチ飯は悲しすぎるな~。

っていうか佐藤さん一般市民にはそれはさすがに調べられないよ、どこで食べてるかも知らんし、誰か調べてるのをネットで上げてないかな・・・

まあ、今回読んだ本「新・戦争論」は議員を選ぶ参考にはならないかもしれませんが、日本のこれからを考え世界の情勢も考えその上でこれからどうするべきかを考えれば、どの政党に入れたらいいかぐらいは考えられるのではないかと思いました。

まあ、私はまだ決められてないないですが・・・・

それにしても、佐藤優さんか池上彰さんかどちらかが立候補してくれたら迷わず投票出来るのにな~でも絶対に無いんやろうな~本当に残念です。


新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)
(2014/11/20)
池上 彰、佐藤 優 他

商品詳細を見る





スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/73-7d275857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。