本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・ベストセラー 上・下」 O・ゴールドスミス・作

季節はめっきり秋ですね!、秋と言えば「読書の秋」です。

私は、ほぼ一年中本を読んでいますが、なぜか秋になると“本が読みたい!”って思います。

特に本を読むペースが速くなる訳ではないのですが・・・なぜか毎年思います、常に本を読んでいるのにさらに読みたいと思うなんて、ちょっと自分で自分が怖いです。└(゜ロ゜;)┘

と言う訳で(?)今回紹介する本は本に関する小説です

「ザ・ベストセラー 上・下」 オリヴィア・ゴールドスミス・作 文春文庫から出版されて2000年2月に発売されたものです。

作者は女性でデビュー作「第一夫人同盟」は映画化もされたそうです。(今、調べたら2004年に54歳で亡くなられていました、ご冥福をお祈りいたします。)

上巻は462ページ、下巻は536ページと結構ボリューミーでしたが、秋に読むにはぴったりではないかと思います。

内容はニューヨークの出版業界が舞台でそこで起こる本に関する裏側がこれでもかと詰め込まれている小説です。

一応、フィクションですが、作家さんの実体験を基に書いてあるらしく、しかも有名な作家さんは実名でこの本に出ているので、かなりリアルな内容のようです。

アメリカの出版業界にはあまり詳しくないので日本とは少し違う世界で大変興味深い内容でした。

まあ、日本の出版業界の事もそんなに詳しくないですけど。(;一_一)

前回このブログでも紹介した「二流小説家」も小説家が主人公だったので、この本と合わせて読むと、アメリカの小説家の生態や出版業界の仕組みがより詳しく分かります。

私は、この本を読む前は出版業界が舞台の小説と言う事で、「プラダを着た悪魔」や「セックス・アンド・ザ・シティ」みたいな感じで、小説家の卵の主人公が出版業界で、出版業界の汚い裏側を垣間見たり色々な障害と戦い最後には出世していくコメディチックな話かと思っていました。

ところがこの小説は、書いた小説を出版社に送り続けるも断られ続けてついでにアルバイトも首になり絶望した小説家の卵が首を吊って自殺する所から始まりました。

暗! Σ(゜д゜υ)

その後も出てくる登場人物たちは、お金や地位があっても人間関係に恵まれてなかったり、見栄のためにお金が無くなって崖っぷちだったり、他人が書いた小説を自分が書いたと偽ったり、出世欲のために誰とでも寝る女が出てきたり。Σ(´□`;)

まさに閉塞感たっぷりで不幸な人か出世やお金や名誉の事しか考えてない人しか出てきません。

重い・・・(´・_・`)

しかも主要な登場人物が多く、視点がコロコロ変わるオムニバス形式で、登場人物の名前を覚えるのが大変でした。

視点が変わって数行読んでから、「・・・・・・えーっとこれ誰や?」と登場人物一覧表を見返す事が何度もありました。(笑)

それでも頑張って読むと、この小説は群像劇になっているので、関係が無いと思っていた登場人物達が章を進むごとに関わりが出てきてだんだん面白くなってきます。

それぞれの登場人物の人間関係や事情、意外な秘密も少しづつ明らかになっていくのでスリルもあります。

出版業界や作家業の仕組みやリアルなお金の流れ、大手書店と個人経営の書店の事情、作家たちの繁栄と凋落が書かれていて、本を作って売ると言う事は実にシビアで大変だと言う事が分かります。

本を作るのは本当に大変で、色んな人の汗と涙の結晶で出来ていて、特に作家は自分の身を削ってでも文章を書いているんだと言う事が分かり、これからは本を読むときはもっと一行一行大切に読もうと思いました。

しかし、我に返って思い出しました、実は私が読んでいたこの本は古本屋で一冊105円で買った本でした・・・・

古本屋で買った場合、作家さんには一円もお金が入らないんですよね・・・・(;一_一)

オリヴィア・ゴールドスミスさんすいません(@_@;)

まあ、そんなこんなで暗く息のつまるような始まりでしたが、そこはアメリカの小説です、最後は勧善懲悪的な結末で。

努力しつつも虐げられていた人は成功し、ズルして儲けようとしていた悪人はこてんぱんにやられて不幸になっていくといった結末で、最後は大団円で終わるので、これから読んでみようと思っている方は安心して読んでみて下さい。(*´ω`*)




ザ・ベストセラー〈上〉 (文春文庫)ザ・ベストセラー〈上〉 (文春文庫)
(2000/02)
オリヴィア ゴールドスミス

商品詳細を見る

ザ・ベストセラー〈下〉 (文春文庫)ザ・ベストセラー〈下〉 (文春文庫)
(2000/02)
オリヴィア ゴールドスミス

商品詳細を見る




















スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/57-d78870b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。