本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シモネッタの本能三昧イタリア紀行 田丸公美子・作

   「ほら、片っ端から審査員と寝れば、私だってミセス・ユニヴァースになれるじゃない!」


このセリフは今回紹介する本「シモネッタの本能三昧イタリア紀行」の作者、田丸公美子さんが言い放ったお言葉です。

作者が1976年イタリアのミラノにいたときのこと、ある広告代理店の社長(イタリア人)から、ミセス・ユニヴァースに出ないかと誘われます。

純日本人の作者は戸惑います、さすがにイタリア人の中で日本人が混ざっても、良い結果になるとも思えないからです。

しかし、もしかしたらという気持ちがあり友達のイタリア人に相談します。

友達(美人)は、絶対に無理だからやめておけと言います、身長160センチだし足もそんなに長くない、水着審査では絶対に勝てないだろうと言います。

さらに、「私も昔、美人コンテストみたいなものは出てみたことはあるけど、審査員はコンテストに出る美人と寝ることしか考えてない、誘いを断ったら選外だった、コンテストに選ばれたのはさえないブスだったよ」。

意訳はしていますが大体このようなことを言われ作者は、上記のセリフを言い放ったのです。

シモネッタとは、シモネッタ・ドッジからきていて、ロシア語通訳者の米原万里さん(この方もエッセイ本を書かれていて、とても面白いです)が下ネタばかり言う作者に対して付けたあだ名です。

今回紹介する「シモネッタの本能三昧イタリア紀行」はシモネッタとあだ名されるほど下ネタな話をよく知る作者が書くので、下ネタ満載の本です。

しかし、下ネタ満載だけどあまり下品ではなく、ユーモアがあり、どちらかというとイタリア人の恋愛観に関して大変勉強になる本になっています。

この作者はほかにも下ネタ名言は沢山あって。

今回紹介する本ではないのですが、息子さんの育児や教育のことを書いたエッセイ「シモネッタのドラゴン姥桜」では

ある日、息子さんの友達のお母さんから

「実はうちの息子が、学校で田丸君に巨乳ヌード写真を見せてもらったて申しまして・・・」

と言われ

「うちの子に限ってそんな‼︎彼は、大きすぎるおっぱいは嫌いだ。小ぶりな手のひらサイズがいいって、いつも言ってるんですのよ」

と返したそうです。

お母さんの言いたいことはたぶんそこちゃうで。

ほかにはさっき出てきたロシア語通訳者の米原万里さんの証言なのですが

「核兵器廃絶に関する会議前の通訳打ち合わせの最中だった。主催者から直前になって大量の文書を渡され、緊張と焦りで皆剣呑な顔をしている。そこへ場違いな水商売風の化粧と服装の女が現れて、

『イタリア語通訳の田丸です』

と名乗り、続いて素っ頓狂なことを口走った。

『ねえねえ、今度、念願の犬を飼うことになったの。訓練してバター犬にしようと思って・・・』」

と言ったらしいです、しかしこれに関しては田丸さんは断固訂正していて、実際は

『ねえねえ、私今度犬飼うことにしたの。やっと念願のペットのオーナーになったってわけよ。これでほんとの“オーナーペット”なんちゃって」

と言ったそうです。

・・・訂正するとこそこでいいん?

純粋で清らかななる乙女(笑)な私は、こんな下ネタは意味もわかりませんが・・・ええ、わからないったらわかりません‼︎

き~こ~え~な~い~!

以前このブログで「望遠ニッポン見聞録」ヤマザキマリ・作を紹介した時にも田丸公美子さんの本を紹介しました。その時は違う視点からイタリアを見れるので面白いと紹介しましたと思います。

その時紹介した本「シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ」も下ネタ満載でしたが、今回も満載!

作者の下ネタは尽きることがないのでしょうか?

作者の田丸公美子さんはイタリア語の通訳者です、知り合いはおのずと外交目的の要人や輸出入を主にした会社の社長とか幹部の人間になります。

だからなのか、田丸さんから見たイタリア人は大抵ダイナミックでぶっ飛んでいます。

人の上に立つ人間はおのずと性欲が強くなるのか、聞くだけでちょっと引くぐらいのエピソードがポンポン出てきます。

下ネタの内容はうら若き乙女(しつこい)な私にはとてもじゃないが恥ずかしくて書けないが、内容が気になる方は是非読んで欲しいと思います。

美しいイタリアも享楽的で廃頽的なイタリアも余すことなく紹介されていて、イタリアに行った様な気にさせてくれます。

面白かったのはヤマザキマリさんも田丸公美子さんも共通した意見としてあるのが、「ベルルスコーニは凄い」と言うことです。

私でも知っている元首相のあの政治家です、ニュースで見るかぎりでもかなり最低の政治家ではありました。

なぜ、イタリア人はどう見ても最低の政治家なのにベルルスコーニを支持し続けたのか。

この本を読めばその謎は解けるかもしれません。



シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
(2011/04/15)
田丸 公美子

商品詳細を見る







スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/43-9d5f9f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。