本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっぴんぱらりの風太郎 万城目学・作

腕がぷるぷるします。






おわかりいただけるでしょうか?

この厚み、4cm6mmあります、ハードカバーなので表紙と背表紙を抜いても4cmあります(;゜0゜)

全746ページ、1ページだいたい860文字入ります。

みっちり入っているわけではないし空白のページもあるのでだいたい半分としても、約320180文字あることになります。

もう一度いいます!手がぷるぷるします!

どれだけ重くて分厚いかというと


刑事「警部、ガイシャはこちらです。」

警部「・・・後頭部を一撃ってところか・・・」

刑事「ええ、おそらくこれが凶器でしょう、仏さんの近くに落ちてました」

警部「『とっぴんぱらりの風太郎』か・・・こいつなら一発だな・・・。おい!鑑識に回しておけ!」

刑事「はい!」

と、いぶし銀の警部さんが鈍器の認定をしてしまいそうになるぐらい重くて分厚いです。


重かった(;一_一)、持たずに置きながら読んだらいいんですが、ずっと同じ体勢だとそれはそれで疲れるし、寝転んで読んだら顔に落ちてきそうです、それこそ本を読んでいる場合ではなくなります、

そして、気が付くと本に集中してるので、いつの間にか手がぷるぷるしているのです、

すべてはこの本が面白いのが悪い。

そうです、今回の本も面白かったです。

「とっぴんぱらりの風太郎」は時代劇です(ミステリーではありません。)

でも、時代劇と言われると敷居が高そうと言われるかもしれませんが、どちらかというとこの本は少年漫画に近いです

ジャンプやサンデーなかで連載しててもおかしく無いかもしれません。

ただ、少年漫画で連載するには少し血なまぐさいシーンが多いです、お気を付け下さい(@_@;)

そんなこと気にしない、むしろアクションがいっぱいある方がいい!という方にはお勧め

登場人物の数もそんなに多くないですし(個人的な感覚です)セリフや文章も難しい言葉はあまり使われておらず、でもそれに違和感も感じさせずに読めます。

主人公は忍者の風太郎(ぷーたろう)、でもちょっとした失敗でお城から首にされ、ふてくされてだらだらしてるだけのニート忍者です。

名前のごとく風のようにふらふらしているぷー太郎です。

しかし、流れ流されてとんでもない事に巻き込まれいきます。

万城目学さんの本は全部読んでる、という方はこの本が、ある本とリンクしているのが分かるでしょう、それを読んでいると、もっと面白く感じるかもしれません。

かくゆう私も読んでいたので面白かったです、ただ読んだのがだいぶ前だったので気が付くまで少しかかってしまいました。それでも、読み終わった後は

あ、あれはあの複線になってるんやな~とか、あれはああいう意味やったんやな~など読み終わっても楽しめました。

ラストは圧巻の一言、読んだ後もずっと余韻に浸っていました、まさか、あんなラストが待っていようとは予想できませんでした、

今もまだ少し風太郎が残っています。

正直、風太郎はそんなにいい奴ではありません、どっちかというと怠け者で、人の失敗をだいぶ時間がたってもネチネチ責めます、どうせ俺なんか~といってすぐ諦めます、でもなんだかんだ言いながらも優しくてお人好しです、そんな主人公に最初はイライラしますが、だんだん好きになって行きます。

この本は風太郎という忍者の成長物語です、風太郎と一緒に成長したい人、腕を鍛えたいひとはお勧めです。




とっぴんぱらりの風太郎とっぴんぱらりの風太郎
(2013/09/28)
万城目 学

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/22-410528e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。