本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上

好きな本の絵をTシャツにかいてみよう!

ブログ引っ越しから初めてでいきなりマニアックなところから攻めていきたいと思います。

今回、描いたのは「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上」ですユウジョウ!!

この本は、ニンジャとタイトルにはありますがアメリカ人が書いた本です

もともとはインターネット上で公開していた小説で、話題になり書籍化したらしいです。

大まかなストーリはこんな感じ

舞台は未来の日本、サイバーネット化がいきわたりなぜか鎖国状態になっていて、いつも分厚い雲におおわれている、治安は悪く、首都はネオサイタマ、東京は滅びているらしい、ソウカイヤという巨大企業が日本を牛耳っており貧富の差もはげしい、主人公はニンジャスレイヤー、以前は普通のサラリーマンだったがある事件に巻き込まれ妻と息子を殺され自分も殺されそうになったところで謎のニンジャソウルに憑依されニンジャを殺すニンジャスレイヤーになった。

この小説は短編形式になっており時系列はばらばら、とりあえずニンジャスレイヤーがソウカイヤ所属のニンジャと闘う、といった感じ

雰囲気はアメコミ風でダークヒーロー物、バットマンやスパイダーマンとかと近いです、もれなくおっぱいの大きな美女も出てきます。

作者はよほど日本を好きでいてくれているのか、日本の文化や言葉をふんだんに使って小説に組み込んでおり、しかも日本人では絶対に思いつかない使い方をされていてすごく面白い。

たとえば、上にもかいたユウジョウ!という言葉この言葉は小説に何度か出てきたのだが、どうも仲間うちに声をかけあったり励ましあうときに使うらしくセリフの語尾によくついている。

まあ、舞台は未来の日本なのでこんな使い方をする可能性もある、現代でも激おこぷんぷん丸とかよく考えたらあほ丸出しの言葉が流行っているし無くもない。

しかし、それだけでは説明のつかない事も多々あり、日本人から見ると突っ込みどころ満載、笑いすぎてストーリーを追うので精一杯になるのだ。

なので、今回はそんな突っ込みどころを紹介しつつTシャツにニンジャスレイヤーを描いていきたいと思います。

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1
(2012/09/29)
ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 他

商品詳細を見る


Tシャツに絵を描く道具はこれ

写真 (5)

クラフトワークスKyotoのらくがキットです。

普通の絵の具のように描いて、乾かすだけで、オリジナルTシャツが作れます。

今回はここまで、次回はTシャツにどんどん描いていきたいとおもいます。(*^_^*)







スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/2-6de2e2e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。