本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夜行」 森見登美彦・作

第一五六回 直木賞ノミネートおめでとうございます。

ちょっと遅いですけど。

今回、直木賞は恩田陸さんが獲られました、おめでとうございます。

まあ、恩田さんは順当って感じでしたね。これまでも何回もノミネートされてるので遅かったくらいでしょう。

恩田さんの作品も面白いのでまた読みたい、最近読んでない。

今回読んだのは森見登美彦・作「夜行」です。

森見さんはだいたいコミカルな小説を書かれるんですが今回はホラー。

以前もホラーは書かれていたのでこれもこの流れなのかなと思ってました。

以前のホラー作品はだいぶ昔なのでいまいち覚えていないんですけど、そこまで怖かった印象はなかったんですよ、不思議でちょっと怖い感じでした。

しかし、今回は結構ちゃんとホラーしててびっくり。

っていうか本の表紙とあんまり合ってないくらい怖いシーンやグロいシーンがあった。

表紙はもうちょっと怖くしてもいいのではと思った。

それにしても、ちょっと前に読んだ「アミダサマ」に続きなぜ私は真冬にホラーを読んでしまったのだろう。

作中も夏だし、これも夏に読むのがオススメですね。

内容は連作短編形式になってます。

「鞍馬の火祭」に集まった男女が昔行方不明になった女性を思い出し、そこから関連した銅版画の記憶から、旅でであった不思議な話を一人一人話すといった流れです。

森見さんなので京都がメインででてきますが今回は別の地域の話も出てきます。

それぞれの短編のタイトルがその地域の名前でした。

タイトルは「尾道」「奥飛騨」「津軽」「天龍岬」「鞍馬」です。

個人的には「尾道」と「奥飛騨」が特に怖かった。

普通に語ってるけどこの後どうしたんだろうってすごく気になる。

作中に出てくる銅版画も想像だけでも怖い。

そしてやっぱり表紙のイラストと合ってなさすぎる。

ほんわかしてるから、中身ももっと不思議でちょっと怖いだけかなと思ったのに。

まあ、とはいえラストのラストはわりとほんわかというか明るさもあるハッピーエンドなので全く無くはないのですが。

さっきも言いましたがやっぱりこの小説は夏に読むのがオススメ。

冬が舞台の記憶短編もあるのですがやっぱり暑い夏にゾゾっとしながら読むのが正しい読み方な気がします。

ラストの話は特に、お祭りの夜のなんだか異界に繋がってそうな不穏な感じで夏に読みたかったなと思いました。

でも、こんな真冬に夏を感じられたのでそれはそれで良かったかなとも思いました。


夜行」 森見登美彦・作



スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/175-6d6fa8c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。