本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モラトリアムシアター produced by 腕貫探偵」 西澤保彦・作

大変です変態です。

ってぐらい変態が一杯出てきます、いや変態というより特殊性癖と言った方がいいかもしれません。

しかも人間関係がドロドロ、今年話題になったゲス不倫なんか目じゃ無いぐらいドロドロ。

登場人物が多くてややこしくて最初の方は読むのが辛かったです

しかし何が一番辛かったかというと主役というか語り手がマザコンで熟女好きというキワモノだったこと、正直キモイ。

その上自分の母親に真剣に性的興奮を覚えたとか言っててドン引き。

この小説はある私立女子校が舞台その教師と妻たちが繰り広げる愛憎劇に語り手の変態・・・いや新任教師の住吉ミツヲが巻き込まれていくといったお話。ミステリーです。

なんですけどさっき言った通り主役の特殊性癖が目立ちすぎて辛かった。主人公はしかも優柔不断で頼りなくって事件の重要なことを知っているようなのにすぐ記憶喪失になるししかもそんな変な状況なのにそのことに対しても疑問を持たないし。読んでてこんなにイライラしたのは久しぶりです。

この本を読もうと思ったのは腕貫探偵シリーズを以前読んでて好きだったのでそのシリーズの一冊だと思って買いました。しかし腕貫探偵があんまり出てこなくてちょっとしょんぼり。

まあ、このシリーズは安楽椅子物なので長編になったら出番が少ないのはしょうがないかもしれませんが、ちなみにその他の腕貫探偵シリーズは短編集で出ています。

そして私は読んだことがないんですが他の小説の登場人物も出ているようです。『必然という名の偶然』だそうです。

小説の内容に関して、色々イライラするとか書きましたが結論を言うととても面白かったです。

最初はゴチャゴチャしててわけがわからなかったんですが、最後で怒涛の展開。

どんな結末になるのか全く予想できなくて結果、本当に全く予想のつかない結末だった。

しかし、よくあんなこと思いつくなってくらいゴチャゴチャ混乱状態でわけがわからないものを最後には綺麗にまとめられていて凄いなと思いました。

色んな要素が重なり合っていていくつかあれはなんやったんやろうっていう伏線はあったものの。終わってみるとまあいっかと思うぐらい色々てんこ盛りでした。

主人公もなぜ記憶喪失になるのかとか重要なことをスルーしがちなのも最後に理由がわかってスッキリしました。

ただ変態でキモイ主人公がピチピチの女子高生とお付き合いできるという結末には納得いかない。
とはいえ読み終わってタイトルを読み直すとなるほどとなりました、だからモラトリアムなんだなと。

知りたい方は是非読んでみて下さい。

色々な感情に振り回される小説でしたが、これぞまさにエンターテイメントだ!なお話でした。

オススメです。

「モラトリアムシアター produced by 腕貫探偵」 西澤保彦・作



今年はこのブログはこれで終了です。来年も色々本を読んでいきたい、そしてシャツも描いていきたいと思います。なので来年もブログ読んでいただければ幸いです。

それでは良いお年を。












スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/172-285c08ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。