本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「働く男」 星野源・作

流行ってますね、ドラマ。

「逃げるは恥だが、役に立つ」面白いですね~毎週楽しく観ています。おかげさまでうっかり原作の漫画も買ってしまいました。

そして、星野源ですよ!

以前このブログで星野源の「蘇る変態」を紹介したことがありました。→ブログ「蘇る変態」星野源・作

あの時は、星野源なんかムカつくと書きました、歌も歌えて演技も出来て文章も上手いなんてズルイわ!!

って憤ってたんですが、今回も言わせて下さい。

ガッキーとキスって羨ましすぎるやろー!!!

まあ、私は女なので別にガッキーとキスしたいわけでは無いですが・・・・

あんな美人と一緒にお仕事してなおかつお金も貰える。

しかも、自分の曲とタイアップもしてるからその分の印税も入るわけで、う、羨ましすぎる。

自販機でジュース買おうとして100円玉を溝かなんかに落とせ!そしてそれが最後の100円玉でもうジュース買えなくなってしまえばいい!

でも、ネットでもガッキーとのキスシーンの後はネットで星野源この野郎!!て炎上してたし。「なぜ星野源はイケメンじゃ無いのに人気があるのか?」とか「星野源を好きになるのはなんか負けた気がする」みたいなネット記事が出てて。みんな結構同じようなことが思ってたんやなと思って面白かった。

今回読んだ本は星野源の「働く男」

タイトルはユニコーンの「働く男」から取ったそうです。

内容は今まで星野源が色々な雑誌で出した映画のコラムや小説、あとインデーディーズで出した曲の解説と対談などが収録されています。

今まで出した曲のエピソードやその当時どんな事を思っていたかとかが書かれていて星野源の曲が好きだという人にもお勧めです。

ただ私は曲は聴いた事はあるのですが、タイトルとか全く覚えてないのでよくわからなかった・・・(´∀`*;)ゞ

対談は今をときめく芥川賞作家のピース又吉さん。ハマオカモトのコメントなんかも載ってます。読みどころが沢山あってなおかついろんな視点から見られます。

この本が出たのは脳動脈瘤破裂で倒れた後ですが、中身の文章を書かれたのはそれ以前のものだそうです。

内容を読んでると本当に色々挑戦してて純粋にすごいなと、しかもそれが器用貧乏にならずに成立してるのがまた凄い。

上にも書いてありますがこの本には小説も収録されています、本当に短い短編なのですがこれが結構面白かったです、タイトルは「急須」なんでもない夫婦の日常を書いた物語で、大した事件も起きない内容なんですが、なんだか素朴ででも味わいがあってそれでいて絶妙な笑いも入っていて。

ああ、なんかこんな感じの短編が何本も入った本がもっと読みたいな~って思ってしまいました・・・・
・・・・なんか悔しい!!

映画のコラムも読んで何本か観てみたいと思ってしまったし。

何もかも星野源の思う壺です。

ハンバーガー食べようとして中身全部反対から出ろ!そして直そうとして手がベタベタになってしまえばいい!!

とは言え本人は謙遜してますがきっと感性が豊かで頭もいいのではないかと思います。

本書を読めば努力の跡も見えます。並大抵の努力ではないと思います。病気になって倒れるまで仕事してしまうという実績もあるのですから。

この本を読んで思ったのは、努力を重ねることこそが才能の一つなんだろうなと言うことです。

そんな星野源の才能と努力が見れる本。

おすすめです。


「働く男」 星野源・作







スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/168-0bc80747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。