本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle (キンドル)

電子書籍ゲットだぜ!!(古い!)

という事でついに!!買ってしまいました!!電子書籍!!

本好きにとっては避けては通れない道、それは電子書籍です。

電子書籍というものが出来てから数年、この問題は本好きの間では数々議論されてきました。

利点もあれば欠点もある。

電子書籍が多くなると紙の本が売れなくなって本屋という本好きにとって聖地が無くなるのではと心配する声があったり、でも部屋を圧迫している本棚を減らせると喜ぶ声もある。

まあ、色々ありますが結局その人の判断で決めることなのでいいのですが。

私もこの電子書籍の問題は常々心に留めて自問自答しておりました。

電子書籍が出始めた頃はネズミ講をすすめてきた友達を見るような目で見ておりましたが(笑)、タイトルがどんどん増えてきて電子書籍を見る媒体も増え機能もアップしている昨今、もう避けては通れないとついに私も買ってしまいました!!

タイトルにもあるように買ったのはAmazonで売っているAmazon専用の電子書籍端末Kindleです。

やっぱりAmazonさんには日々お世話になっているし何よりタイトルが多い(正確に他の電子書籍と比べたわけではないのでわかりませんが)ことと、Kindleでしか読めない作品があったのでとりあえず買うならKindleだろうと思っていたのでこれにしました。

2年近く悩んでいたので感無量です(笑)

そして使ってみた感想としては。

軽い。

よく言われている事ではありますが。持った感じ本当に軽い。

今回、カバーも一緒に買ったのですがそれを合わせて持ってみても少し分厚い文庫本くらいです、カバーがなかったら平均的な文庫本くらいでしょうか?たまに鈍器のような本を読む私にとっては嬉しいところです。

ちなみに私が買ったのはKindleのKindle voyageという端末です。

ただ実際に何冊か読んで思ったのですが、読んだ後なんとなく読んだ実感みたいなものが電子書籍だと感じられない気がするんですよね( ? _ ? )お腹一杯食べたと思ったら夢だったみたいな?あと映画を映画館で見たのと家でDVDで見たのと違いの感覚とも似てます、映画館だと帰り道とかに余韻に浸れるんですけど家だとDVDをケースに戻したりテレビに切り替えたりするのですぐに現実に戻るのでなんか情緒が無い、そんな感じです。

まあ、慣れたらそうでもないのかもしれないですけど読み終わった後のあの紙の重みがないのはなんとなく違和感があります。

しかし、それでも嬉しいのは目が疲れないところです。

すでにスマホやネットでは無料の小説は何冊も読んでいるんですが、これの欠点はやはり目が疲れるところです。

前に一日中スマホで小説を読んだ事があるんですがその時は目の乾燥と痛みが酷かった( ;´Д`)ゲームも好きな私としてはできるだけ目には負担のないものがいいのでこれは良かったです。

あとすごいなと思ったのは購入がとても簡単で楽なところ、2回くらいボタンを押したらすぐに手に入るのです。

最初は本当にこれで買えたのか疑ったぐらいです。

これは嬉しい。

ただ、心配なのは買い過ぎてしまわないかどうかですね、たまに変なテンションになって本をドカ買いする事がある私にとっては心配なところです(笑)しかも紙の本でまだ読んでない積読してる本がまだ一杯あるのでこれはかなり気をつけないといけません( ;´Д`)

一応調べてみたら、制限できる機能もあるようなのでそれも活用しつつ自分なりにルールを作って対応していくしかないなと思いました。

あとは、これもよく言われている事ですが文字の大きさや縦読み横読みが選択できるところがいいですね。

たまにぼったくりかと思うぐらいでかい文字で行間の大きい余白の多すぎる本があってなんだか損した気分になるんです、まあ新聞の文字も大きくなる時代なのでしょうがないのかもしれませんが、電子書籍だと好きに選べるので文字を小さくする事でページをめくる回数も減らせます。

それに目が悪くなった時もこれで文字を大きくできるので安心です。

でも装丁の良さみたいなものは電子書籍だとあまり見られないのでそれは残念。Kindleは基本白黒なので一応表紙も見れるのですが味気ない感じです。

たまに凝った本だと紙の手触りやしおりに付いている紐にも凝ってたりしますし、書体や文字の大きさにこだわってその作品の雰囲気を表現しているものもあるので、そういうものが電子書籍だと表現出来ないのでそこらへんは情緒がないなと思います。

あと、電子書籍を実際に読んでみて気が付いたのですが、読んでいてどこまで読めたのか咄嗟にわからない事が欠点ですね。

もちろんそれを知る機能は付いているんですが、読むのを止めてわざわざ違うところに目をやって見ないとわからないんです、でも紙の本だと手の感覚でわかるので読むのを止めなくていいんです。

ただこれはこれで欠点があって、経験則からあとこれくらいで終わるなら今この展開だと終わりはこうなるな、ってな感じてストーリーが読めてしまう事がある事です。

特によく読む作家さんだと、あれ?このまま行くと完結せえへん!ぎゃ〜((((;゚Д゚)))))))とか、あ〜これは犯人はあいつやな・・・_| ̄|○みたいな事があるので、あとどれぐらいで終わるのかわからないのはそれはそれで利点だったりします(笑)

あとは、何冊も持ち運べるところはいいですね、今小説読む気分じゃないなと思ってもすぐに漫画に切り替えられますし、ネットが通じない所でも読めるのがいい(ダウンロードはできませんが)。

スマホだとそれが不便だったので嬉しい。

スマホと言えばスマホで小説を読んでいるとちょいちょい通知が入って来るのでいまいち集中出来なかったのが欠点だったのですが端末で読むとそれが全くないのが嬉しい。いい感じに集中して読めます。

ただこれはスマホと比べてなのですがタッチパネルの反応が遅い。

スマホに慣れてるとかなり鈍く感じます、これも慣れだとは思いますが。たまにイラッとすることがあります。

あと不満と言うほどではないのですが、パラ見が気軽にできなくなった事がなんだか残念です。

紙の本だと軽く手にとってパラパラめくって好きなところだけ拾い読みしたり、もう一度確認したいところが簡単に探せたんですが電子書籍だとわかりにくいんですよね。

しおりの機能もあるし機能を上手く使えば解消されるのかもしれなんですがなんとなくわかりにくい。

それでも嬉しいところは紙の本より価格が少し安くなったところ、本にもよるんですが版権が切れたものなんかは無料で読めるのが嬉しい。

最近江戸川乱歩の小説の版権が切れたことで話題にもなってましたが。この機会に過去の名作を読み直すのもいいですね(*^_^*)

実は私は本好きにもかかわらず今まで江戸川乱歩を読んだ事がなかったのでこの機会に江戸川乱歩を読んでみようと思っています。

このブログで江戸川乱歩の感想を書いたら電子書籍で無料で読んだんやなって思って下さい(笑)

まあ、色々書きましたが全体として電子書籍は買って良かったと言うのが感想です。まだ買って1週間も経ってないのでこれから機能を研究して慣れていきたいと思います。多分隠れた便利機能がまだあるはず。

だからと言ってこれから読む本は全て電子書籍になるわけではないのですがε-(´∀`; )

なんせ積読してる紙の本が山のようにあるので(笑)それを消化しつつ図書館も利用しつつ古本屋をめぐり・・・ってどんだけ本読むねん!!ヽ(#゜Д゜)ノ┌┛Σ(ノ´Д`)ノ 


・・・なんかもっとやらなきゃならない事がある気がする・・・・( ;´Д`)


・・・いや!・・・気のせいだ!!(・`ω・´) キリ!



・・・・

うん・・・まあ・・・こんな私ですがこれからもよろしくお願いします。

電子書籍お勧めです。♪( ´θ`)ノ











スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/158-31819023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。