本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さよなら妖精」 米澤穂信・作

今回紹介する本は「さよなら妖精」はこの間読んだ「王のサーカス」のシリーズの一番初めの小説です。

シリーズと言いましたが「王のサーカス」は「さよなら妖精」のスピンオフなのでシリーズと言っていいのかわかりませんが。

王のサーカス」は今回紹介する「さよなら妖精」に出てきた登場人物の一人を主役にした小説なんです。「さよなら妖精」では脇役なのですが探偵役のような立場だったので「王のサーカス」で主役になるのは順当とも言えるかもしれません、それからこれの他にもこのシリーズは「真実の10メートル手前」という本も出ていてとても面白いのでお勧めです。

今回紹介する「さよなら妖精」はミステリです。

ストーリーはあらすじによるとーーー1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやってきた少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。そして彼女が帰国した後、おれたちの最大の謎解きが始まる。謎を解く鍵は記憶のなかにーーー。忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。

と書かれています、一応長編なのですが全編に大きくある一つの大きな謎を解く流れがあって、そして短編のように小さなミステリも散りばめられていてあまり飽きずに読むことが出来ます。

以前「王のサーカス」を読んだ時のブログでも書いたような気がするのですが「さよなら妖精」は何年も前に一度読んでいます。かなり前で何年前だったのか忘れたのですが正直、その時読んだ感想は「よく分からなかった・・・」でした。

大分前なので内容もほとんど忘れていたのですが、当時の私の印象はストーリーは分かったし謎解きも理解出来たけど、この小説は何を言いたいのか分からん、というのが私の感想でした。

特に他の米澤さんの小説はどれも面白くて好きだったのでこの小説だけ浮いたみたいに理解出来なかった事を覚えていました。

内容の謎よりそっちの謎を覚えてるって本読みとしてはどうかと思いますが、時間がたった今、読み直してみて良かったです。

面白かった!

改めて読んでみて過去に読んだ時の私の目の節穴っぷりをまざまざと実感することが出来ました。

あの時私は何もわかってなかったんやなと、むしろなんでわからんかったんかわかりませんが。でも今読んで理解出来たという事は以前より多少なりとも成長している事がわかって嬉しいです。

最近たまに昔読んだ本を読む事があるのですが、よく言われている事だとは思いますがーー以前気がつかなかったのに改めて了読していた本を読むと気付けたり新しい発見があったりして新鮮な気持ちで読めます。

でも逆になんでこんなしょうもない本を面白く読めててたんやろ?と思う事もあるのですが(笑)

それでもそれはそれで新たな発見ではあるし、ちょっとずつでも変化していってるのがわかるのは面白いです。

これからもちょくちょく昔読んだ本を読み返してみたいなと思いました。

話が逸れましたが、この小説は面白いです、正直そんなに派手ではありません、数年前に読んだ時も他の米澤作品と比べていたせいで特に地味でよくわからないと思っていたんだと思います。

でもそんな事なかったです他の小説と同じぐらい面白かったです。

昔、ある人に本はどのジャンルが好きなのかを聞かれてミステリだと答えた時。その人はミステリはあまりお好きではないと言われました。何故かと聞いたら、人が死ぬからあまり好きではないと言っていました。

私はその人にじゃあどんなジャンルを読まれるんですか?って聞いたらその人は戦争物を読むって言ってました。私はそれも人死ぬやん!って思ったのですが(笑)その人にとっては明確な違いがあるみたいでした。

その当時、私はそれが何かわからなかったんですが、色々考えてみて思ったのはミステリは人の死を軽く扱いすぎるからではないかと思っています。

まあもちろんミステリには色々あるので全てのミステリが人の死について軽く書いているわけではないでしょうが、どうしても殺した経緯とかトリックを解明する事が主題になります。

ミステリに人の死を軽く扱っている意識はないんだとは思いますし、需要があるからこそ書かれているんだと思います。

でも死をある意味エンターテイメントとして扱っているのも事実だとは思います。不謹慎ではありますがでも読んでしまうんですよね(⌒-⌒; )

だから苦手という人の意見はわかりますがそれでも今後も読む事は止められないだろうとも思います。

でもミステリのジャンルの中では人が死なないミステリもあるんです、日常の謎物がそうです。

今回紹介した本もこのジャンルです人が死ぬ描写はありません。

今ならその人にその小説を勧められるのになと少し残念です。

この小説はむしろ死について慎重で、読めば深く考えさせられました。

地味ですが静かにでも心に訴えかけるような内容で、読み終わった後も心に残る素晴らしい小説がでした。

世界ではテロだとかで人がどんどん亡くなっています、人の死に慣れてしまっているような気がします、この本を読んで改めて人の死について考えてみてはいかがでしょうか。

お勧めです。





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/150-f9a2fe7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。