本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アンドロイドは電気羊の夢を見るのか?」 フィリップ・K・ディック・作 浅倉久志・訳

今回紹介する本はフィリップ・K・ディックです。

フィリップ・K・ディックといえば映画の原作者として名前を聞いた事がある人も多いかもしれません。

「トータル・リコール」 「マイノリティ・リポート」「-NEXT-ネクスト」とか色々たくさん映画化されています、そしてこの小説が映画になったといえば「ブレードランナー」。

ブレードランナー」はまさにフィリップ・K・ディックが有名になったきっかけの映画とも言えます。

これから フィリップ・K・ディック原作の映画が多くなりました、そういえば映画化といえばその事で少し文句があるんですさっき名前を出した「-NEXT-ネクスト」という映画なのですが。

この映画はニコラス・ケイジが主役で主人公は2分先の未来がみえるという超能力があるという設定で、その力でテロの捜査に協力する事になり果たしてテロは阻止できるのか。というストーリーの映画です。

この映画私も見ていて、原作は「ゴールデン・マン」という小説なのですが、私はその本も読んでたんです。

しかし!正直、原作と映画は全然ストーリーが違うんです。

同じところは数分後の未来が見えるっていうところだけで、他は人物設定も時代背景も全然!違うんです!

そんな微妙な共通点でフィリップ・K・ディック原作っていうのはちょっと納得がいかないというか、なんかフィリップ・K・ディックの名前で集客に繋げようとした感じがすごくします。(*`へ´*)

そんなことせんでも小説も映画も面白かったんですけどね~映画はラストが賛否あったんですけど私は結構好きだったし〜別にいいんですけどね、なんかね~。(;´д`)

すいません、話がずれました。それだけフィリップ・K・ディックは有名ということです。

実は、今回紹介する小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るのか?」を読むのは今回が二回目なんです。

しかし、本当の事言うと前回読んだ時は正直あんまり内容が理解出来なかったんです、かなり昔なんで内容はほとんど忘れてたんですが、残っている印象はといあえず意味がよくわからないっていう感じというか、結構宙ぶらりんな感じだったんです。でも取りあえずわかったふりして面白かったって言ってました(´∀`*;)ゞ

という事で今回もう一度読んでみようと思ったんです。

ストーリーは、核戦争後に荒廃した世界で脱走したアンドロイド(奴隷)を狩る仕事をしている主人公リックが賞金のかけられた最新型のアンドロイド8人を捕まえるために命をかけた戦いを始める。と言った感じ。

今回改めて読んでみて思ったのは凄い!って事です。

なんていうか面白かったんです、昔読んだ時はわからなかった面白さが今回読んで改めてわかりました。

内容は上手く説明出来ません、なんとも一言では表現出来ないし色んなテーマが含まれているからです。

まあ、昔の私が読んでもわからなかったのはわかるかなという感じの内容ではあります。

ストーリーというか結末は何かハッキリとしたオチというかわかりやすい結論が出るわけではないというのもあります。

読む人によって読んだ印象も変わるのではないかなという感じです。

私が特に面白いと思ったのは世界観です、映画では日本の東京をモデルにして作ったそうでそれから日本に観光が増えたんだとか。

それから主人公は結構性格が悪いというか卑屈な感じなんですが、それでも試行錯誤し苦悩し自分が本当に正しいのかという迷いを抱え悩みながらアンドロイド達を殺していくのですが、先がどうなるのかわからないハラハラで楽しみながら読むことができました。

それに現代に通じる物もありました。

この小説の中では技術の発達したアンドロイドが反乱を起こし人間を殺して逃げるという描写があります、警察はそれを捕まえようとするのですが、人間にそっくりに作られたアンドロイドは人間社会に紛れ込むとわからなくなってしまうのです。

普通に考えたらそれぐらいすぐに見分けられるようにしとけよ、って話なんですが作っている会社にとっては人間に近ければ近いほど客のニーズに合っていて良いのです。そこらへんの攻防というかジレンマも書かれていてなんかこの間アップルが犯罪者のiPhoneの中身を開けるのをプライバシー観点からFBIの要求を拒否したというニュースを思い出しました。これも客のニーズと政府のジレンマが凄くよく似てるなと思って、今現代もずいぶんSFな世界になっているなと思いました。

10年前の人間にとっては今はだいぶSFチックな世界になってるしそのうち本当にこの本に書かれていることが現実になるんではないかなとおもってしまいました、ちょっと怖い。

まあ、取りあえず今度は映画でも見てみようかなと思います。

映画は昔、一度だけ見た事があるのですがよく覚えてないんですよね、なんか美人のアンドロイドが出てくるみたいな印象しかないので、また見返してみようかと思いました。








スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/145-dc21660b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。