本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「名探偵登場!」 筒井康隆 町田康 津村記久子 木内昇 藤野可織 片岡義男 青木淳吾 海猫沢めろん 辻真先 谷崎由依 稲葉真弓 長野まゆみ 松浦寿輝 ・作

「名探偵登場!」というタイトルの本ですが、ミステリーではありません。

作者達の名前を見てもらえたらわかると思いますがいつもミステリーなどエンターテイメントは書かない方々ばかりです。

とはいえ正直あんまり有名な方は多くありませんよね、知らない人も多いと思います。

私も本を読んだ事がある方は筒井康隆 海猫沢めろん 長野まゆみさんぐらいで他はかろうじて名前を知っているのが町田康 津村記久子 青木淳吾 辻真先さんでしょうか、後は申し訳ないですが知りませんでした。(長野まゆみさんにいたっては読んでる途中で読んだことがある作家さんであることを思い出した)

この本はアンソロジー形式で探偵が出てくるという条件で書かれた短編で構成された本です。

しかもミステリーとはかけ離れたジャンルを書く方ばかりを集めた本です。

私は基本的にはジャンルにこだわらず本を読む派ですが、あえて何のジャンルが一番好きかと言われるとミステリーが一番好きで読む冊数も一番多いのではないかと思います。

特に探偵物というのはミステリーの花形です。

なので全く違うジャンルにいる方々が探偵の事について一体何書いてどんなストーリーを書くのか楽しみでした。

ちなみに私が一番好きな探偵はアガサ・クリスティの「ミス・マープル」シリーズです、しかしここが難しいところで、私は好きという割にはそんなにこのシリーズは読めてないのです。

他に好きというと「刑事コロンボ」なのですが、しかしこれもよく考えたらテレビで再放送でやっていたのがほとんどで小説は二冊ぐらい(たぶん)しか読んでません。そう思うと小説で読んだのは一番多いとなると多分、西尾維新の戯言シリーズです。ただこれは途中からあんまりミステリーというよりアクションものになってしまったのであまり探偵物とは言えない、それ以外となると東野圭吾のガリレオシリーズかな・・・あ、パーネル・ホールの「控えめ探偵ヘイスティングズ」シリーズが結構多いのを今、思い出しました・・・これ途中で止まってるけどもうこのシリーズ出ないのかな。

そんな感じで、うーんと考えて振り返ってみると私は意外にも探偵物はあんまり読んでなかったみたいです。

多分飽きっぽいのでシリーズ物は途中で飽きるんやと思います。(笑)

こういう事を改めて考えてみると意外な自分の癖が見えてきますね。

そして、この本に出てくる探偵は色々自由です、実際に書かれた小説の登場人物を出してもしいし作家が作った探偵でもいい、ちなみに今回書かれた小説の中に出てきた探偵は帆村壮六 半七 フェリシティ 明智小五郎 鬼平 三毛猫ホームズ 金田一耕助 あと私はが好きな、ミス・マープル などです。

いやー面白かったです、でもよくミステリーを読む人間にとってはかなり戸惑うかもしれません。

なんせミステリーの定石みたいなものが一切ないのです!

ミステリーの定石といえば事件が起こって解決出来ない謎が出てくるそこへ探偵が登場!探偵は事件を調べ、最後事件関係者を集めて”さて”と言うのです。

しかし「名探偵登場!」は一味違います、何話かは事件が起こったとしてもちゃんと解決されないし、何話かは探偵役か助手役が犯人です、そもそも事件が起こる前に話が終わったり、ひどい時は探偵すら出てきません。

まあエンターテイメントの王道であるミステリーを、それとは違うジャンルの文学って感じの小説家が書いたのですから当然かもしれませんが、文学表現に慣れてないと面喰らうかもしれません。
絵画で言うとモネの絵とピカソの絵くらいに違います。

ちなみにモネの絵がエンターテイメントです。

まさに今回読んだ本は抽象的とか前衛的という言葉が似合います。

もし、ミステリー好きの方で。文学的な小説も読んでみたいでもよくわからないという人にはこの本がお勧めです。

探偵というお題でエンターテイメントとして書くとミステリー小説になって、火曜サスペンスみたいに事件が起こって犯人を捕まえるという話になって。文学的に書くと今回紹介した「名探偵登場!」になるのです。

比べる事によって文学的な小説をどう読めばいいかわかると思います。

まあ、そうでなくても1話1話は短い話しなので読みやすいと思います。

正直色々読んできて文学的な小説は好き嫌いがハッキリ出る傾向にある気がするので(私だけかもしれませんが)よくわからなかったら飛ばして読んでもいいと思います。

その中で気になった小説家さんは他の小説を探して読んでもいいですし。事実私も気になる作家さんの他の小説も読んでみようと思っています。

それによってこれを読むことによってどんな小説家が面白いのかそして好きなのかが図れ、小説の読む幅も広がるのではないかと思います。

お勧めです。




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/144-6df709ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。