本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「掏摸」 中村文則・作

中村文則さんの小説は今作で読むのは二冊目です、このブログでも書きましたが前回は「教団X」という本を読みました。

小説を選ぶ時、私が基準にするのはその本が面白そうかですが、やっぱり過去に読んで面白かった作者さんで選ぶことが多いです。

そしてだいたい3冊くらい読んで作者の作品の傾向や読み方が分かってきます。

さっきも言いましたが中村文則さんの作品は二冊目です、なのでどう読んでいいのかまだ何となくしかわかりません。

まあ三冊読んだからといって全てわかるわけではありませんが・・・

なんかこう書くと難しい話でよくわからなかったように聞こえるかもしれませんがそんなことはなかったです、ストーリーもわかりやすいし難しい言葉を使っているわけではありません。

しかし「教団X」もそうでしたが、この本をどんな本かということは一言では中々言えません。

まあ、一言で言えたら小説にする必要はないですからこれはこれで本としては正しいのかもしれません。

今回読んだ本は中村文則・作「掏摸」です。

前から気にはなっていたので、やっと読めたなといった感じです。

あらすじ

東京を仕事場にする天才スリ師。ある日、彼は「最悪」の男と再会する。男の名は木崎ーーーかつて仕事をともにした闇社会に生きる男。木崎は彼に、こう囁いた。「これから三つの仕事をこなせ。失敗すれば、お前を殺す。逃げればあの女と子供を殺す」運命とは何か、他人の人生を支配するとはどういうことなのか。そして、社会から外れた人々の切なる祈りとは・・・。

これは、文庫版のあらすじに書かれていたことをそのまま載せました。

実際に読んでみて思った事はあらすじと違う、ということです。

いや、あらすじは間違ったことを書いているわけではないのです、ただ何となくあらすじからうけた印象と違うなと思ったのです。

まあ、そういうことはよくあります。

でもそれはこの本がそれだけ読み手によってどういった内容であるかが変わる小説なんだと思います。

特にこの本はストーリーはしっかりありますがテーマは何かと言われると一言では言えないし。さっきも言ったように人によって変わると思います。

この本はそれだけ色々考えさせますし色んな要素があるんだと思います。

陳腐な言い方ですがこの本は187pしかない本なんですがとても深いなとおもいました。

前回読んだやたら長い小説「罪と罰」とはまた違った感じで面白かった。

罪と罰」は状況の描写や心理状況の描写がとてもリアルに事細かに表現されていました、でも逆に「掏摸」はとても言葉が少ないのです、もう行間で読めって感じです。

想像させることによって小説の訴えるということが効果的に表現されていると思いました。

これはどちらがいいという話では無いのですが、比べてみると面白いなと。

そういえば驚いたのですが、この小説の中に「罪と罰」が出てきたんです。

謎の男、木崎がたとえ話として名前を出すのですが、それがこういった言葉です。

”「罪と罰」という話を知ってるか?・・・知るわけないな。あのラスコーリニコフには、度胸がなかった”

思わずおお!と言ってしまいました、ついこの間読んでた名前が次に読んだ本にも出てくるなんて中々無いことです。

それに「罪と罰」を読んだところだったのでこの言葉の意味が凄くよくわかって嬉しかったです。
これは「罪と罰」を読んでいなかったらその意味がわからなかったですし、あの長い小説を読んだ甲斐があったなぁと思いました。

まあ読んでなくても意味はわかりますが、でも知っているとちょっとニヤッとできてお得な気分です。

ストーリーもテーマも全然違う話なのにこんな風に繋がるとついつい共通点を探してしまいました、でも共通点って犯罪を扱っているぐらいなんですよね。

表現の方法も方向性も全然違うんです主人公の性格も面白いくらい違う(笑)、犯罪という共通点があってもこれだけ伝えることに違いが出せるのは面白いなあと思いました。

「罪と罰」と「掏摸」是非読み比べて下さい。

そういえば、この本は姉妹編として「王国」という本が出ているそうです。

これを読んだら中村文則さんの本は三冊になります、いつになるかわかりませんがその時はもうちょっと読み方がわかるといいのですが。






スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/142-06bb8235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。