本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「『罪と罰』を読まない」 岸本佐知子・三浦しをん・吉田篤弘・吉田浩美・作

私は本を読むのが好きで、これまで沢山の本を読んできました。

とはいえ読んだことのない本も沢山あります、ドストエフスキーの「罪と罰」もその一つです。

世界的に有名でよく知られた小説ではありますが、同じくらい読んだことはないという人が多いのではないでしょうか。

私もご多聞にもれずタイトルや作者名は知ってるけど読んだことのない本であります。

それはよく本を読んでいる作家さんの世界でもあるようで、今回紹介する本はそんなドストエフスキーの「罪と罰」を読んだことのない作家が集まって持ち寄った知識で「罪と罰」がどんな話なのか推理してみようという本です。

岸本佐知子三浦しをんさんは特に大好きな作家さんなのでその二人がでているっていうだけでもうこの本は面白いと決まったようなものです。

ちなみに三浦しをんさんは映画にもなった「まほろ駅前多田便利軒」とか「舟を編む」の原作者。そして岸本佐知子さんは英語の翻訳家、たまに出されるエッセイがとても面白くて私はそれでファンになりました。翻訳された本も面白いです。

他の2人に関しては・・・失礼ながら寡聞に存じ上げない方でして・・・・

調べてみたらどうやらご夫婦のようです。

ウィキペディアによると。

吉田 篤弘(よしだ あつひろ、1962年 - )は、東京都出身の作家。吉田篤弘名義による作品の発表とは別に、妻である吉田浩美と共にクラフト・エヴィング商會名義による著作の発表と装幀を中心としたデザイン・ワークも行っている。

とのことです。

なるほどと思って本をあけて装幀のページを見たらお2人の名前が、今回はデザインもされているようです。

本の帯には

“「読む」とはどういうことか。何をもって、「読んだ」と言えるのか。 もし「読んだ」と「読んでない」に大差がないなら、読まずに読書会をひらくことが出来るのではないか。 ドストエフスキーの「罪と罰」を読んだことのない四人が果敢かつ無謀に挑んだ「読まない」読書会。

と書かれています。

深いようなそうでもないような(笑)

でも今までにない試みでどんなことになっているのか凄く気になりました。

本によるとある宴席で「罪と罰」を読んだことがあるかという話からこの読書会をしようという話に発展したそうです。

詳しく言うと、まず下準備として最初1ページと最後の1ページを翻訳家の岸本さんが英語訳された文章を読んでから集まり、自分達が知っていることのみで「罪と罰」という話がどんな話なのかを推理していこうというルールで進められます。

面白い!

特に岸本佐知子三浦しをんさんの掛け合いが面白いです、かなりフランクな推理で3ページ目くらいでドストエフスキーの事をドストって呼んだり主人公が引きこもりのニートで最悪だと毒づいてみたり登場人物の名前の長くてややこしいということで変なニックネームを付けてみたりとやりたい放題。

かなり笑わせてもらいました。

そして「罪と罰」の内容がどんどん気になってきます。

私も読んだことがなかったので、4人の推理を読んでかなり想像が膨らみました。

ちなみに私が知っていた「罪と罰」の情報といえば、青年が主人公、その青年が悪い金貸しの婆さんを殺すがついでに居合わせた娘も殺してしまい、苦悩するみたいな話というくらいです。ぼやっとしてます。

主人公の名前も知りませんでした。

本では、一応追加ルールとして、途中から登場人物表を見たり、どの章の何ページといった具合に指定して1ページだけ拾って読んだり、ヒントを増やしていっています。

ちょっとづつ小出しにされるヒントをもとにあれやこれやとストーリーが推理されるのですが、なんせ「罪と罰」は分厚い文庫で上下巻、合計1166ページあるぐらい長いですから色々登場人物が多いのでかなり混乱してきます。

しかもかなり途中で副主人公なるものまで現れて推理は更に混乱していきます。

とりあえずこの本を読んでわかったのは主人公の名前はラスコーリニコフ。人を殺しておきながらあまり反省もしていなく、しかもニートで引きこもりで借金もある最低の奴という結論になりました。

他にも恋人らしき人物がいるらしいとかモテモテの妹もいるらしいとか、主人公には友達が1人しかいないとか。

こうなってくると本格的に「罪と罰」を読みたくなってきました。

本でも、3分の2くらいが推理で、その後実際に4人とも「罪と罰」を読んで読書会を行うという構成になっています。

ということで、私も実際に「罪と罰」を読んでから、「罪と罰」を読み終わった読書会の章を読もうと思います。\(^o^)/

なので来週のブログはドストエフスキーの「罪と罰」の感想です。

なんか意識高い系のブログっぽくていいですね(*´ω`)┛次回はよくわからん横文字を使い出すかもしれません、イノベーションがソリューションするとか(笑)

しかし、結構長い本なので一週間で読める気がしないですが・・・

来週ブログの更新がなかったら、あ、こいつ最後まで読めへんかったんやなプークスクス、と思って下さい(笑)





スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/139-232da52b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。