本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「火星の人」 アンディ・ウィアー・作 小野田和子・訳

映画観ました!

映画というのはマッド・デイモン主演の「オデッセイ」のことです。

この小説の「火星の人」は「オデッセイ」の原作になった本です。

いやー映画面白かったですよ。2時間24分もあったのにずっと飽きずにハラハラドキドキしてあっという間に終わってしまいました、機会があればもう一度くらい見たいです。

最近の映像の進化は凄いですね。

前評判では「インターステラー」とか「ゼロ・グラビティ」に似てるんじゃないかといわれていたようですが・・・・そんな事ない!・・・そうです・・・・。

いや、私はどっちの映画も見てないもので・・・比べようがないんですよね・・・・

残念、でもこれを聞いてちょっと「インターセプター」「ゼロ・グラビティ」観てみたくなりました。

でも感想や評価でも違うといわれているので多分正しいです。

と、いう事で映画もおすすめ!です。

ストーリーは映画のCMでもやっていたのでご存知の方も多いでしょう。

ざっくり言うと、空気も水も無い火星に1人取り残されて次回、人が来るのは四年後。さあ!どうする?っていうお話です。

もう、これだけで面白そうですよね。

詳しい設定を言うと。

舞台は近未来、有人火星探査が可能になった世界。物語は三度目の有人火星探査が行われていたその時30日の予定が僅か6日で嵐が来て地球に帰らなければならなくなる、しかしその嵐で主人公は怪我をして吹き飛ばされてしまう。他のメンバーは主人公は死んだと思い宇宙に飛び出ってしまう。しかし主人公は生きていて、気がついた時には火星に一人ぼっち。残された住居地には食料も空気も少しは残されていたが次に人が来るのは早くても四年後。とてもじゃないが生きてはいけない。はたして主人公は生きて地球に帰れるのか?

これを読んでわかる通り水や空気は少しはあるのですでも、仲間は遠い宇宙、生きていると分かったとしても戻ってはこれない、そもそも通信機器が壊れていて生きている事も知らせられない、水も食料もすぐ尽きる。

絶対絶命なのです、しかし!そんな状況でも主人公は諦めず色々な知識で問題をクリアして行くのです。

さっきも言いましたが映画面白かったです、なので観たその日に密林で原作の「火星の人」を注文してしまいました。(笑)

それぐらい面白かったのです!

このお話の良いところは、こんな絶望的な状況なのに終始明るい感じでストーリーが進むところです。

主人公はとてもユーモアのあるキャラクターで、ずっとちょっとした冗談を挟みながら話が進むのでむしろちょと笑いながら見られます。

小説もそんな感じです、というか映画よりももっと笑わしてくれます。

もしかしたら勘違いされてるかたもおられるかもしれませんが、この小説は火星が舞台でSFですが火星人が出てきたり宇宙船で銃撃戦なんかも起こりません、どちらかというとスリル満点のプロジェクトXみたいな感じです。

やってる事は地球でやったら地味極まりないのですが、空気も水も何にもない火星でするからこそハラハラドキドキして面白いのです。

小説は文庫で上下巻あるのですが、読み出したら止まらない、気がついたら読み終わってました。

ただ私個人の意見ですが、もし小説を読んでみたいと思った人はできれば映画を先に見ておいた方がいいと思います。

まあ、映画は見ないというならそれでもいいですが映画も小説も楽しみたいという方は是非映画から見て欲しいです。

以前にもこのブログで書いたと思いますが、小説を読んだ後その小説が映画化されて小説より面白いことは滅多に無いというのが個人的な見解なのです。

やっぱりどうしても最初に読んだ小説が頭の中で作られたイメージや印象が映画と同じになることは絶対に違うし、映画はどうしても二時間位でまとめないといけないのでどうしてもストーリーを削らないといけなくなる。

そうなるとどうしてもスケールダウンしているようにしか見えなくて、どうしてもがっかりしてしまうのです。

特に「火星の人」の場合映画よりも何倍も科学的にもリアルを追求して書かれているのでより困難な状況に陥る回数が多い、なので本を先に読んでしまうとどうしても簡単に物事が進んでいる様に見えてしまうのです。

しかも、この小説はリアルを追求しているので、難しい用語や固有名詞が沢山出てくるのです。正直それを覚えるだけで大変です。

例えば住居地はハブと呼ばれていたり、火星では1日の時間も違うので1日をソルという単位で読んでいたり、説明されてもどんな物なのか想像しずらい、とにかく小難しい事が多いのに覚えなければならない名詞が多いのです。

しかし、映画を先見ておくと問答無用で映像で見せてくれるので後で本を読んだ時頭の中でイメージしやすい、しかも「オデッセイ」の場合特に映像が素晴らしいし、NASAが全面協力しているのでリアリティも迫力もあって素晴らしいのです。

なので映画を見た後また小説を読むと頭の中で映画と同じ様な迫力で想像出来て映画の倍以上の時間このお話を楽しむ事が出来るのです。

という事で映画を見た後小説を読んだ方が断然楽しめるのです!

お勧めです!





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/135-0913cadc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。