本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢を売る男」 百田尚樹・作

この本、百田尚樹・作「夢を売る男」の凄いところは、この本を出版した出版会社だと思います。

なんせこの小説は完全に出版業界に喧嘩売ってますから。

この小説は短編形式になっていて牛河原という編集長が働く丸栄社が中心になって話が進みます。

この牛河原はほぼ詐欺紛いの事をして一般人に法額な値段で本を自費出版させて儲けています。

最初は丸栄社の新人賞にノミネートされたけど惜しいところで逃しましたと投稿者に言い、少しお金を出せば出版できますよと持ちかける。

牛河原はそれと同時にその本を褒めちぎるんです、そうするとそう言われた人はそれに乗せられてお金を出してしまうんです。

それはもう鮮やかな手口で口八丁手八丁で色んな手を使ってお金を出させるのです。他にも色々な手口で素人の方からお金を引き出します、本当に上手いやり方でよく思いつくなあと感心してしまいました。


そういった中でそんなこと言っていいのかと思うぐらいの出版業界のウラ話を暴露していくのです。

正直これだけ読んでも面白いしいざとなったら騙されない知識を仕入れられるのでそれ目的で読むのもありだと思います。

それにしてもここまでよく書くなと思うぐらい色々書いてあって本当にびっくりしました。

正直少し露悪的すぎる感じではあるのですが、本好きでそれなりに本を読んできた人間にとっては心当たりのある事も多く、やっぱりと思ってしまう所も多々ありました。


ちなみにこの本を出した出版社は幻冬社です。

いやーでも読んでいて色々納得してしまう所もあって。

最近の若者の本離れの理由とかネットでのブログとかSNSの氾濫で実は自己主張したい自尊心の強い人間が意外に日本人に多いんだって事とかはなるほどと思いました。

確かにブログとかツイッターなんかを見ればなんか自分の意見を言わずにおれない人は多いし、かと言ってそれをちゃんと読んでる人がいるのかといわれると疑問だ、まあ読んでる人はいるとは思いますが少なそうだなと。

この本に出て来る人は色々います、根拠のない自信に溢れた若者とか、意識高い系の主婦とか金と暇を待て余した老夫婦とかそこらへんに溢れていそうな人達が出てきます、なるほどこういった人が騙されるんだなと納得できます。

それにブログとか新聞の広告に本出しませんかっていう文もたまに見ます。

このサイトにもブログ書籍化出来ますのボタンが付いていて、これは完全に自費出版の形で本の内容のような騙してる感じではないですし割とお手頃なのですが、このボタンがあるという事はやっぱりそれだけ本にして形にしたいって人が多いんだろうなと思いました。

正直本を読み始めあたりはこんな事で騙されるなんてアホやなと思っていたのですが。

この本の中でブログで本の書評を書い書いているブロガーをだまくらかして自費出版させようとするくだりがあるのですが正直私もこういったブログを書いている身としてはしては本を出したいとかは思っていないのですが同じ手を使われたらきっと騙されてお金を出してしまうだろうなと思いました。

そう思うと私にも結構自尊心とか自己主張とか自己顕示欲とかあるんだと思いました。

正直この本を読んで幸せな気分にはなれません、最後に少し救われるところがあるのでそこまで後味は悪くないのですがそれでも出て来る人間がことごとく嫌な人間しか出てきません。

でも読み始めると次はどうなるんだろうと気になって読んでしまいます。

そこらへんは元々テレビで仕事されてたという事でやっぱり人の注意を引くやり方をご存知なんだなとその上で人の露悪的な所もよく表現されていて面白く、さすがだと思いました。

なのであまり強くはお勧めはできませんが(笑)面白い事は確実です。

気になったのなら読んでみてください。

あと本の帯にも書いてあったのですが、一度でも本を出したいと思った人は読んではいけないと書書かれてはいますが私はむしろ読んだ法がいいと思いました。

一回これ読んで頭に冷水を浴びておいて現実を見ておいた方がいいですね。

それでも本を出したいと思たらそれはかなり本気だって事なので、この本を読んで諦めるら、その気持ちはなその程度だったってことで、いい基準になると思います。







スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/130-04fdbef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。