本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「陽気なギャングは三つ数えろ」

出ました!!伊坂幸太郎の「陽気なギャングシリーズ」の三冊目が!

まさか9年もたってこのシリーズが出るとは思ってなくて、本屋で見つけた時は思わず店の前でガン見してフリーズして、そして即買いしました。

いやー嬉しいですね。

私はこのシリーズの一番最初の作品「陽気なギャングが地球を回す」を読んで伊坂幸太郎にハマったという経緯があるので余計嬉しかったです。

内容は相変わらず面白い4人の銀行強盗が事件に巻き込まれながらどたばたする話です。

陽気なギャング一味の天才スリ師久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追い詰められた!

事件も面白かったですが、やっぱりこの4人の何とも言えない掛け合いが絶妙で面白い。

ずっとこの会話だけでも読めます、なにも事件なんて起こらなくても大丈夫。

それでも、9年ぶりだからか少しだけ前より雰囲気は変わっている気がします。

まあ、私が読んだのもだいぶ前であんまり覚えてないので細かくどこが変わったかはぼんやり(笑)してますが。

また前のシリーズが読みたくなってきました。

そういえば映画も面白かったです、俳優さんもいい感じやったし、テンポも良かった。

ストーリーは原作とは違うところもあるけど二時間でストーリーをまとめるとなるとあれがベストなのではとも思います。

ただラストのあの結末は正直どうかと思いますけどね・・・( ;´Д`)

いや!悪く無いんですけどね、なんかね・・・伊坂ファンとしてはあまりスッキリしないというか。

まあ、いいんですけどね・・・ (´・д・) 

この小説の面白さは悪党四人がカッコよくてとりあえず痛快なところ。

勢いとノリの良さはロックを聴いているみたいでわーっていいたくなる。

でもそこには緻密に計算されたストーリーがあって、そこが凄いと思うのです。


なのでこのシリーズを読んだ事のない人はとりあえず「陽気なギャングが地球を回す」を読んで欲しいです。

直ぐにこの物語に引きずり込まれること間違いなし!!


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/119-b838cb16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。