本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「掟上今日子の挑戦状」「掟上今日子の遺言書」西尾維新・作

祝・ドラマ化と言う事でまとめて2冊読みました。

そして誤解の無いようにお願いしたいのですがドラマ化されたからと言って慌てて読んだわけではないですから!ヽ(#`_つ´)ノ

このシリーズの第1巻「掟上今日子の備忘録」は出版された時に結構すぐに読みました(*`^´)=3もちろん「掟上今日子の推薦文」も了読ずみです。┐(´-`)┌

本当ですよ!・・・・なんか言えば言うほど嘘くさくなっている気が・・・´д` ;

まあいいでしょう今回読んだ本は西尾維新の久しぶりのミステリー小説!

西尾維新さんは最近本格的なミステリーはあんまり書かれていなかったので嬉しいです、いや、ミステリーじゃなくてもおもしろいですが

私はミステリー好きなの特にで嬉しいのです、しかも短編形式なので沢山のミステリーが味わえて更に嬉しいです。

ドラマも気になって見てみたんですが。思っていたより面白い、探偵役が白髪っていうのが実写でやったらさすがに浮きそうで心配でしたが、思ってたより馴染んでました。

コスプレっぽくなって変な感じになるんじゃないかと思ってたんですが、そもそも名探偵が出てくる時点で漫画っぽいのでドラマ自体が漫画っぽくて1人あらかさまなカツラで出てきてもそんなに変じゃない。

毎週楽しく見ています、なにより新垣結衣さんが可愛いのでそれだけでも見ていられるんですよね~(。>ω<。)ノ

そういえばドラマでは本とは少し配役が変わっています、「掟上今日子の備忘録」は語り手というか主人公は隠館厄介なのですが次にでた本「掟上今日子の推薦文」は語り手が変わります。

なのでドラマ化されると聞いてどうするんだろう?と思っていたのですが配役の方を変えていたんですね。

なので少しストーリーが変わっている所がありますが、大筋のミステリーは変わらないので安心して見ていられます。たまに配役が変わってつまらなくなってしまう事があるのでそれは良かったと思います。

この小説のストーリーはミステリーなので、何か事件が起こってそして探偵が呼ばれてそして解決すると行った、まあありがちと言ったらありがちなお話です。

でもこの小説の面白い所は探偵が1日で記憶がリセットされる所です。

正確に言うと一回寝てしまうとその日の記憶が消えてしまうのです、極端な事をいえば寝なければ記憶は持続します。

小説でも実際寝ずに5日間もかけて事件を解決させる話があります。

きっとこの回は最終回とかに持ってこられるんじゃないかと個人的には推測してます。まあ、当たるかどうかはわかりませんがもしこのドラマが人気が出て映画化とかすればそっちに使われるかも、そうじゃなくてもスペシャルとか・・・考え出すと止まりません。

この回は面白いですよ~名探偵掟上今日子さんの謎が少しだけ明らかになります。o(^▽^)o

それにしても西尾維新はどれだけのペースで小説を書いておられるんでしょうね?絶対もう働かなくてもいいくらい稼いでいるのに今回読んだ「掟上今日子の遺言状」の最後には今年12月にまたこのシリーズの最新刊が出ると予告されているし、他のシリーズも一冊来年に発売、しかもまた新たに新しいシリーズが始まっていてその宣伝が載っていました。

読む方が追いつけないってどういう事なんでしょう?でもそれなら、過去に出たシリーズを完結させて欲しいなって思うのはワガママなんでしょうか?(^^;;

まあどの本も面白いのでいいんですが・・・(*´∀`人 ♪

次回出る掟上今日子のシリーズは「掟上今日子の退職願」というタイトルです、珍しく「遺言書」の方で伏線が張ってあったのですごく楽しみです。

ドラマと小説はミステリー部分はだいたい一緒ですが、それでも進み方や見せ方が違うのでドラマを見ていても小説を読んでも楽しめる事間違い無しです。

なのでドラマを見て犯人がわかっているから小説はいいやと思わずに小説も読んでみてはいかがでしょうか?


掟上今日子の挑戦状」「掟上今日子の遺言書」西尾維新・作








スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/113-65737511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。