本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1Q84 BOOK2」 村上春樹・作

「1Q84 」が出版された時の事は大騒ぎしていたので良く覚えています。

何ヶ月も前から出版の広告が出て、出版された日は夜中からお店に並んで買っている人の姿がニュースで報道されていました。

たしかその時のニュースで世の中には村上春樹の作品を愛してやまない人たち、”ハルキスト”なる人達がいる事も報道されていて、その時に私は初めてそんな人がいることを知りました。

村上春樹さんの作品は知っていましたし、人気があるのも知っていましたが、そんなアムラーみたいな熱狂的な人までいるとは知りませんでした、驚きです。

そういえばアムラー・・・懐かしいですね・・・あの人たちは今どこにいるんでしょう?安室奈美恵さんはいるのだからまだおられるんでしょうか?最近見かけません・・・・。

そんな想像をしていると、何故か頭の中でアムラーが森の奥深くでコソコソ隠れて生活している映像が浮かんできました。(笑)

幻の動物アムラー(笑)

話がそれました、それはさて置き「1Q84 」ですがBOOK2読み終わりました。

たしかこれが出版された時は1巻2巻同時に発売されてました。なので当然これで完結しているのだと当時は思ってました。

ところが半年後くらいに3巻が出版されたのです。

私は内容は読んでなかったので、ダメージは無いですが、当時リアルタイムで読んでいた人は辛かったんじゃ無いかと思います。

なんせこれで完結なのがまだ続くのか分からない状態で半年も待たされるのです。

2巻の終わりはとりあえず話としては区切りがついています、でも謎は残ってますし伏線も沢山放置されたままです。でもある程度説明されているし、村上春樹さんの作品は結構ふわっとした終わり方をする作品があるのでこれもその可能性が無きにしも非ず。

完結とは書いてない、でもこれで完結の可能性もある、そんな終わり方なんです。

別にそれが悪い事ではないですがこんな生殺し状態で放置されたらかなり辛いと思います。

しかも半年もたったら半分くらい内容は忘れてます、本気で好きな人は読み返したりするでしょうがそうでない人も多いでしょう。

正直、今読んでいてリアルタイムで読まなくってよかったな~と思います。

BOOK2を読み終わって、思ったのはBOOK3が、続きが気になる!

1巻は主人公2人の説明と世界観の説明でした。

2巻で話はだいぶ動きます、主人公2人の運命が重なりそうで重ならない、じれったい感じででも徐々に2人は近いています。

でも2人の行く末が全く読めません。(゚д゚)

不穏な空気が蔓延中、月は二つになりました、リトルピープルは怒ってます。すべて破滅の道を進んでいるようにも見えます、五里霧中です。

私は村上春樹さんの作品を読むのはこの作品で四冊目です。

なのでサンプルが少ないのですが、こんな風にスリル満点でストーリーが進む小説は珍しい様な気がします。

今まで読んだ村上春樹作品でこんな展開をした話は読んだことがありません。

どちらかというと今までは過去に起こった事を踏まえて、主人公たちやその周辺の人達がその事について自問自答したり悩んだりな展開の話しが多い気がします、少なくとも私が読んだ本は全部そんなストーリーでした、まあ4冊しか読んだことないので何とも言えませんが。

なので次の展開が読めません、続きが気になります。

正直ブログなんて書いている場合では無いみたいな気持ちです。めんどくせえ!

というわけでBOOK3を読んできます、失礼します。(・Д・)ノ










スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/111-31e9d7f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。