本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1Q84 BOOK1」 村上春樹・作

今更ですが、「1Q84」を読んでみました。

だからと言ってノーベル賞を狙って読んだわけでもありません、半分ぐらい読み終わったあたりでノーベル賞の発表が始まったのです。

でももし今年受賞されたらそれはそれで凄い偶然です。(^ω^)まあ残念な結果に終わりましたが…○| ̄|_

それにしても村上春樹さんは毎年最有力と騒がれてそしてはずれてしまうことについてどう思っておられるんでしょうね。

まあ私にはノーベル賞なんて規模の大きい賞のことなんか想像もできないですけど、でも周りに勝手に期待されてそして勝手にがっかりされるのは怒ることでもないでしょうが、なんか疲れそうです。

実は昔は速読に憧れてたことがありました、沢山本が読めるからいいじゃないかと思っていたんです。

だけど、あれって訓練もあるんだと思いますが大雑把に単語を拾ってストーリーを読み取るって感じらしいです。

そんな感じに読んでも面白い本はありますがやっぱりなんだかよく噛まずにご飯を食べてるような感じになってしまう気がします。

でも小説家さんが一行一行丹精込めて書いたものをそんな風に読むのはなんか失礼な気がするし、特に今回読んだ村上春樹さんの文章は特にじっくり読んだ方が楽しめる、どちらかと言うとストーリーより文章の美しさを楽しむものだと思うので。

いや、ストーリーも素敵ですけどね。(-_-;)

今回読んだのはBOOK1だけです、村上春樹さんの本はそんなにがつがつ読む感じではなく、ゆっくりじんわり読んだ方がいい本だと思います。なのでかなりゆっくり読んでいたのでまだ一冊なのです。

ちなみに「1Q84」は全3巻です。

村上春樹さんの本を読むのは今回の本で4冊目なのですが、そのたびにのんびりお洒落なカフェなんかでコーヒーちびちび飲みながら読むのが似合う小説だなと思います、でも実際はマクドでポテト片手に読んでましたが・・・・(笑)

それでも、村上春樹さんの小説が面白い事は変わりありません。

なので今回はゆっくり一週間に一冊ずつ来週はBOOK2の紹介になります。

それでは今回読んだBOOK1のストーリーはとりあえず出てくる登場人物の説明と世界観の説明です。

主人公は二人います、その二人の視点が交互に繰り返して話が進みます。

一人目の主人公は天吾という名前で小説を書いて良いて、塾の先生をしています。二人目の主人公は女性で青豆という面白い名前です。スポーツインストラクターをしていて過去に深い傷がある訳あり女性です。

まだ一巻しか読んでないので謎がたんまりあります。

二つの月とかリトルピープルとか違う歴史とか続きが気になります。

二巻からは事件が動き出しそうな感じでなんだかキナ臭い空気のまま終わります。

私が最初に村上春樹作品を読んだのは「スプートニクの恋人」ですが、その時の印象から変わらず文章が美しく読んでいて面白いです。

謎はまだまだ沢山あるので続きが楽しみです。


1Q84 BOOK1」 村上春樹・作






スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/110-01ec37f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。