本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キャリー」 スティーブン・キング・作

朝夜は涼しくなってきましたが、まだまだ昼は暑いですね。

ということで今回も涼しくなれそうな本を読んでみました。

今回はシンプルに怖い話で涼を取ろうと思いこの本を選んでみました。

外国の小説でホラーといえばスティーブン・キングです。

スティーブン・キングといえば映画になっている作品が多い作家さんでもあります。

「キャリー」は映画にもなっているので有名だと思いますが、スティーブン・キングが原作の映画は他にも沢山あります、有名なのは「シャイニング」や「ミスト」「デットゾーン」ですかね。

さらに凄いのは「スタンド・バイ・ミー」や「グリーン・マイル」「ショーシャンクの空」もスティーブン・キング原作ということなんです。

どれもどちらかというと感動物という印象でホラーには見えないと思います。

でもよく考えたら「スタンド・バイ・ミー」は死体を捜しに行く話だし、「ショーシャンクの空」は無実の罪で投獄される話なんです。

それだけ聞くと怖いしなんだかおどろおどろしい話になりそうなのに、映画はとても感動できるし泣ける場面もあります。

原作も読みましたがどれも面白かったです。

なのでスティーブン・キングはホラーというジャンルの枠に収まりきらない凄い人で、他にも沢山映画化されていて、アメリカの小説界ではまさにキングの名前にふさわしい立ち位置にいるのです。

スティーブン・キングの凄さが分かってもらえた所で、今回読んだ本は「キャリー」です。

「キャリー」といえば映画でも有名で、一度リメイクもされています。しかし私はまだ見れていません。

ホラーが苦手という訳ではないのですが、実はホラーというジャンルだって言われる事が苦手です。

ホラーだよって言うって事は、もうすでに何かしら怖い事が起こるよって内容を言ってしまっている訳です。

怖い事が嫌いなわけではないのです、怖いと分かって読むのが嫌なんです。

もちろんそう宣言して販売した方が良いのはわかります。本当に苦手な人には辛いことなので。

でもやっぱり分からず読むのが良いんですよね、そうと分からず読んでいくと怖くなる・・・・・面白い!

なので、良く考えるとスティーブン・キングの作品は映画を見てから小説を読む事が多いです、唯一本が先だったのは「ゴールデンボーイ」くらいかも、あ!「ミザリー」も読んでます。

どっちも怖かった!!そして面白い!!!

今のところスティーブン・キングの作品でハズレはないです。

そんなスティーブン・キングの作品が好きな私ですが、それなのにスティーブン・キングのデビュー作である「キャリー」はまだ読んだ事がなかったのです。

特に理由は無いのですが、まず表紙が怖いんですよね(@_@;)

怖い事が起こるよ!ってまず表紙が言ってるんです。

なのでこんな機会がないと読まなそうなので、今回読んだのもそれが大きな理由です。

この小説のあらすじは簡単です。

スティーブン・キングの小説は結構あらすじというかストーリーは纏めると簡単なものが多いです。

さっき言ったけど「スタンド・バイ・ミー」死体を捜しに行く話だし「ゴールデンボーイ」はナチスに嵌ってしまった男の子の話です。

そして「キャリー」はいじめにあっていた女の子が超能力に目覚めて、その力で復讐すると言う話です。

ストーリーはこれ以上も以下にもなりません、しかも最初の方で結末を言ってしまいます。

なのにこの小説は最後まで面白いのです。

内容が分かっているのに面白いって言うのはなかなかすごいことです。

この小説はわりと実験的な書き方をされています。

視点がコロコロ変わるし、雑誌や、事件が起こった後にだされた本やインタビュー手紙によって話は進んでいきます。

それによって事件の全貌が見えて来て、なぜこうなってしまったかが語られます。

かなり淡々とした進み方をするのですが、その淡々とした文章が最後に来る事実を引き立てていて読み終わった後は何とも言えない気持ちになります。

面白かったです。

映画もちょっと見たくなってきました。

熱い日に読むのもいいですが、これから来る秋の夜長にもお勧めです。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinusayaenndou.blog.fc2.com/tb.php/107-9d69c407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。