本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ON オン 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子」 内藤了・作

今回紹介する本はこの間までドラマでもやっていた「ON 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子」の原作です。

面白くて毎週見ていたので、原作も読んで見たくて買ってみました。

ドラマでは推理の部分が言葉で説明されただけで終わってしまうし、最終話の犯人の動機もイマイチよくわからなかったので、原作ならもっと詳しく読めるかと思って気になったっていうのもあります。

まあ、一時間で一つの事件を解決させるのですから、あれくらいのスピード感は必要なんでしょうね。

それで原作を読んでみて驚きました、原作とドラマはかなりストーリーが変わってるんですよね。

まあ、原作はシリーズで6冊出ていてそれを全部で八話にまとめないといけないとなると変更は必要でしょう。

でも関心したのはその方法です、すごく上手いんです。

脚本を書いた人はすっごい頭いいんやろうなと思いました。

全く違うストーリー展開なんですけど、作品のテイストは変わってなくてそれで原作のエピソードを余すことなく使っていてそこが凄いなと思いました。

そしてその変更点がまた凄い、まず主人公の性格が全く違う。

ドラマでは生まれつき感情がなくて、それを隠しつつ異常犯罪をする犯人のことが知りたくて事件を追うというちょっとというかかなりサイコパスな性格なのですが。

原作は、まっすぐで正義感が強く素直で優しい、という最近の熱血漫画でもあまり見ない感じのストレートな主人公なんです。

同僚の東海林も性格は真反対でドラマとは違い体育会系で脳筋って感じの性格になってます。

他は大体同じでしたが、主要な人物がこれだけ性格が違うのは、今まで見た映像化作品の中で一番ではないかと思いました。

これだけ登場人物の性格が違うのに小説の雰囲気は残して話を組み立てるんなんて一から作るより大変なんじゃないかと思います。

いやーでも面白かったです、ドラマも小説も全然展開が違うからどちらも同じくらい楽しめました。

まあ、犯人は同じだし動機とか手口がドラマと同じなのでそこらへんは予想がつくのであれでしたけど。

それでも期待していたとおり推理とか動機は原作では細かく説明がされているので最初の目的はちゃんと果たせました。

それにドラマでは恋愛要素はほとんどありませんが、小説は結構踏み込んでてそこも意外で楽しめました。

まあ、ドラマの主人公の性格では恋愛は難しいかもですが。

ドラマは異常犯罪の犯罪者に焦点が当てられて、ミステリというよりホラー色の方が強いですが、原作はホラーというより推理とか人間ドラマの方が強い気がします、この本、角川ホラー文庫から出てるんですけどね(笑)

残念なのはドラマの方が続編や番外編で映画を作るとかが難しい終わり方をしていることですね、出来れば、続きを見て見たい。

でも下手に無理に作って変な物見させられるよりはいいかもですけど。

あと、この本は異常犯罪を中心に扱っているので、当然のごとくグロテスクな死体がいっぱい出てきます。ドラマの方ももちろん出てきたのですが。グロテスクさでは小説の方に軍配が上がってる感じです。

映像の方がインパクトが強いかと思われますが、さすがに不特定多数が見るテレビであんまりグロテスクには出来ないという事でしょう。

どちらかと言えば小説のほうが描写が細くて、結構リアルに想像できてしまうので、食事しながらこの本を読むのはおすすめしません。

まあ、滅多に小説読みながら食事する人はいないと思いますが(笑)

食事といえば。私は昔「死体は語る」という昔警察の検死官をやっていた人が書いた本を読みながら食事をしていたことがあるのですが。

それがまた、内容がリアルで、気持ち悪かった・・・・死体が何日でどのように腐るのかとかどういった経緯で骨になっていくのかとか細く書かれていてさすがに物を食べながら読むのは気持ち悪くなりました。

あと食事しながら読んで後悔した本といえば、遺品整理人の実録物ですね。

まだ遺品整理人という仕事が広まってない時のに読んだのですが・・・・すごかった・・・孤独死をした人や自殺した人の部屋を掃除したりしないといけないんですが、大体が数日経ってから発見されてるので、蛆虫がわいているのは当たり前。部屋中が血まみれと言うこともあるそうで。一番強烈に記憶に残ったのは。お風呂に入ってお湯を沸かしながら死んでしまった人の話ですかね。

簡単に言うと湯船でグツグツ煮込まれてしまったので、見つかった時は完全にスープ状になっていたそうです。

・・・・・・さすがにちょっと読みながら吐きそうになりました(泣)

しかもそれが淡々と描写されているので、逆に怖い。

うっぷ・・・思い出しただけで気持ち悪くなってきた。

まあ、と言うわけで、こんなグロテスクな本を読んできた私がグロテスクだったと思うのですから本書のグロテスクさは折り紙つきです。

このシリーズは6冊出もているので、今は読書の秋ですし。

秋の夜長に布団の中で震えながら読むのはいかがでしょうか?

おすすめです。




スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

Kindle (キンドル)

電子書籍ゲットだぜ!!(古い!)

という事でついに!!買ってしまいました!!電子書籍!!

本好きにとっては避けては通れない道、それは電子書籍です。

電子書籍というものが出来てから数年、この問題は本好きの間では数々議論されてきました。

利点もあれば欠点もある。

電子書籍が多くなると紙の本が売れなくなって本屋という本好きにとって聖地が無くなるのではと心配する声があったり、でも部屋を圧迫している本棚を減らせると喜ぶ声もある。

まあ、色々ありますが結局その人の判断で決めることなのでいいのですが。

私もこの電子書籍の問題は常々心に留めて自問自答しておりました。

電子書籍が出始めた頃はネズミ講をすすめてきた友達を見るような目で見ておりましたが(笑)、タイトルがどんどん増えてきて電子書籍を見る媒体も増え機能もアップしている昨今、もう避けては通れないとついに私も買ってしまいました!!

タイトルにもあるように買ったのはAmazonで売っているAmazon専用の電子書籍端末Kindleです。

やっぱりAmazonさんには日々お世話になっているし何よりタイトルが多い(正確に他の電子書籍と比べたわけではないのでわかりませんが)ことと、Kindleでしか読めない作品があったのでとりあえず買うならKindleだろうと思っていたのでこれにしました。

2年近く悩んでいたので感無量です(笑)

そして使ってみた感想としては。

軽い。

よく言われている事ではありますが。持った感じ本当に軽い。

今回、カバーも一緒に買ったのですがそれを合わせて持ってみても少し分厚い文庫本くらいです、カバーがなかったら平均的な文庫本くらいでしょうか?たまに鈍器のような本を読む私にとっては嬉しいところです。

ちなみに私が買ったのはKindleのKindle voyageという端末です。

ただ実際に何冊か読んで思ったのですが、読んだ後なんとなく読んだ実感みたいなものが電子書籍だと感じられない気がするんですよね( ? _ ? )お腹一杯食べたと思ったら夢だったみたいな?あと映画を映画館で見たのと家でDVDで見たのと違いの感覚とも似てます、映画館だと帰り道とかに余韻に浸れるんですけど家だとDVDをケースに戻したりテレビに切り替えたりするのですぐに現実に戻るのでなんか情緒が無い、そんな感じです。

まあ、慣れたらそうでもないのかもしれないですけど読み終わった後のあの紙の重みがないのはなんとなく違和感があります。

しかし、それでも嬉しいのは目が疲れないところです。

すでにスマホやネットでは無料の小説は何冊も読んでいるんですが、これの欠点はやはり目が疲れるところです。

前に一日中スマホで小説を読んだ事があるんですがその時は目の乾燥と痛みが酷かった( ;´Д`)ゲームも好きな私としてはできるだけ目には負担のないものがいいのでこれは良かったです。

あとすごいなと思ったのは購入がとても簡単で楽なところ、2回くらいボタンを押したらすぐに手に入るのです。

最初は本当にこれで買えたのか疑ったぐらいです。

これは嬉しい。

ただ、心配なのは買い過ぎてしまわないかどうかですね、たまに変なテンションになって本をドカ買いする事がある私にとっては心配なところです(笑)しかも紙の本でまだ読んでない積読してる本がまだ一杯あるのでこれはかなり気をつけないといけません( ;´Д`)

一応調べてみたら、制限できる機能もあるようなのでそれも活用しつつ自分なりにルールを作って対応していくしかないなと思いました。

あとは、これもよく言われている事ですが文字の大きさや縦読み横読みが選択できるところがいいですね。

たまにぼったくりかと思うぐらいでかい文字で行間の大きい余白の多すぎる本があってなんだか損した気分になるんです、まあ新聞の文字も大きくなる時代なのでしょうがないのかもしれませんが、電子書籍だと好きに選べるので文字を小さくする事でページをめくる回数も減らせます。

それに目が悪くなった時もこれで文字を大きくできるので安心です。

でも装丁の良さみたいなものは電子書籍だとあまり見られないのでそれは残念。Kindleは基本白黒なので一応表紙も見れるのですが味気ない感じです。

たまに凝った本だと紙の手触りやしおりに付いている紐にも凝ってたりしますし、書体や文字の大きさにこだわってその作品の雰囲気を表現しているものもあるので、そういうものが電子書籍だと表現出来ないのでそこらへんは情緒がないなと思います。

あと、電子書籍を実際に読んでみて気が付いたのですが、読んでいてどこまで読めたのか咄嗟にわからない事が欠点ですね。

もちろんそれを知る機能は付いているんですが、読むのを止めてわざわざ違うところに目をやって見ないとわからないんです、でも紙の本だと手の感覚でわかるので読むのを止めなくていいんです。

ただこれはこれで欠点があって、経験則からあとこれくらいで終わるなら今この展開だと終わりはこうなるな、ってな感じてストーリーが読めてしまう事がある事です。

特によく読む作家さんだと、あれ?このまま行くと完結せえへん!ぎゃ〜((((;゚Д゚)))))))とか、あ〜これは犯人はあいつやな・・・_| ̄|○みたいな事があるので、あとどれぐらいで終わるのかわからないのはそれはそれで利点だったりします(笑)

あとは、何冊も持ち運べるところはいいですね、今小説読む気分じゃないなと思ってもすぐに漫画に切り替えられますし、ネットが通じない所でも読めるのがいい(ダウンロードはできませんが)。

スマホだとそれが不便だったので嬉しい。

スマホと言えばスマホで小説を読んでいるとちょいちょい通知が入って来るのでいまいち集中出来なかったのが欠点だったのですが端末で読むとそれが全くないのが嬉しい。いい感じに集中して読めます。

ただこれはスマホと比べてなのですがタッチパネルの反応が遅い。

スマホに慣れてるとかなり鈍く感じます、これも慣れだとは思いますが。たまにイラッとすることがあります。

あと不満と言うほどではないのですが、パラ見が気軽にできなくなった事がなんだか残念です。

紙の本だと軽く手にとってパラパラめくって好きなところだけ拾い読みしたり、もう一度確認したいところが簡単に探せたんですが電子書籍だとわかりにくいんですよね。

しおりの機能もあるし機能を上手く使えば解消されるのかもしれなんですがなんとなくわかりにくい。

それでも嬉しいところは紙の本より価格が少し安くなったところ、本にもよるんですが版権が切れたものなんかは無料で読めるのが嬉しい。

最近江戸川乱歩の小説の版権が切れたことで話題にもなってましたが。この機会に過去の名作を読み直すのもいいですね(*^_^*)

実は私は本好きにもかかわらず今まで江戸川乱歩を読んだ事がなかったのでこの機会に江戸川乱歩を読んでみようと思っています。

このブログで江戸川乱歩の感想を書いたら電子書籍で無料で読んだんやなって思って下さい(笑)

まあ、色々書きましたが全体として電子書籍は買って良かったと言うのが感想です。まだ買って1週間も経ってないのでこれから機能を研究して慣れていきたいと思います。多分隠れた便利機能がまだあるはず。

だからと言ってこれから読む本は全て電子書籍になるわけではないのですがε-(´∀`; )

なんせ積読してる紙の本が山のようにあるので(笑)それを消化しつつ図書館も利用しつつ古本屋をめぐり・・・ってどんだけ本読むねん!!ヽ(#゜Д゜)ノ┌┛Σ(ノ´Д`)ノ 


・・・なんかもっとやらなきゃならない事がある気がする・・・・( ;´Д`)


・・・いや!・・・気のせいだ!!(・`ω・´) キリ!



・・・・

うん・・・まあ・・・こんな私ですがこれからもよろしくお願いします。

電子書籍お勧めです。♪( ´θ`)ノ











テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

「偉大なる、しゅららぼん」万城目学・作

これ映像化したら面白そうっていう小説とこれは絶対映像化は無理やろうな、いや映像化はして欲しくないって小説がありますが。

この小説は映像化したら面白そうな小説だなと思いました。

っていうか、もうすでに映画化してるんですけどね(笑)

やっぱり誰が読んでもそう思うんだなって今回「偉大なる、しゅららぼん」を読んで思いました。

映画化されたのは知っていたのですが特に興味もなくスルーしてたんですけど、この本を読んだら映像化した人の気持ちがわかりました。

すでにDVD化もしているので見ようと思えば見れるのですがまだ観てません。

ただキャスティングを見る限りは面白そうではありますが、下手に映像化するとチープになってしまう危険性のある世界観なのでちょっと怖い(笑)

でもキャスティングは面白いですね、特に濱田岳さんはハマっているのではないかと思います。読んでる途中から頭の中では淡十郎は完全に濱田岳さんの顔を思い描いて本を読んでました。

しかし主人公役の岡田将生さんはイケメンすぎる!いやそれがダメなわけではないのですが「偉大なる、しゅららぼん」の主人公は正直イケメンではない設定なので、最初はあんまり合わないのではと思ったのですが、でもキャラクター的には合ってるとも思うのでいいかなと。

まあ、映画を作る人の立場からすれば主人公は花のある人がいいでしょうし、そういう意味ではちょうどいいのかもしれません。

そういえば主人公は高校1年の設定なのですが、計算してみたら映画があった当時は岡田将生さんは24歳ぐらいのようです・・・・|ω・`)俳優さんは大変だね・・・

偉大なる、しゅららぼん」は琵琶湖を舞台にした小説です。主人公の日出涼介は高校一年になったという事で本家の家で特殊な「力」を鍛えるために、当主のお城に向かう、そこにいたのは同い年の次期当主。その日出淡十郎に振り回される生活が始まる。そして日出家とライバル関係にある棗家の長男、棗広海も加わって学生生活は波乱に満ちていく、といったストーリーです。

歴史好きの作者らしく実際の歴史と完全に同期したストーリーの設定で本当にこんな事があったんじゃないかと思わせてもらえます。
そう言えばプリンセス・トヨトミを読んだ時も同じ事を思った気がする。プリンセス・トヨトミも面白かったのでお勧めなのですが。

こちらもお勧め、最初はあまり世界観とか設定の説明をしてくれなくてどういう事なんやろうと思って、正直き少し退屈なのですが徐々に真実が明かされていき、だいたいの設定がわかると話は一気にアクション物みたいになって話が一転二転します、どんでん返しが畳み掛けるように繰り返されます。。

この最後のどんでん返しの畳み掛けが面白いので、それまで頑張って読んで下さい。そしたらきっと満足できるのではないかと思います。

そして、他の本もそうなのですが、万城目さんの小説には程良い笑が含まれています、今回もタイトルになっている「しゅららぼん」の意味ががわかるとつい力が抜けて笑ってしまうこと請け合いです。

ストレスの多い方はこれを読んで肩の力を抜いてみてはいかがでしょうか。

という事で「偉大なる、しゅららぼん」お勧めです。














テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

「後巷説百物語」 京極夏彦・作

夏と言えば怪談という訳ではありませんが今回読んだ本は「後巷説百物語」です。

夏とはいえもうすぐ終わりですが・・・

相変わらず京極夏彦の作品は鈍器のような分厚さの本でしたがとても面白かったです。

この本は京極夏彦の「巷説百物語」シリーズの3作目の本になります。このブログには書いてませんが一応順番に読んでいての3作目になります、そしてどの本ももれなく鈍器のように分厚い。

でも面白いので読むのはやめられません。

分厚い分厚いと書いてはいますが内容は結構読みやすいです、短編方式になっているので短い話をそれこそ百物語を聞くように読めるのでそこまで苦痛には感じませんでした。

とは言え一話一話は他の短編集に比べたら一話は長いんですけどね(笑)

「世に不思議なし、世、凡て不思議なり」

と言う言葉がこの小説に出てきます。

まさにこの言葉がこの小説の全てを語っていると言っても過言ではありません。

とは言えこの小説を読まないとこの言葉の意味はわかりません。

実を言うと百物語とタイトルになってはいますがそんなに怖くはありません、そして妖怪小説ですが妖怪は出てきません。

しかし、単純な「正体見たり枯れ尾花」って感じでもなく安易に一番怖いのは人間だと結論付けている訳でも無いのです。

この小説は分厚く長いですが長いなりに理由があって読めばそれがわかると思います。

ストーリーは山岡百介と言う小説の戯作者が語り部。百介は全国の奇譚話を集めるのが趣味でその旅の途中で又市という詐欺師に出会い妖怪事件に巻き込まれた所から話は始まります。

このように語り部の百介が又市の仕事に巻き込まれ出会った事件を語るという形式で話は進んでいきます。しかし最初のシリーズ「巷説百物語」と「続・巷説百物語」はそんな形式なんですが。

今回読んだ「後巷説百物語」は時代は変わり江戸時代から明治になり。前作シリーズの語り部だった百介は東京のはずれにある不思議な話を知っている御隠居老人として登場します。その御隠居老人を頼ってくる矢作剣之進らが語り部になって話が展開されていきます。

どちらかと言うと「後巷説百物語」は話の時代が変わった事によって妖怪という概念も変わっていってそれが物悲しくそしてそれが時代が変わるということなんだと表現されていて前シリーズとはまた違う切り口で少し哀しい気持になりました。
でも最後の短編は少ししんみりしつつもなんだかほっこりするラストで了読感はとても良かったです。
この小説の面白い所は実際にある文献を元に作られているらしくとてもリアルに出来ている所です、実際にあったんじゃ無いかと一瞬信じてしまいそうになる精密さです。

というかこれだけ昔の事をよくこんなに調べられるなといつも感心してしまいます。

そして先ほど書きましたがこの小説は妖怪小説ですが妖怪は出てきません。

しかしこのシリーズに限らず京極夏彦の本の文章量を考えると一番妖怪っぽいのは作者の京極夏彦なんじゃ無いかと私は疑わずにはおれません。

実際何かの雑誌で読んだのですが先生は一つの作品を書き上げる間トイレも食事も睡眠も取らずに執筆するそうです(本当かどうかはわかりません)。

・・・どう考えても人間技ではありません(; ̄ェ ̄)

私なんかこの短いブログを書くのに2~3日かかる時もあるっていうのに・・・(^◇^;)まあ、私が遅すぎるということもあるとは思いますが・・・ε-(´∀`; )

このシリーズはあと一作出ていて中心人物である又市さんの若かりし頃の話だそうです。読むのが楽しみです。

最初に夏と言えば怪談と書きましたが、どちらかというとミステリーよりなこの作品。

これからの秋の夜長にぴったりだと思います。「巷説百物語」シリーズいかがでしょうか?

妖怪が書いた妖怪の出てこない妖怪小説(笑)!オススメです。






テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。