本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さよなら妖精」 米澤穂信・作

今回紹介する本は「さよなら妖精」はこの間読んだ「王のサーカス」のシリーズの一番初めの小説です。

シリーズと言いましたが「王のサーカス」は「さよなら妖精」のスピンオフなのでシリーズと言っていいのかわかりませんが。

王のサーカス」は今回紹介する「さよなら妖精」に出てきた登場人物の一人を主役にした小説なんです。「さよなら妖精」では脇役なのですが探偵役のような立場だったので「王のサーカス」で主役になるのは順当とも言えるかもしれません、それからこれの他にもこのシリーズは「真実の10メートル手前」という本も出ていてとても面白いのでお勧めです。

今回紹介する「さよなら妖精」はミステリです。

ストーリーはあらすじによるとーーー1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやってきた少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。そして彼女が帰国した後、おれたちの最大の謎解きが始まる。謎を解く鍵は記憶のなかにーーー。忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。

と書かれています、一応長編なのですが全編に大きくある一つの大きな謎を解く流れがあって、そして短編のように小さなミステリも散りばめられていてあまり飽きずに読むことが出来ます。

以前「王のサーカス」を読んだ時のブログでも書いたような気がするのですが「さよなら妖精」は何年も前に一度読んでいます。かなり前で何年前だったのか忘れたのですが正直、その時読んだ感想は「よく分からなかった・・・」でした。

大分前なので内容もほとんど忘れていたのですが、当時の私の印象はストーリーは分かったし謎解きも理解出来たけど、この小説は何を言いたいのか分からん、というのが私の感想でした。

特に他の米澤さんの小説はどれも面白くて好きだったのでこの小説だけ浮いたみたいに理解出来なかった事を覚えていました。

内容の謎よりそっちの謎を覚えてるって本読みとしてはどうかと思いますが、時間がたった今、読み直してみて良かったです。

面白かった!

改めて読んでみて過去に読んだ時の私の目の節穴っぷりをまざまざと実感することが出来ました。

あの時私は何もわかってなかったんやなと、むしろなんでわからんかったんかわかりませんが。でも今読んで理解出来たという事は以前より多少なりとも成長している事がわかって嬉しいです。

最近たまに昔読んだ本を読む事があるのですが、よく言われている事だとは思いますがーー以前気がつかなかったのに改めて了読していた本を読むと気付けたり新しい発見があったりして新鮮な気持ちで読めます。

でも逆になんでこんなしょうもない本を面白く読めててたんやろ?と思う事もあるのですが(笑)

それでもそれはそれで新たな発見ではあるし、ちょっとずつでも変化していってるのがわかるのは面白いです。

これからもちょくちょく昔読んだ本を読み返してみたいなと思いました。

話が逸れましたが、この小説は面白いです、正直そんなに派手ではありません、数年前に読んだ時も他の米澤作品と比べていたせいで特に地味でよくわからないと思っていたんだと思います。

でもそんな事なかったです他の小説と同じぐらい面白かったです。

昔、ある人に本はどのジャンルが好きなのかを聞かれてミステリだと答えた時。その人はミステリはあまりお好きではないと言われました。何故かと聞いたら、人が死ぬからあまり好きではないと言っていました。

私はその人にじゃあどんなジャンルを読まれるんですか?って聞いたらその人は戦争物を読むって言ってました。私はそれも人死ぬやん!って思ったのですが(笑)その人にとっては明確な違いがあるみたいでした。

その当時、私はそれが何かわからなかったんですが、色々考えてみて思ったのはミステリは人の死を軽く扱いすぎるからではないかと思っています。

まあもちろんミステリには色々あるので全てのミステリが人の死について軽く書いているわけではないでしょうが、どうしても殺した経緯とかトリックを解明する事が主題になります。

ミステリに人の死を軽く扱っている意識はないんだとは思いますし、需要があるからこそ書かれているんだと思います。

でも死をある意味エンターテイメントとして扱っているのも事実だとは思います。不謹慎ではありますがでも読んでしまうんですよね(⌒-⌒; )

だから苦手という人の意見はわかりますがそれでも今後も読む事は止められないだろうとも思います。

でもミステリのジャンルの中では人が死なないミステリもあるんです、日常の謎物がそうです。

今回紹介した本もこのジャンルです人が死ぬ描写はありません。

今ならその人にその小説を勧められるのになと少し残念です。

この小説はむしろ死について慎重で、読めば深く考えさせられました。

地味ですが静かにでも心に訴えかけるような内容で、読み終わった後も心に残る素晴らしい小説がでした。

世界ではテロだとかで人がどんどん亡くなっています、人の死に慣れてしまっているような気がします、この本を読んで改めて人の死について考えてみてはいかがでしょうか。

お勧めです。





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

「同居のルール」 ノーラ・ロバーツ・作 鳥居まどか・訳

ハーレクインというものをご存知でしょうか?今回読んだ本はそのハーレクインというジャンルの小説です。

ご存知の方もおられるかとは思いますが、一応説明すると。ハーレクインは外国が舞台の男女の恋愛を扱った外国の小説です。

ウィキペディアによるとーーハーレクイン・エンタープライズ(英語:Harlequin Enterprises Limited)は、カナダ・オンタリオ州トロントに本社を置く出版社である。女性向け大衆恋愛小説の火付け役として世界的に知られている。ハーレクインとは、フランス語で道化師を意味するアルルカンの英語読みであり、社のロゴやハーレクイン・ロマンスレーベルの書籍にはピエロの衣装に良く使われる菱形があしらわれている。

・・・調べて初めて気づいたんですけどハーレクインってレーベルの名前やった!なんかずっと1ジャンルやと思ってた・・・

ちゃんと調べてみるものですね(´∀`*;)ゞ

しかも道化師の意味があるとか初耳でした。勉強になります。

しかし恋愛物を扱ってるのに道化師ってどういう意味なんでしょうか?外人しかわからんジョークかなんかなんでしょうか?

恋は盲目とも言いますしはたから見たら恋愛って滑稽でアホみたいやでってことなんでしょうか?

まあ確かにそうかもしれません、ハーレクインに書かれている内容は男女が結構どうでもいいことで右往左往してます。

でも私はハーレクインを読むのが結構好きです、たま~に読みたくなります。

ハーレクインは色々良い点があります。

まず絶対って言っていいほど、ハッピーエンドです。少なくとも私が読んだハーレクインでバットエンドはありませんでした。

そしてよく外国の小説が苦手という人がよく言いがちな名前が覚えられないという問題ですが、ハーレクインに関しては主人公とその相手の名前さえ覚えておけば内容は完全に把握できますので頭を空っぽにして読んでも楽しめます。

それに舞台はだいたい遠い外国なので、ちょっとした旅行気分も味わえますし日常の嫌な事を関連して思い出す事もなく内容に没頭できます。

本の内容は基本歯茎が浮きそうなぐらい甘い恋愛話なので、頭使って疲れた時にはお菓子ではなくハーレクインがお勧め、読めばお菓子要らずでダイエットにもなります。

最近私も夏の暑さに負けて夏バテなのかわかりませんがハーレクインを読みたくなりました。

いやー今回のハーレクインも見事に甘いお話でした。

今回紹介する本「同居のルール」は一応現代物です、一応と言ったのはこの小説には携帯電話もPCもありませんが車や電話はあるといったとても中途半端な現代だからです。調べてみたらこの本の出版は2005年なのですが内容は一度、違うかたちで刊行されていてそれは1988年だそうです。

日本で初めて出たのがその年なら外国で出版されたのはもっと前です。という事はこれが出版だれた時は現代だったというわけです。まあだから一応現代物というわけです。

そして内容ですが、主人公は女性です、しかし今回読んだ本は男性の視点でも交互に書かれているのでどちらかというと2人が主人公と言ってもいいかもしれません。ちなみに男性の名前はマイケルです。
発端は主人公パンドラの親しくしていた叔父の死から始まります、その叔父さんは資産家で物凄い金持ちだったんですが。その叔父さんが死んだことで莫大な遺産が残ったわけです。
遺言書には親戚であるパンドラとマイケルに全て残すと書かれていました。
その代わりパンドラとマイケルは6ヶ月一緒に住まなければならないという条件が付いています。
パンドラはお金に興味はないけど叔父さんが大切にしていたお屋敷を嫌な親戚に渡したくないということでマイケルと一緒に生活をすることにします。
さて2人は一体どうなっていくのか・・・・

といった内容です・・・まあ想像はつくかと思いますが、パンドラとマイケルはくっ付きます、いつもは絶対に小説のオチを書かないようにしている私ですが今回は言っちゃいます。くっ付きます!

ハーレクインに限らず恋愛物でよくあるパターンだと思いますがパンドラとマイケルは最初はとても仲が悪いです、お互い相手の事が嫌いです。

最初から喧嘩します、そして一緒に生活するうちに段々お互いの事を意識します。さっき喧嘩してたのにいきなりキッスしてたりします。

あるあるよくある!

それで色々誤解しあいながら喧嘩しあいながら誤解を解いて仲直りして2人で危機を乗り越えてハッピーエンドです。

本当によくあるパターン!

この水戸黄門的よくある感がいいんですよね~本っ当に頭空っぽにしてても読める!

でも三冊くらい立て続けに読むと流石に飽きてくるんですけどね(笑)

でもまた読みたくなるんですよね~

もし読んでみたいけどどうやって選べばいいかわからないという方もおられるかもしれません、ハーレクインの小説はアホほど出版せれてますから。

そんな時は今回紹介したノーラ・ロバーツさんお勧めです。

私もそんなにたくさんハーレクインを読んだわけではないですがその中でもノーラ・ロバーツさんの小説はあまりクセがなくて読みやすくてお勧めです。

作家さんによって男の好みがガッツリ出すぎてあんまり合わなかったとかがあるんですが、ノーラ・ロバーツさんはいい意味で特徴が無いというかソツがないというか誰にも嫌われないキャラクターとストーリーを作るのが凄く上手いんです。

それはもう職人と言っていいほどです。

私は小説は結構数々読んでますがやっぱりどうしても書き手の個性が出てしまう物なのです、しかしノーラ・ロバーツさんの小説はそれがあんまりないんです。

個性が無いのが個性って感じです。

万人に好かれそうな話を上手いことバランス良く書かれていて安心して読めます。でもちゃんと緊張感漂う展開があって今回紹介した「同居のルール」は嫌な親戚が命に関わる嫌がらせをしたりとハラハラさせる所あったりして最後まで飽きさせないんです。

なのでもし本を選ぶ時迷ったらノーラ・ロバーツさんがお勧めです。

他にお勧めはリンダ・ハワードさんですかねこの方も文章が安定しててストーリーもソツが無い感じが安心して読めます。

ストーリーはワイルドな感じに寄ってるかもしれません。

ハーレクインを読んでも特に教訓を得たり勉強になる事がある訳ではありませんが、最近暑くなって夏バテも心配な季節です、箸休めに甘い恋愛物いかがでしょうか?

ハーレクインお勧めです。






テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

「トンデモ本の世界 X」 と学会・作

今回紹介する本はタイトルからもわかるように世の中に出版されているトンデモない本を紹介した本です。

本を紹介する本を紹介するという、なんだかややこしい事になってますが良かったら読んでください。

私がこの本と出会ったきっかけは山本弘というSF作家さんがきっかけです、山本弘さんの小説が面白かったので他になんの本を出しているのか気になって調べたのがきっかけです。

ちなみに山本弘さんはこの本の著作であると学会の会長さんです。

一応説明するとと学会というのはトンデモ本をはじめ、現代にはこびる数々のトンデモ物件をウォッチグする趣味の団体なんだそうです。

トンデモ本の世界はシリーズになっていて私はこのシリーズを読むのは多分三冊目ぐらいじゃないかと思います。

面白いし勉強にもなるのでなんだかんだと機会があると読んでしまいます。

詳しくはウィキペディアなんか見て頂くと分かると思います、実は今回、初めてウィキペディアを見たんですけど思っていたよりトンデモ本はシリーズが出ててびっくり、しかも会長の山本弘さんはもう学会を退会されているそうです・・・・なにがあったんや・・・:(´◦ω◦`):

・・・まあなにはともあれ色々あるようです。

そんなこんなで今回読んだ本「トンデモ本の世界 X」は楽工社から出版されたもので、色々なジャンルから本を選んで紹介しています。第一章はベストセラー&誰でも知っている有名人の本とか第二章は陰謀系といった感じです。

この本で最初に紹介されている本は石原慎太郎が昔出された「スパルタ教育」という本です。

折しも東京都知事選挙が始まろうとしているところで元東京都知事の本が紹介された本を読むなんてなんて素敵な偶然でしょうか。

石原慎太郎さんは発言が過激でよく批判もされていて昔書いた本を出してきて揶揄されたりしていたのでこの本の事もなんとなく知ってはいました。

けど実際紹介されている内容を読んでみるとけっこうな内容でびっくりしました。
たとえば、「いじめっ子に育てよ」とか「子供に酒を禁ずるな」とか「子供に、戦争は悪いことだと教えるな」とかです。

あとドン引きしたのは「母親は、子供のおチンチンの成長を讃えよ」って内容です、母親は実際にそこに触って成長を確かめるべきだと書かれているそうです・・・

・・・・うん・・・キモイ・・・なんかこれだけ読む石原さんは変な性癖か変なトラウマでも抱えてるんじゃないかと心配になってきます。

まあとはいえこの本は1969年に出たものですし、この時代ではちょっと過激で面白いぐらいだったのかもしれません。しかも推薦文を書かれたのは三島由紀夫さんらしいです・・・なんか納得・・・σ^_^;

その他には「食卓の向こう側」という本などがあります、日本の食文化の変化に警鐘を鳴らしているって感じの本です。

昔、「買ってはいけない」という本で味の素は身体に悪いと評判になって一時期話題になりました。あの時私はそうなんだ!と思って信じてしまったのですが、後になって味の素で体を壊そうと思ったらかなりの量の味の素を摂らないといけないと知ってびっくりしました。

私は本に書かれていることって割と信用性があるもんだと思っていたのですが。意外にデタラメだったり載せてる数字を作者の都合のいいように選んで載せている事もあるようです。

たとえば「日本人の9割は病院で死んでいるから病院は危険!行ってはいけない」、と言われると病院怖い!って思いますが、病気になったり怪我をすれば病院に行くわけで、そうなると必然的に重病だったり大怪我だったら病院で息をひきとるわけですし。

それに年をとれば病気がちになって入院も多くなってそのままお亡くなりになる事もあるわけです、私の祖母も老衰でしたが、病院で亡くなりました。

そう考えると9割の人が病院で亡くなるのは当然でむしろ突然家で死んでたとか道に死体があるとかの方がびっくりするし怖いです。

っていうか事件です。

こんな感じで全ての事を書かずに作者の主張する説に有利な事だけを書いて、嘘はついてないよってスタンスで書かれているのです。

この本を読むとなにが真実なのか見極めるためにはどういった客観的な見方をするべきなのかという事を勉強できてすごくためになります、変な詐欺に引っかからなくなるかもしれません。

とりあえず、へ〜そうなんだと何回もいう事間違いなし。

ただ本に書いてある事は本当でない事があるよ主張しているとなると、この本自体の信憑性はどうなんだって事にもなります。

正直、私はそこまで知識が無いので絶対大丈夫とは言えないですが、それなりに信用性はあるとは思います。なんだったら両方の本を読み比べてみてさらに客観的な視点で見てみて個々人で判断して頂ければいいのでは無いかと思います。

他にも面白い本が沢山紹介されていて、実際に読んでみて確かめてみたいと思うものも沢山ありました。

例えば「幸福の科学」で有名な大川隆法の「宇宙人との対話」とか杉山徹宗の「平和宇宙戦艦が世界を変える」とかおもしろそうです。

「宇宙人との対話」は大川さんのところに降りてきた宇宙人の言葉を大川さんの口を借りて喋ったものをそのまま紹介した本なんだそうです。

そして「平和宇宙戦艦が世界を変える」は日本が頑張って宇宙戦艦を作れば世界は平和になるよっていう事を提言する本なんだそうです。

どちらもどっから突っ込んでいいかわかりませんが、具体的にどんな事が書かれているのかとても気になります(笑)

この本にはその本の一部が紹介されているだけなので機会があればぜひ読んでみたいなと思いました。

この本の著者はその時会長だった山本弘さん始め寳来誠さん皆神龍太郎さん唐沢俊一さん原田実さんなどが執筆されています。

他にもこんな本が出版されてるんや!と驚くような本も沢山ありました。出版されてる出版会社もあまり聞いた事が無いものばかりですし・・・っていうかこの本を出した出版社も初めて見た!
なのでちょっと変わった本が読んでみたいという方これを参考に本を選んでみてはいかがでしょうか。

お勧めです。









テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

「最後のおでん ああ無情の泥酔日記」 北大路公子・作

今まで、エッセイやコラムはそれこそ山のように読んできましたが、その中でも4本の指に入るお気に入りのエッセイ作家さんが今回紹介する「最後のおでん ああ無情の泥酔日記」の北大路公子さんです。

内容が面白いのもあるのですが。こんな風に文章が書けたらな~とブログを書くようになってから切実に思っています。

この本の内容は北大路公子さんが書いていたブログを単行本にしたものです、そして今回読んだ本はその単行本を文庫化したものです。

同じようにブログに書いてあるのに私が書いたブログとなんと違う事か。

本当に面白いんです。

正直こんな本の紹介ブログなんぞ読まず今すぐにこの本を買って読め!と言いたいぐらいです。

北大路公子さんの本は今までも何冊か読まさせてもらってますが。余す事なくどれも面白いなので今回紹介した本以外のものでもどの本もお勧めです。

そういえばこのブログを書きながら思い出したのですが、そもそも北大路公子さんの名前を知ったきっかけは新聞のコラムだったと思います。

内容は覚えてないのですが、そこには他にも沢山の方がコラムを書いているコーナーで、私は適当に拾い読みをしていたんですが、公子さんのコラムを読んでめっちゃ面白くて、この人誰!ってなって名前をメモして本が出てる事を知って、その後、この人の本を読むようになったんです。

本当に短いコラムだったんですがめっちゃ笑えて面白かった(それしか覚えてないのですが)文章が短くても笑えて面白いってなかなかすごい事です。

まさに一目惚れならぬ一読み惚れでした。

今回の本の内容は先ほど書いたようにブログなのですがどちらかというと日記のような感じです。

それも毎日ではなく切れ切れなのです。

そしてどれも面白い、本当に短く4行くらいで終わる日もあるのでとても読みやすいです。

しかし!気をつけなければならないのはこれを人前では読まないこと!絶対に笑っちゃいますから。

私は基本1人で家でニヤニヤしながら読んでました。はたから見ると完全に変な人です。

それぞれ書いてある内容は本当に何気無い日常です、おでんを作ったら作りすぎたとか、お酒を飲みすぎたとか、自動車税を払いに行く話とか、ビールを飲みすぎたとか、洗濯物らネギが出てきたとか、お酒を飲みすぎてサイフを落としたとか、なんだかほとんどお酒を飲みすぎた話のような気がしますが。まあだいたいそんな内容です。

内容は本当にありふれてます、たまに信じられない事も書かれていますが、概ね・・・うん・・・ありふれてると・・う~ん・・・言えなくも無い・・・って感じの内容。

でもそのありふれた内容が北大路公子さんの文章で書かれるとあら不思議めっちゃ笑えて面白い。
本当に不思議です、今回読んで改めてこんな風に文章が書けたらなと思いました。

さっきも書きましたがこんなブログ読んでる場合じゃないです、今すぐ北大路公子さんの本を買って読んで下さい。

お勧めです。




テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

「死神の浮力」 伊坂幸太郎・作

伊坂幸太郎「死神の精度」の続編「死神の浮力」を読みました。

前回「死神の精度」が出版されたのは2005年の6月です、私が読んだのは多分その年か次の年だったと思います。

なので10年か11年ぶりに読んだわけです。

もうお判りかと思いますが前回読んだ内容は、私ほとんど覚えておりません。

途中で映画化とかしてそれを見た記憶はあるのですが、金城武がかっこ良かったっていう記憶しか残っていません。(笑)

まあ、前回のは短編で続きものでもないですし、今回読んでみて前回読んでなくてもわかる内容ではあったので良かったですが。

それでも読んでみてああそういえばこんなだったな~って事が一杯ありました。

前回は短編でしたが、今回は長編です。

ストーリーはある小説家の子供が殺され、小説家がその復讐を実行しようとしているのですがそこに死神の千葉がやってきて、果たしてどうなるのかといったお話です。

ちなみにこの本が出版されたのは3年前2013年です。

割とアクションの割合が多くてハラハラドキドキスリル満点で、傾向としては「ゴールデンスランバー」とかに近い感じかもしれません。

小説に出てくる小説家の子供が殺されるという結構、重い内容なので、軽い物が読みたいと思っている方にはあまりお勧めじゃありません。

私も正直読み始めて結構な重さの内容にちょっと躊躇してしまった位です。

でも読んでみるとそれは最初だけで結構笑える所というか抜け感のある所があってだんだん力が抜けていくところが面白かったです。

そして死神は絶対に雨に降られるという特技(?)を持っているので梅雨という今の時期に読むのは雰囲気が味わえてちょうどいいかもしれません。小説の中ではほとんどずっと雨が降ってるという描写がありますし。なんだかジメッとした雰囲気。

私が読んでる時はほとんど雨でなんだかちょっとした4Dの映画を見たようでちょっとしお得な気分です。

そういえば全く関係ないのですが、最近雨でジメッとしているので色んなものがしけってしまったので、ネットで乾燥剤を484円で注文したんです。

最近は何でもネットで買えて便利やな〜と思ってたんですが、今日、100円ショップに行ったら乾燥剤100円で売ってました。

私、100円ショップで固まりました。そして買いました。

まあ、何というか100円ショップは便利やなって事と湿気はいろんな物を鈍らすね〜って話です。

話がそれましたが、この小説は家族の話でもあります、父ところ娘、父と息子の絆の話です。

読めば感動できる事間違いなしです。

お勧めです。




テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。