本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大世界史 現代を生き抜く最強の教科書 池上彰・佐藤優・作

出ました!

池上彰・佐藤優さんの対談本!

出てたの知らなくてうっかり一ヶ月ぐらい遅くなりましたが読みました!

最近は特にですがニュースの話題がコロコロ変わってひっきりなしに新しい事件が起こります。

なのでこの本を読むのが遅くなったのはかなり残念でした時事を扱ってますからね新鮮なうちに読みたかったです。

まあ、でも逆に1年後とか10年後に読んでも面白いかもしれません、その時世界どうなってるのか答え合わせの感じで読んでも面白いし、どう変化したのか比べても面白いです。

そうでなくてもこの本はためになるし歴史の事を扱っているので勉強になります。

しかし、今回はかなり難しかったです:(´◦ω◦`):、まあ私の頭ではしょうがないです(○´・Д・`)ノ。

特にイスラム国の事を扱った章は前回、お2人の本で扱っていた時よりややこしくなっていて難しかったです、でもイスラム国あたりの話は専門家でもややこしくて訳がわからないことになっているらしく池上彰さんも佐藤優さんも全貌は把握できていないようです。

こんなに頭のいい人でも分からないなんてどんだけややこしいのか、それすらも想像できませんが。

そう聞くと私が分からないのもしょうがない!

ということで私のわかる範囲で説明、ゲフンゲフンいや読んだ感想を書きたいと思います。:(´◦ω◦`):

正直、本の内容は多めに見積もっても半分くらいしか内容を理解出来ませんでしたから、説明なんておこがましいです。(T_T)

この本の内容はタイトルにもあるように世界史を扱っており。歴史の視点からこの世界で起こっている紛争や戦争を解説しています。

まとめると世界は懐古主義的な流れになっていて、昔の栄光を取り戻そうという動きになっているようです。

イスラム国はかつてのイスラム帝国を復活させようとしていて中国は明王朝を復活させようとしているとのことです。

アメリカも強いアメリカを取り戻せって言ってトランプ氏が頑張ってます。でもトランプさんが大統領になったら怖いな・・・((´・ω・`;))

まあ、日本もよく考えたら、かつてバブルで崩壊してしまったあの高度経済成長期の頃を懐かしんで経済成長のためと安倍さんが経済政策三本の矢とか言っているわけですから、日本もこの流れに乗ってると言えなくはないのかなと。

そういえば関係ないかもしれませんがテレビ番組とかでもネタがなくなって初心に帰るようなネタにしたりすると、その番組は終わったり視聴率が悪くなったりすると誰かタレントさんが言ってたのを思い出しました。

まあ、こんな事と比べられることではないかもしれないけど、なんとなく世界が行き詰ってどうしようもなくなっているような気がします。

結局のところ全部壊してまた作り直さなくてはどうにもならない・・・とかにならなければいいですけど・・・

そして他には歴史から学ぶことも大事だと書かれています。

何年に何が起こっただけではなくどういった流れでこの事件が起こりどういった事が発端で戦争になっただとかその流れを知っていれば今後何か起こっても対処できますよと書かれています。

私は勉強は苦手でした、特に暗記ものの歴史は苦手でした、でもこのお2人のお話は分かりやすく、こんな風に説明してくれたら歴史の授業ももっと楽しかっただろうなと思いました。

本読むのは昔から好きだったし歴史も小説みたいにストーリー仕立てで教えてくれたよかったのにと思ってしまいます。

まあ、今更言ってもしょうがないですが(笑)

で、お2人は最後にこれからの教育についてもおしゃっていて、勉強はいろいろな分野特に今すぐに役に立たなそうな分野こそ勉強するべきだと言いていました。

それは長い目で見ると絶対に役に立つのだそうですが、今日本ではそれとは逆の方向に向かっていて、大学などでは人気のない学部はなくなっていっているらしいです。

それを聞くと本当に怖いです、教育がダメになっていくと国自体が何も発展しなくなっていくし、基本的な知識がちゃんとないと選挙でも正しい考えで政治家を選ぶこともできなくなっていきます。

そうすれば余計に選挙に行く人も少なくなっていってそのうちとんでもない事になりかねません、なんせヒトラーは選挙で選ばれているんです、しかもその当時、国の選挙率はとても低くなっていたらしく、一部の偏った考えの人たちが沢山投票してナチスが生れたのです。

・・・そしてあの悲劇につながる。

将来日本が同じ道を歩む事だけは避けたいけれど、こんなことを聞くといつか日本も同じ事をしてしまうんじゃないかと不安になってきます。

こんな、事を繰り返さないためにもこの本を読んで、色々考えてみた方がいいかもしれません。




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

「夢を売る男」 百田尚樹・作

この本、百田尚樹・作「夢を売る男」の凄いところは、この本を出版した出版会社だと思います。

なんせこの小説は完全に出版業界に喧嘩売ってますから。

この小説は短編形式になっていて牛河原という編集長が働く丸栄社が中心になって話が進みます。

この牛河原はほぼ詐欺紛いの事をして一般人に法額な値段で本を自費出版させて儲けています。

最初は丸栄社の新人賞にノミネートされたけど惜しいところで逃しましたと投稿者に言い、少しお金を出せば出版できますよと持ちかける。

牛河原はそれと同時にその本を褒めちぎるんです、そうするとそう言われた人はそれに乗せられてお金を出してしまうんです。

それはもう鮮やかな手口で口八丁手八丁で色んな手を使ってお金を出させるのです。他にも色々な手口で素人の方からお金を引き出します、本当に上手いやり方でよく思いつくなあと感心してしまいました。


そういった中でそんなこと言っていいのかと思うぐらいの出版業界のウラ話を暴露していくのです。

正直これだけ読んでも面白いしいざとなったら騙されない知識を仕入れられるのでそれ目的で読むのもありだと思います。

それにしてもここまでよく書くなと思うぐらい色々書いてあって本当にびっくりしました。

正直少し露悪的すぎる感じではあるのですが、本好きでそれなりに本を読んできた人間にとっては心当たりのある事も多く、やっぱりと思ってしまう所も多々ありました。


ちなみにこの本を出した出版社は幻冬社です。

いやーでも読んでいて色々納得してしまう所もあって。

最近の若者の本離れの理由とかネットでのブログとかSNSの氾濫で実は自己主張したい自尊心の強い人間が意外に日本人に多いんだって事とかはなるほどと思いました。

確かにブログとかツイッターなんかを見ればなんか自分の意見を言わずにおれない人は多いし、かと言ってそれをちゃんと読んでる人がいるのかといわれると疑問だ、まあ読んでる人はいるとは思いますが少なそうだなと。

この本に出て来る人は色々います、根拠のない自信に溢れた若者とか、意識高い系の主婦とか金と暇を待て余した老夫婦とかそこらへんに溢れていそうな人達が出てきます、なるほどこういった人が騙されるんだなと納得できます。

それにブログとか新聞の広告に本出しませんかっていう文もたまに見ます。

このサイトにもブログ書籍化出来ますのボタンが付いていて、これは完全に自費出版の形で本の内容のような騙してる感じではないですし割とお手頃なのですが、このボタンがあるという事はやっぱりそれだけ本にして形にしたいって人が多いんだろうなと思いました。

正直本を読み始めあたりはこんな事で騙されるなんてアホやなと思っていたのですが。

この本の中でブログで本の書評を書い書いているブロガーをだまくらかして自費出版させようとするくだりがあるのですが正直私もこういったブログを書いている身としてはしては本を出したいとかは思っていないのですが同じ手を使われたらきっと騙されてお金を出してしまうだろうなと思いました。

そう思うと私にも結構自尊心とか自己主張とか自己顕示欲とかあるんだと思いました。

正直この本を読んで幸せな気分にはなれません、最後に少し救われるところがあるのでそこまで後味は悪くないのですがそれでも出て来る人間がことごとく嫌な人間しか出てきません。

でも読み始めると次はどうなるんだろうと気になって読んでしまいます。

そこらへんは元々テレビで仕事されてたという事でやっぱり人の注意を引くやり方をご存知なんだなとその上で人の露悪的な所もよく表現されていて面白く、さすがだと思いました。

なのであまり強くはお勧めはできませんが(笑)面白い事は確実です。

気になったのなら読んでみてください。

あと本の帯にも書いてあったのですが、一度でも本を出したいと思った人は読んではいけないと書書かれてはいますが私はむしろ読んだ法がいいと思いました。

一回これ読んで頭に冷水を浴びておいて現実を見ておいた方がいいですね。

それでも本を出したいと思たらそれはかなり本気だって事なので、この本を読んで諦めるら、その気持ちはなその程度だったってことで、いい基準になると思います。







テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

「蘇る変態」 星野源・作

星野源なんかムカツク(♯`∧´)

歌手でシンガーソングライターでめちゃめちゃ売れてるのに、俳優さんとしても演技うまくて評価もされてて日本アカデミーで新人賞とかもらってるし。

その上文章を書くのも上手いなんて!!本書の中で本はほとんど読まないとか書いてあって更にムカツキます。

しかも最近は二階堂ふみちゃんという可愛くて若い女の子と付き合ってるらしいし(ワイドショーで得た情報)!

羨ましい!!

私は今、妬みと嫉みと僻みの気持ちで一杯です。

いや勿論、本人がすごく頑張って努力して得た結果だというのはわかっています。

今回読んだ本「蘇る変態」を読めばそこらへんの事も書かれていて、本当に苦労しながら音楽を作っているというのがわかります。

特に動脈瘤で死にかけたところなんかは本当に大変だっただろうなと思うし、それを弱音も含め赤裸々に書れていてそれは凄いなと思いました。

それでもやっぱり羨ましくてムカツク、努力してもこれだけの事をするのは難しいと思うので。

まあ、自分がこれだけ努力しているかと言われるとそんな事は全然ないのですが_(:□ 」∠)_

そういえばさっきウィキペディアで名前を検索してみたら映像ディレクターもしていると書かれていました!

なんやねん!

うっかりあんまり酷い目にあってしまうのは気の毒なので、ちょっとした不幸に見舞われればと思ってしまいました。

骨が折れない程度にタンスの角に小指をぶつけるとか、脇がいきなり臭くなるとか。ちっさいハゲが一杯できるとかそんな感じの不幸が降りかかればいいのに!(*`へ´*)

そして何が一番が立つかと言われると、この本が面白かったので他の本も買ってしまうやろうという事です。

やっぱり・・・ムカツク

でも買うけど!!

カップ焼きそば食べようとして麺を全部シンクに落としてしまえばいいのに!

と、まあ星野源の事を色々言いましたが本自体はとても面白いです。

日常的な事や仕事の事を星野源さんの独特な目線で書かれています。

それはとても共感できて、星野源さんの事を知ってても知らなくても楽しめる事は間違いないです。

笑えるところも沢山あって仕事場で読んでいたら何笑ってるん?って言われてとても恥ずかしかった!

ただ下ネタがダメな人はちょっと注意です。

おっぱいやAVについて熱く語ったり私は大丈夫でしたが、過去に付き合った彼女との特殊なプレイとか細かく描写していて書いてもいいのかな?と思わず心配になってしまうような事もありましたので。

タイトルも「蘇る変態」ですし。

私はめっちゃ笑いましたけど。

あとラストについている作者近影の写真とかふざけすぎです、思わず噴き出してしまいました。

でも辛いであろう闘病生活の回でも笑える箇所が沢山あってそれは本当に凄いなと思いました。

そういう時でも笑える事を考えられるというのは並大抵の事ではないと思うので。

そういえばスティーヴン・キングの本に書いてあったのですが、文章を書くのはある種のリズム感がいると書かれていました。そう考えるとミュージシャンの星野源さんが文章を書くのが上手いのがわかりますし、私の文章が下手くそなのも納得がいきました。

本っ当に・・・・ムカツク

歌手で俳優もしてて下ネタも言えるってお前は福山雅治か!

常に眠そうな顔してるくせに!ムカツク



でも本は面白いです。

お勧めです。

「蘇る変態」星野源・作 マガジンハウス





テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

「ダンジョン飯」のTシャツを作ってみました。その五

「ダンジョン飯」のTシャツを作ってみました。その五


「ダンジョン飯」のTシャツを作ってみましたも五回目になりました。

ここまでお付き合いいただいた方ありがとうございます。

私はマンガ読みながらTシャツ作ってたのでただただ楽しかったです。

しかも好きなマンガなので本当にだた遊んでるだけだったとも言えます。

皆さんもぜひ好きなマンガのキャラクターを使ってTシャツを作ってみて下さい。

それでは最後の仕上げとして作ったTシャツを実際に着てみたいと思います。

IMG_1391 (480x640)


いかがでしょうか?

これならちょっとしたアメコミTシャツに見えなくはない!

IMG_1393 (480x640)

ギリギリ外に着ていける!

IMG_1395 (480x640)

マルシンも大丈夫って言ってくれてるようですね、え?違う?

IMG_1396 (480x640)

IMG_1397 (480x640)

センシもふわっふわっです。

IMG_1398 (480x640)

それにしても3巻はまだですか?3回目ですが大切な事なので何度でも言います。

3巻はまだですか?

続き早く読みたいです。

こんな感じで好きなエネルギーをTシャツにぶつけてみませんか?

一回描いてみたいというかた是非クラフトワークスKyotoの布用絵の具をよろしくお願いします。

IMG_0163 (640x480)


マンガを読むのは楽しいですが描いてる時も案外楽しいものです。



それでは「「ダンジョン飯」のTシャツを作ってみました。」はこれで終了です。

長々とお付き合いいただきありがとうございました。(^∇^)ノ


テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。