本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「教団X」 中村文則・作

今年、2015年流行語にもなった「火花」を書いた又吉直樹が・・・・・・

番組で絶賛していた本「教団X」 中村文則・作を読んでみました!!

へへ、検索率を上げるために今年話題になった事を書いてみました。

それにしても又吉さん凄いですね・・・「火花」の前にも出したはった本は何冊か読んでて面白いなとは思ってたのですが、こんな大物になってしまうとは。

今年も色々ありました。

そして色々本を読んだものです。

ここにブログとして書いただけでも今年は39冊読みました。

そして今回がおそらく今年最後の本になりますが、今年最後に凄い本に出会ってしまいました!

面白そうだとは思っていたし期待もしてました。

分厚くて読むのが大変そうだとは思いましたが、今年最後だしと思ってよし!と思って読んでみたのですがこれは正解でした。

なんというか面白いというより凄い本でした。

ストリーはある二つの宗教団体が舞台、そこに集う色々な人間が己の暗い過去を抱えそこにあらゆる思惑を交差させ、最後には警察や公安、テレビ局まで巻き込んで日本を揺るがす事件に発展する、といった感じのお話。
群像劇なので一言では言いずらいですが、でも読みにくいとかそういう事は無かったです。

芥川賞を取られた作家さんの本なので難解なストーリーだったらどうしようかと、以前読んだ純文学はストーリーもよくわからない物があったので、心配だったのですが。難しいところはありましたがストーリーはエンターテイメントと言っていいくらい面白かったので一安心です。

むしろ一回読み始めたらなかなか止められないくらいスリリングで面白かったです。

内容に関しては最初から途中くらいまでこの本の印象は「ソフィーの世界」に似てるなということです。

あの本は哲学の事をストーリー仕立てで読ませて書いた事で人気になった本です。

私が読んだのは大分前で内容はほとんど覚えてない、っていうか読んだ当時もほとんど内容は理解出来なかったですけど。(笑)あと本の分厚さも似てます「ソフィーの世界」は本当に読むのが大変だった・・・「ソフィーの世界」で覚えてるのはそれくらいですね。(笑)

そしてこの本はというと宗教の事を色んな角度からそれこそ歴史からなぜ人は宗教を必要とするのかとか、説明してくれていてそれだけでも凄く勉強になりました。

それでも、二つの本に共通して「我思うがゆえに我あり」って言葉が書かれていて宗教と哲学は似ているのだなと思い。そう思うとこの本の内容は哲学的と言えなくない、いや哲学の事を言っているのだなと思った。

「神は死んだ」と言った哲学者がいたようにこの本でも神の存在について懐疑的な意見もありましたし(否定はしていません)、仏教はほとんど哲学に近いなと思いました。そしてブッタって凄いんだなと改めて思い知らされました。

最近は漫画「聖☆お兄さん」のお陰でなんだか繊細で気の弱い面白いお兄さんみたいな印象が強かったので(笑)

改めて、生きるという事と人の人生が意味のある事なのかとか、運命という物が本当にあるのかとかも考えさせられました。まあこんな事考えても答えなんて出ないし考えたところでどうにもならないのかもしれないけれどそれでも考えずにはいられないなと思い。

そしてだんだん終盤になってくると人生とは全ての事は決まり切った事として決まっているのか、それとも運命とは個人の力で切り開くものなのか、という問いになり、登場人物達は何かに操られるように最悪のシナリオに突入していくのです。

よく考えたらこの小説の登場人物にとっては作者が神でありその作者は世界を操りつつ、私たちに人生とは物語なんだと言い、そしてその書かれた世界を私たちが読んでいてまるで入れ子のような構造になっていて思わず夢野久作の「ドグラ・マグラ」を思い出しました。

そういえば登場人物達がたまにメタ的な発言をする事があって、なるほど作者は自分を神に見立ててそれでこの世界を作り、そして物語を紡いでいるのだなと思いました。

すいません、なんかごちゃごちゃしてますね・・・自分でも何が言いたいのか分からなくなってきました。(´∀`*;)ゞ

とりあえず、この本を読んでいると本当にくるくる目が回るような気分になる事があって例えば人間の意識の事について書かれたところでは、意識の事を考えていると一体自分とはなんなのか自分がどこにいるのかが分からなくなってきて、いっしゅん目眩さえ覚えてしまいました。

なので、この本は読むだけでもジェットコースターに乗っているかのような感覚になれて、年末で忙しくて遊びに行けないという人にもオススメ、とても面白かったです。

宗教とか脳科学、物理、果ては量子物理学の事にまで話が及ぶので難しいところもありましたが、ストーリーは面白くそして今、世界で起こっている問題にもリンクしているところが多々あるので考えさせられました。

世界の貧困や宗教、紛争、経済、色んな物が絡まりあって語られていて、この本こそ今読む事が大事だとも思いました。

今テロをしている人達や政治家の人達にも読んでほしい。そしてどう思うのか聞いてみたいとも思いました。

何はともあれこの本は今年読んだ本の中では最高の部類に入りましたし最後に読むのにふさわしいと言える本です、是非他の著作も読んでみたいと思いました。

正月にテレビを見るのも飽きて来た時には是非読んで欲しい一冊です。( ´ ▽ ` )ノ

ではまた来年よろしくお願いいたします。

良いお年を。


「教団X」 中村文則・作 集英社








スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

「池上彰の『ニュース、そこからですか!?』」 池上彰・作

今年もあと半月をきりました。

ということでテレビでも今年のニュース総集編とかが始まる時期です。

これは私は結構好きで、毎年見てしまいます。

今年の一月のニュースなんて忘れてる事が多いですからね。そういえばこんなことあったな~と思って楽しいのです。

そして今回読んだ本は「池上彰の『ニュース、そこからですか!?』」です。

ただこの本は2012年発売の本なので今年のニュースの事を書いている訳ではないのです。

でもニュースの基本を教えてくれているので今読んでもとても勉強になります。

中国の尖閣問題は今は東シナ海の問題に繋がっていますし、アメリカのテロ問題やアラブの春がどうして起こったかの根っこにも触れていてこれが後々イスラム国のテロ問題に繋がるんだな~とか。

今だからこそ読んでよかったなと思いました。

ギリシャのデフォルトのところとか日本経済のところは正直読んでるだけで頭が痛くなりました。細かい数字を出されるとどんなに丁寧に教えてもらっても脳みそが拒否する・・・

それでも丁度この本を読んでる時にアメリカがゼロ金利政策を解除したというニュースが入ってきて、あ!これ本で読んだとこ!と進研ゼミの漫画に出てくる登場人物みたいなことになりました。(笑)

本ではアメリカが政策として打ち出したゼロ金利政策について詳しく説明してくれてます。

それにともなう日本の影響とかも説明してくれているのでとても面白かったです、私の生活に直接関係してくるのはだいぶ先だとは思いますが、このニュースは結構重要なのではないかと思います。

そういえばこの本とは関係ないのですが、小保方晴子さんが提唱していたSTAP細胞がアメリカの誰かが再現したらしいってニュースがネットだけなんですけど流れてて、嘘か本当か分からないんですけど。テレビではそんなニュース全く流れてなくてどうなのかなと。

まあそう簡単に不確定な情報を流せはしないからしょうがないでしょうけど、でもこの先本当にSTAP細胞があったとしたらどうするんだろうと気になりました。

ある意味あの過激な報道で人が一人死んでるんです、報道の恐ろしさを感じたニュースではありました。

この問題がこの先何年かたった時どんな決着を迎えるのか気になります。

それに報道がこの問題に対してどんな反応をするのか楽しみもです。

それにしても今年も色々ありました、今年の一文字はは「安」だそうです、世界のテロ問題はどこか他人事でしたが安保法案が決まったお陰で安全は高まったかもしれないけど、その分無関係とは言えなくもなったなと思いました。

まあ、そんな事言うから平和ボケとか言われるんでしょうけどね。

とりあえず、この本を読んでいると今年あった事も色々思い出せるしニュースの基本が勉強出来るので今年だけじゃなく来年も読んでもまだ有効だと思うので是非読んでみて下さい。


「池上彰の『ニュース、そこからですか?』」 池上彰・作







テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

「どろんころんど」 北野勇作・作

この小説は児童書です。

福音館という出版社から出ているので知っている人は少ないのではないかと思います。

しかもSFという、またマニアックなジャンルの作家さんである北野勇作さんの作品なのでかなり知名度は低いですが。

でも面白かったです。どんなジャンルの本でも面白い本は探さないと出会えないという証拠です。

私はこの作家さんの本を読むのは二冊目です、前読んだのは確か「メイド・ロード・リロード」というお話でした。

亀が探偵でメイドが出てくるお話です。

どんな話やねんと思われるかもしれませんが読めばわかります、亀が探偵でメイドが出てきますから。(笑)

それが面白かったので今回の本も読んでみたのです。

今回読んだのは小説「どろんころんど」も亀が出てきます、この作家さんは亀が好きなんですかね?

主人公は小さな女の子です、アンドロイドなのですが目を覚ますと世界から人間が消えていて、それで亀型ロボットと一緒に探しにいくというお話です。

全体の雰囲気は不思議の国のアリスと星の王子様を足して二で割ったようなお話ですです、特にアリスはかなり意識していると思います。

なんせ主人公はの女の子はアリスという名前ですから。

表紙の絵も可愛くで漫画家の鈴木志保さんのイラストで、それだけでも一見の価値ありです。

児童書なだけあって挿絵も沢山あり、それがまた文字やストーリーと関係し合っていてとても面白いです。

文字にもこだわりがあって例えば”ど”の字は”ご”に棒がブッ刺さったような一瞬読めないんですけど、よくみるとあ、”ど”だなとわかる変な表記になっていたり文章が斜めに切れて階段になったり。

他にも文章が解けてぐるぐる回ったりと読むという事をこんなに意識できる小説はなかなか無くて面白いです。

子供はもちろんですがこの本は大人が読んでも、いや大人にこそ読んで欲しい話になっています。

おすすめはお風呂に入りながらのんびり読むと良い感じだと思います。ヾ(o´∀`o)ノ

年末でお忙しい方にお勧めです。

「どろんころんど」 北野勇作・作






テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

「陽気なギャングは三つ数えろ」

出ました!!伊坂幸太郎の「陽気なギャングシリーズ」の三冊目が!

まさか9年もたってこのシリーズが出るとは思ってなくて、本屋で見つけた時は思わず店の前でガン見してフリーズして、そして即買いしました。

いやー嬉しいですね。

私はこのシリーズの一番最初の作品「陽気なギャングが地球を回す」を読んで伊坂幸太郎にハマったという経緯があるので余計嬉しかったです。

内容は相変わらず面白い4人の銀行強盗が事件に巻き込まれながらどたばたする話です。

陽気なギャング一味の天才スリ師久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追い詰められた!

事件も面白かったですが、やっぱりこの4人の何とも言えない掛け合いが絶妙で面白い。

ずっとこの会話だけでも読めます、なにも事件なんて起こらなくても大丈夫。

それでも、9年ぶりだからか少しだけ前より雰囲気は変わっている気がします。

まあ、私が読んだのもだいぶ前であんまり覚えてないので細かくどこが変わったかはぼんやり(笑)してますが。

また前のシリーズが読みたくなってきました。

そういえば映画も面白かったです、俳優さんもいい感じやったし、テンポも良かった。

ストーリーは原作とは違うところもあるけど二時間でストーリーをまとめるとなるとあれがベストなのではとも思います。

ただラストのあの結末は正直どうかと思いますけどね・・・( ;´Д`)

いや!悪く無いんですけどね、なんかね・・・伊坂ファンとしてはあまりスッキリしないというか。

まあ、いいんですけどね・・・ (´・д・) 

この小説の面白さは悪党四人がカッコよくてとりあえず痛快なところ。

勢いとノリの良さはロックを聴いているみたいでわーっていいたくなる。

でもそこには緻密に計算されたストーリーがあって、そこが凄いと思うのです。


なのでこのシリーズを読んだ事のない人はとりあえず「陽気なギャングが地球を回す」を読んで欲しいです。

直ぐにこの物語に引きずり込まれること間違いなし!!


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。