本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「壇蜜日記」 壇蜜・作

先々週、壇蜜さんの著書「エロスのお作法」を紹介しましたが。

今回も、壇蜜さんの本を紹介してみたいと思います。

先週が政治の本で固い感じだったのにこのカオスっぷりは自分でもどうかと思いますが。

壇蜜さんに挟まれた「動乱のインテリジェンス」の佐藤優さんと手嶋龍一さんはきっとよろこんでくれてると思います。(笑)

今回読んだ本は「壇蜜日記」、内容はタイトルそのまま壇蜜さんの日記です。

あまり内容と関係無いのですが、気になったのは帯のすみっこに書いてある[文庫書き下ろし日記]という文字

[文庫書き下ろし日記]?

文庫書き下ろしという言葉は聞いた事ありますが、[文庫書き下ろし日記]という言葉は初めて聞きました。

文庫書き下ろしはどこの雑誌にも連載していなく、いきなり文庫にする場合に使われます。

でも日記の書き下ろしって?

私はてっきりブログなどで掲載されている文書を書籍化したんだと思ってました。事実、アメーバで日記も書いておられますし。

あっ、アメーバの日記も面白いです、お勧めです→壇蜜オフィシャルブログ「黒髪の白拍子」

話をもどしますが、日記の書き下ろしですよ、日記は毎日書くものですし、どこにも連載していないのなら、この本は壇蜜さんが個人的に書かれていた日記を文庫化したということでしょうか?

だとしたら凄いことです、人が読む事を前提にするかしないかは結構文章に現れるものです。

私は人に見せない日記なんぞ書いていないのでわかりませんが、読ます気の無い文章を本にするのはかなり勇気がいる気がします。

壇蜜さんの懐の深さを思い知った気がします。

壇蜜さんはミステリアスで掴みどころが無い、この本を読んでそう思いました。

前々回に紹介した本「エロスのお作法」では壇蜜さんは男をまどわす魅惑の肉食獣みたいな印象だったのに、今回紹介する「壇蜜日記」の壇蜜さんは枯れた、干物女の様な様相です。

まず、日記に出てくる登場人物が少ない、ネコ、熱帯魚、ネコ、マネージャー、スタッフさん、ネコ、熱帯魚屋の店長、そしてネコ

ちなみに飼っておられるネコは一匹だけです。(笑)

後はお仕事お仕事、ネコを抱いて相撲観戦そしてお仕事。

そんな感じで男の影も無いのです、そして結構自虐的だし、すぐ落ち込んで世の中の人すべてに謝り始めたりします。

まあそんな壇蜜さんはかわいいな~と暢気な感想を持ってしまい、私こそ謝らないといけない気がしますが。

ちなみに、この日記は2013年から2014年の間に書かれた日記だそうです。

壇蜜さんは不思議な感覚の持ち主です、この本を読んで壇蜜さんの目を通して見た世界は不可解で不可思議ででも、ずっと読んでいたくなる、そんな本です。

そして前々回でも思っていた事なのですが、壇蜜さんは文章がうまい!こう書くとお前何様だと言われそうで恐縮のかぎりです確かに私の文章は酷いです、反省します。<(_ _)>

なにはともあれ壇蜜さんは実に多才な方だな~と思います。グラビアでもテレビのタレントさんとしてもハウツー本もそつなくこなされていて本当に素敵です、本人にとっては大変な事も沢山あると思いますが、頭で考えるだけの頭でっかちな人たち(私含む)より実際に行動に移して成功させているだけ、凄いと思います。

そんな壇蜜さんですが、この本にはちょっこちょこ愚痴や弱音もちらほらあったりして、そんな事もさらしてしまう壇蜜さんは凄く人間臭くてでもなんだか色気もあり掴みどころなさは半端ないです、壇蜜さんはいくつの顔を持っておられるのか、興味は尽きません。

これからも壇蜜さんの行動は注視していきたい所存です。



壇蜜日記 (文春文庫 た 92-1)壇蜜日記 (文春文庫 た 92-1)
(2014/10/10)
壇 蜜

商品詳細を見る


スポンサーサイト

「動乱のインテリジェンス」 佐藤優・手嶋龍一・作

先週は壇蜜さんの本を紹介して恋愛は戦争に近いと書きました。

今回読んだ本は実際の戦争を扱った本です。

世界の戦争は今や情報戦が主流です。

国同士のスパイ活動、情報分析それに伴う外交が全てを握るといっても過言ではありません。

インターネットが普及してその状況は加速しているといっても過言じゃないでしょう。

「動乱のインテリジェンス」はそんな外交のスペシャリスト佐藤優さんと手嶋龍一さんの対談本です。

手嶋さんはテレビにもたまに出ている割と有名な外交ジャーナリストです、知っている方も多いのではないでしょうか。

対して佐藤優さんはなかなかテレビには出てないので知らない方もおられるかもしれません。本人もテレビはあまりお好きではないらしく、私は一度だけ専門家としてコメントしていた映像を見たぐらいです。

でも佐藤優さんは一時期よくテレビに出ていたことがあるんです。

あのムネオハウスで有名になった鈴木宗男さんが逮捕された時に一緒に捕まってしまった外務省職員だった人です。

あの時は結構なニュースになっていたし佐藤さんもテレビに映っていたと思いますが、私は朧げにしか覚えてなくて、なんか人相見たら、かなりいかつくて確かにやってそうと思っていたのをうっすら思い出すくらいです。(−_−;)

しかし、佐藤さんの出された本、「国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて」を読んであの事件の裏側を知り、佐藤優さんのファンになり、そこから佐藤優さんの本はちょくちょく読ませていただくようになりました。

佐藤さんの本は比較的読みやすいのですが難しい本も多くてなかなか全部は読めないのが難点です。

この間読んだ「今、生きる「資本論」」はマルクスの資本論を分かりやすく解説した本だったんですが、勢いで買って読んでみたはいいものの、私は資本論には全く興味が無いし、割かし噛み砕いて分かりやすく解説してくれているのは分かるのですが私にとっては凄く難しくて、魂を半分飛ばして白目になりながら最後まで読むはめに。

おそらくある程度頭のいい人は理解できるんだと思いますが。私の頭では全く理解できず、とりあえず覚えているのは、プロレタリアートが自由労働者という意味だということぐらいです。

私はずっとプロレタリアートは絵画とか芸術の派閥か何かだと思っていたので(笑)そこしか記憶がありません…_| ̄|○

とりあえず最後まで読めたことは褒めていただきたい!(逆ギレ)

そんな難しい本も出されている佐藤さんですが読みやすい本も出されています。

お勧めなのは「野蛮人のテーブルマナー」この本は佐藤さんが外務省官僚だったころに培った外国との交渉のしかたや、実際にあった裏話なんかも書かれていてとても面白いです、あと「獄中記」も興味深い内容で、捕まったときに東京拘置所に入っていた時の体験談なのですが、拘置所の色々な裏話や検察官がどういった尋問のしかたをするのかとかのエピソードが興味深く、もし東京拘置所に入れられたときは役に立つ話がテンコ盛り、まあ東京拘置所に入る予定は今のところありませんが(笑)興味がある方は一度読んでほしいです。

私はこれを読んで政治の世界にも興味が出て、ニュースも見るようになりました。見てるといってもまだまだわからない事の方が多いですが(笑)

話しが逸れてしまいましたが、今回この本を読んだのも佐藤さんの本が目当で購入して読みました、正直難しい言葉が多くて結局理解できない所もありましたが(^^;;
ニュースを見てるだけではわからない世界の裏側が垣間見れます。

今回読んだ「動乱のインテリジェンス」は2012年に出版されたもので、佐藤優さんと手嶋龍一さんの対談形式で進み、その当時の政治や世界情勢の事を語りあっています。

この当時はまだ民主党が与党で野田さんが総理だったころに対談をされているのですが、この時お二人が語られている懸念案件は今まさに国際的にもニュースになっている事ばかりで、2人の先を読む情報分析力にはただただ、凄いな~(゜-゜)とというアホみたいな感想しか思いつかないくらい高度な会話が繰り広げられています。

この本で取りあげられているのはまず沖縄、基地移転の事、先ほど沖縄の知事選挙があったばかりですが。

この章ではお二人は沖縄をこれ以上ないがしろにすれば、沖縄独立という事も起きかねないと懸念されていました。

さすがにそれは無理じゃないかと思ったのですが、はなしを詳しく読むと案外、現実味のある話で、中国と手を組んで海洋資源が順当に採掘出来れば財政的にも不可能ではないとの見解でした。(°_°)

今回沖縄の知事選挙で当選した翁長さんはどちらかというと基地移設に反発している人でもあります。

この事で沖縄県民は少なくとも日本政府に対して少なからず不満がある事が証明されたわけで、このままほうっておくと本当にスコットランドみたいに独立選挙とか言い始めるかもしれないと思って怖くなりました。

沖縄で発行されている新聞は中国に操られているんだという噂もあるので、情報っていうのは本当に使い方次第で毒にも薬にもなるんだな~と納得しました。

他には中国の政治家の薄熙来の事件も語っていて、この裏話はまるで映画のようで、スパイやら亡命やらイギリスの秘密情報員といった単語が飛び交っていてすごく面白かったです。

あとお二人が凄く盛り上がっていたのは、鳩山元首相がイランを訪問して二次元外交をやらかして、日本に大迷惑をかけたあの事件です。

お二人くらい外交に詳しいと逆に褒めてました。

あんなに見事な悪い例はなかなかないよと、教科書に載せてもいいぐらい悪い二次元外交のお手本ですと絶賛の嵐!(笑)

当時のニュースを見ていて素人目から見てもあれはひどいなと思っていましたが、今回改めてどこがいけなかったを細かく解説しているのを読んで余計に憤りを感じました、だいぶ前の事なのにまた腹立ってきてしまいました(笑)

他にもアメリカの関係、中国とどうやって付き合っていくべきかとか、これから中東は混迷を深めそうだとか、今まさにニュースの主役になっている事ばかりで、今のニュースを見る上で解らなかった裏話や事情を知れていい復習になったと思います。

最初に恋愛は戦争に似ていると書きましたが、外交はまさに男と女の駆け引きにも似ているなとも思いました。国を女性として擬人化したら結構面白いです。

例えば、アメリカはヒエラルキーのトップにいるモテて派手に遊んでいそうな感じの女子、合コンとかバーベキューとかも主催するタイプ。姉御肌で頼られることもあるけど、その分恨みも買うタイプといったところでしょうか。自分が大好きで常に中心にいないと気がすまない感じ。(笑)

中国は悪趣味な成金お嬢様タイプ、汚いお金の使い方をしてホストクラブで豪遊してそう(笑)

北朝鮮は引きこもりのメンヘラちゃん(笑)タイプ、たまに奇声を発して周りをびっくりせたり、今から死んでやるとか狂言自殺をやらかすタイプ、そしてお隣の国にいたずらをしたり盗みに入ったりする。ただただ迷惑をかけまくる、かまってちゃん(笑)

韓国は韓国でその隣国せいでヒステリーになってしまったおばさんタイプでしょうか?クレームを言う事を唯一の楽しみにしていそうな迷惑なおばさんいるじゃないですか、そんなイメージです(笑)

イギリスなんかは、昔は銀座で人気のホステスだったけど今は少し落ちぶれて場末のスナックのママとかしてそう、でもまだ美人だしテクニックはあるから金持ちと不倫して何とかかんとか頑張ってる、でもスコットランドと修羅場があったりして最近へとへと(笑)

日本は世間知らずの箱入り娘タイプかな?(^∇^)真面目なのが取り柄だけど真面目すぎて舐められがち、でもずっとアメリカ君一筋でお付き合いしてきたけど最近アメリカ君の力が弱くなってきたから、ロシア君のにもすり寄る強かな所も見せ始めてたりして。しかしいかせん経験があまり無いので失敗しないか心配です(笑)

最近話題のイスラム国はアメリカ君の猟奇的なストーカーってとこですかね(笑)北朝鮮とはまた違ってインターネットのツイッタ―やフェイスブックを駆使して迷惑行為を繰り返して、ネコの死体とか送って来るガチでヤバいタイプ。へんな信仰宗教にハマってて神のお告げとか言い出して全く会話にならないタイプ~(^^;;怖、ほんとにこの先どうなる事やらですね。

ここら辺は全くの私個人のイメージですので間違ってる事もあると思いますがそこらへんは流してもらえると嬉しいです。(−_−;)

話しがだいぶ逸れてしまいましたが、今回紹介した本は、外交という視点から世界の動きや国同士の思惑を、外交の最前線にいた2人が分かりやすく教えてくれる本です。

まあ、興味がなかったら退屈だろうし2年前のことなので今更感はありますが、お二人の高度な会話は読んだだけでちょっと頭が良くなった気にさせてくれてお徳感もあるので気になったら読んでみてほしいです。( ´ ▽ ` )ノ




知の武装: 救国のインテリジェンス (新潮新書 551)知の武装: 救国のインテリジェンス (新潮新書 551)
(2013/12/14)
手嶋 龍一、佐藤 優 他

商品詳細を見る







テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

「エロスのお作法」 壇蜜・作

恋愛は戦争とよく似ている

この本を読んそう思いました。

この本は男性(壇蜜先生によれば殿方)を落す、あるいはメロメロにさせるための指南書です。

壇蜜さんは言わずと知れた「エッチなお姉さん」で男性からも、ひいては女性からも人気なわけですがこの本はその男性からモテるためのテクニックを教えてくれます。

しかし、戦争映画に出てくる鬼軍曹のごとく厳しい事を言ってきます。

「お前らは、豚にもおとる軟弱者だ!クソ豚野郎だ!お前らは戦場に立ってもなんの役にも立たないゴミ屑だ!」「イエッサー!!」「そんなゴミ野郎に一から戦い方を教えてやる!」「イエッサー!!」「イエスの前にサーをつけろ!!」「サーイエッサー!!」

まあ、こんな怖くはないですが、まずはこんな感じに全てを否定して行きます。

いわく壇蜜軍曹によれば。

まず服装や化粧のこと、ゴテゴテのネイルアートやラメやチークををこってり塗ったり、アクセサリーをジャラジャラ付け過ぎるのは逆効果なのだそうです。

ファッション雑誌に載ってるモテカワコーデの事も全否定です。ファッション雑誌に喧嘩売るとかさすが軍曹!

しかし壇蜜軍曹によれば、がっちりきめたファッションは殿方からすればとても隙がなく触りにくそうと思うからだとか。

目から鱗でした、「触りやすそう」そんな視点で考えた事ありませんでした。

でも男性でもがっちり頭を固めてセットしてたり眉毛をしっかりととのえてたり、香水付け過ぎてる人を見ると少し引いてしまうのと同じなのかもしれません。なにか壁を感じてしまいます。

壇蜜軍曹によれば、高い勝負服を一つ買うより自分の手に入る範囲で色々な服を買った方が効果的なのだとか、結局高い服で一回好感度が上がっても結局後でガッカリされるのがオチだよとおっしゃっています。

なるほど合理的です。

壇蜜軍曹はこの後も色々な事を厳しくも優しく、モテるためのテクニックを伝授してくれます。

いわく、わざと隙を作れ。 いわくわざと嫉妬させろ。ほかにもミステリアスな雰囲気を作れ。

欲求はちゃんと口に出して言った方がいいけど、嫉妬心を出し過ぎると駄目とか。

そのすべてが合理的で理路整然としていて、いかに壇蜜先生が冷静に相手を観察して分析しているかがわかります。

でも実際に実行しようと思うと大変です、なんせ相手のある事ですから、思惑通り動いてくれるとは限りませんし加減を間違えると嫌われかねない、相手の趣味や好みを分析しつつ微妙なさじ加減でセリフや行動を判断しなければならないのです。

私なんかは考えただけで足がつりそうです。

そういう意味では壇蜜さんはその技を遺憾なく発揮して人気者になったのでしょう、頭が良くないとできません。

先日テレビで出演されているのを見ましたが、共演していた男性は壇蜜さんにメロメロでした。

手の上で転がしているといった感じ。常に自分のペースをたもち、相手の喜びそうな事を効果的な方法とタイミングで発言し、なおかつ優雅に料理などもされていました、正直女の私でも落ちそうでした。

まるで歴戦の戦いで全勝している凄腕傭兵のようです。

さすがの貫録といわざるおえない、しかし少し問題もあります、これれらのテクニックはあくまで、男性を落とすためのテクニックです、女友達やほかの人間関係に関しては考慮されていません。

正直、これを合コンなどですれば男性は確実に落とせそうですが、一緒にいる女性に達にはあざとい奴としか映らないでしょう、やり方を間違えれば友達もなくします。

しかし、ここは戦場です獲物を落とすにはそんなことを考えていてはいけないのです、二兎追う物は一兎をも得ず。

壇蜜軍曹はそう言っているのかもしれません。

戦場では一瞬の判断が生死を分ける!!

そういう事ですね、壇蜜軍曹!!

そういう意味ではついこの間不倫で世間を騒がせた矢口真理さんは二兎を追いかけて全てを失ってしまった良い例と言っていいかもしれません。

世の女性達が矢口真理さんを批判するのは、矢口真理さんが女性に好かれるキャラクターで常に女性の味方であり、代弁者でもあり、そして爽やかな男性と結婚して、女性達の目標のような存在でした、本人もそのように行動して来たでしょうし、ブログなどでもそれを強調していたそうです。

それが、裏では若い男を家に連れ込んでよろしくヤッていたわけです。

ご本人にはきっと色々言い分があるでしょうし、葛藤の末の事態なのかもしれません。今もその男性とお付き合いされているようなので幸せになって欲しいですが。

現象だけ見た視聴者としては裏切られたとしか思えないのも無理ありません。

過分に嫉妬もふくまれているでしょうが(笑)

矢口真理さんは女性の人気で芸能界を生きてきているという事を忘れて欲を出し過ぎて全てを失ったのです。

しかし、もし不倫をしていたのが矢口さんではなく壇蜜さんだったらだどうでしょう?

壇蜜さんは女性人気なんて眼中にないグラビア出身者です、テレビなどでは男性にうけるキャラクターを完璧にこなされています。

おそらく、世間は壇蜜さんならやりかねない!むしろすぐ離婚を言い出した旦那が器が小さい!壇蜜だってわかって結婚したんだろう!と旦那さんの方が批判されそうです。

きっと旦那さんだけじゃ満足できなかったんだとみんな納得して批判などはあまり起こらないのではないでしょうか。

常に自分の立ち位置をわきまえて、欲しいものを一つと決めて行動する。そういう態度が壇蜜さんの女性人気にも繋がっている気がします。

壇蜜さんは凄いです、壇蜜さんの凄い所はこれだけではありません。

壇蜜さんはこの人と決めたら一途なのだそうです、浮気などはなさらないそうです。

・・・と本には書いてあります、でも本当の所は分かりません。

なぜなら、この本には場合によっては多少の嘘を付くことも推奨されています、この本は読もうと思えば男性だって読めます。

本の最初には壇蜜さんの艶めかしい写真が沢山掲載されています、服着ているのにエロいってどういうことなんだろう?って感じの写真です。

他にも男性に対してのアピールと思われる記述がちらほらあります。

この本は女性に向けてのハウツー本でもありますが、壇蜜さんの攻撃はここでも緩められる事は無いのです。

つねに攻撃の手を緩めるな!壇蜜軍曹はそう言っているのかもしれません。

戦いはもう始まっているのです。




エロスのお作法エロスのお作法
(2013/04/12)
壇 蜜

商品詳細を見る

















テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

「アイネクライネナハトムジーク」 伊坂幸太郎・作

先週は100年前の小説を紹介したので、今回は最近の小説。

今をときめく伊坂幸太郎の最新作を紹介します。

この小説は伊坂幸太郎先生がいかにミュージシャンの斎藤和義さんが好きかわかる小説です。

もし伊坂作品の「ゴールデンスランバー」や「モダンタイムズ」が好きでそういう感じを期待している方はあまりお勧めではないかもしれません。

これはただののろけ小説でもあるからです、そうですミュージシャンの斎藤和義が大好きな気持ちが垂れ流された、そういう小説です。

ただ伊坂幸太郎さんも斎藤和義さんも好きな私からしたら、ただただほんわり癒される小説でした。(*^_^*)

伊坂幸太郎さんも斎藤和義さんも好きなかたにはおすすめ。

この小説は短編集になっています、1つ1つは独立して読めるのですが最後の短編ですべてが繋がる仕掛けになっていてとても面白いです。

あとがきにも書いてあるのですが最初の短編「アイネクライネ」はもともと斎藤和義さんから歌詞を書いて欲しいという依頼をうけて、歌詞は書けないけど小説は書けるよという事から斎藤和義さんが伊坂先生の書いた小説を歌詞にする形で歌を作られたそうです。

私はその事は知らなかったので読んでいる途中で、あれ?このエピソードどっかで読んだ気がする?あれ?

って思ってたんです、あれ?もしかして読んだ事あるのに忘れてる?短編がなにか雑誌に掲載されていて後から本でまとめられたりするのでそのパターンでどっかで読んでたのかな?と思ったのです。でも気付いたのがだいぶ中盤辺りの事で、自分の記憶力の無さに落ち込んでしまいました。 (´・д・)

でも読み進めて行くにつれ、あれ?このエピソードは小説じゃない!歌の歌詞で聞いた事ある!と思い出し、そうだ斎藤和義さんの歌じゃん、となってなんとか記憶力の衰えでない事が分かり少しほっとしました(笑)

改めて調べてみると斎藤和義伊坂幸太郎・作詞で「ベリーベリーストロング~アイネクライネ~」というタイトルが出てきました。

聞いた事ある!好きな曲です。

まさにコラボですね、このほかの短編にも斎藤和義さんの歌詞が出てきたりして、この本一冊まるまるコラボって感じになってます、私は斎藤和義さんの歌は好きですが全ての歌を知っていて詳しい訳では無いのでもしかしたら気付いていないフレーズももっとあるかもしれません。

伊坂さんがいかに斎藤和義さんのファンであるかが分かります。

この本は全体的に恋愛の要素が多いです、伊坂幸太郎ファンはご存じだと思いますが伊坂さんの小説で恋愛がメインの小説は今までありませんでしたが、斎藤和義さんとのコラボがしたくて頑張って書いたそうです。

まあこれもあとがきに書いてあったんですけどね。(笑)

なんにせよこの小説はセンスのいい文章とセンスのいい歌詞のコラボで読み心地が凄くいいです、凄く癒されました。(*´ω`*)

読み終わったら斎藤和義さんの歌が聴きたくなる事間違いなしです。 (b゜v`*)




アイネクライネナハトムジークアイネクライネナハトムジーク
(2014/09/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。