本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館の魔女  高田大介・作

久しぶりにエベレストに登ったような了読感のある本を読みました。(ちなみにエベレストには登ったことはありません)

あるいは、一流フランス料理のフルコースか老舗の料亭で色鮮やかな懐石料理を食べた後のような満腹感でいっぱいです。

まず、この本を手に入れるまでが長かった・・・(-_-;)

今の時代、大体の物は少し遠出するか、インターネットでボタンをクリックすれば手に入ってしまう世の中です。

しかし、この本は手ごわかった

まず、この本の存在を知ったのは去年の12月、2013年12月の中ごろの事でした、正月休みにガッツリした物でも読みたいなと思い、この本を購入しようと思ったのですが。

「図書館の魔女」上巻 2500円 下巻 2600円 高田大介・作 2013年8月9日出版 第45回メフィスト賞受賞

単行本で2000円以上という事は結構な分厚さのはずです、それが上下巻!

メフィスト賞を取っているという事は私好みの確率が高い(今までメフィスト賞を取った本で読んで外れた事が無かったので)しかも好きな批評家がこの本をべた褒めしていた、ビビビッときた(古)私はこの本を手に入れる事にしました。

出版して一年もたってない上に、メフィスト賞を取っているのです、すぐに手に入ると高を括っていました。

まず、周辺の大きな書店で探してみました・・・・・無い!(゜-゜)

やむなく近くの本屋で注文・・・・・「出版社に在庫がありません」との返答(T_T)

この時点で、正月休みには間に合わず・・・・(;O;)

ダメ元でAmazonで注文・・・10日から2週間かかりますとのこと・・・・・待ちました!この時点で1月も終わり頃

届きました!上巻だけ・・・・・orz

下巻は品切れ・・・中古で定価より高くなった物しかありません。

Amazon!このやろう!期待させやがって!

ここら辺からだんだん意地になってきて、どうしても読みたくなっていた私は、片っぱしからネットショッピングサイトを回って注文してみました。

しかし、どこも“在庫はありません”の文字

セブンネットで「入荷リクエスト」なる物があり登録するとメールで教えてくれるとのことで、とりあえず入会してメールを待つ事に。

ここら辺から大分あきらめムードが漂い出し、とりあえず読めればいいかと図書館で予約(しかし10人予約待ち)

そして、2月の中旬ごろうっかり忘れていたメールをチェックすると、セブンネットで“入荷”の文字!

しかし、気付くのが遅くてメールが届いてから3日ほど経っていたため、品切れ・・・・・(゜レ゜)

久しぶりに家でのたうち回りました・・・・・

そのころには、すっかり諦めた私はとりあえず図書館の予約の順番を大人しく待つことに。

そして、2月の終わり頃ふと見たAmazonのサイトで「図書館の魔女」下巻、“在庫1”の文字を発見!!

速攻で注文!!

なんと、2日ほどで我が家に到着!さすがAmazon様(笑)です!

嬉しくって、玄関先で変な踊りを踊ってしまいました。

ちなみに図書館で予約した分も順番が回ってきましたがすぐに返却(何と、Amazonで届いた日に順番が回ってきました)

この時点で、4ヶ月が経っていました・・・・・長かった・・・・そしてもう既にちょっと燃え尽き気味・・・

しかし、やっと手に入った待ちに待った本です。

ウキウキしながら読み始めました。

この本は、あえてジャンルを分けるとすると、ミステリー、そしてファンタジーでもあります。

「図書館の魔女」とあるので魔法やら不思議な力やが出てきそうですが、すべて知恵や知識・知略・謀略を使って事件を解解決していくのです。

世界中の知識が集まる高い塔の図書館そこの主人である「図書館の魔女」と呼ばれる少女マツリカは口がきけないというハンデを持っていました、その通訳として主人公の少年キリヒトが呼ばれる――そこから物語が始まります。

この本を読んで、まず大変だったのは、本の重さ!上巻550g下巻660g・・・手首がだるい・・・

そして、もっとも大変だったのは文章の難解さ、

本文より

 月光に照らされる中庭は、一言でいえば荒れ果てた廃庭園であった。すでに枯れ果てた灌木から落ちて久しい湿った病葉がひび割れた敷石を覆い隠し、伸び放題の草叢が枯れ葉を生い茂らせて、蛇行する小径をそこここで阻んでいる。蘚苔類に覆われた石の緑台は一方の足が崩れかけて斜めにかしぎ、かたわらの水盤では緩んだ石組みから染み出た水が外縁に染みこみ、足下に苔や犬羊歯を繁茂させていた。

漢字の読みを思いだそうとしている間にストーリーがどっかに行く・・・・

ある程度読み仮名がふってあるし、読みが分からなくても漢字の意味が分かるのもある、それでも分からなくても前後の文章でなんとか意味を推察す事が出来るので、慣れるとぐいぐい読めるようになるのですが・・・・

慣れるまでが大変でした・・・・orz

目を白目にしながら(゜_゜)眠気と戦いながら読みました!

結論としてはこの小説は、大変面白い本でした!

一度軌道に乗ると、読むのを止めるのが大変でした、特に下巻は一気読み!

あらゆる知識と深叡な策、数々の謀略、多数の言葉が詰まったこの本は読んだだけでなんだかちょっと賢くなった気さえしてきました。

この小説をミステリーと読むかファンタジーと読むかは人にも依ると思いますが私は、恋愛小説として読みました。

それにしても、恋愛と書くと途端に薄っぺらく感じてしまうのはなぜなんでしょうか?

最近の本はすぐに「好き」だとか「愛してる」などと軽々しく書きがちだけれど、小説とはそういったあいまいな感情をあらゆる言葉で表すのが本来の役目だと思うのです。

その点この本は主人公キリヒトとマツリカの深い深いつながりを沢山の言葉を使いながらも直接的な表現を避けて、二人の関係を浮き彫りにさせているのです。

直接的な甘味はあまり無いけど、スイカに塩をかけた時のような深みのある甘味が楽しめます。

ツンデレマツリカちゃんと天然系キリヒトの関係がどうなるのか、興味を持った方は良かったら読んで見て下さい。

是非とも続編を書いて欲しいと思わせる本でした。

図書館の魔女(上)図書館の魔女(上)
(2013/08/09)
高田 大介

商品詳細を見る


図書館の魔女(下)図書館の魔女(下)
(2013/08/09)
高田 大介

商品詳細を見る








スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

チェラブ 英国情報局秘密組織 Mission9クラッシュ ロバート・マカモア・作

注意! この本は児童書です。

作者のロバート・マカモアは元私立探偵で、本嫌いの甥っ子のためにこの本を書いたそうです。

この小説を簡単に説明すると、“007の子供バージョン”といった所です。

子供がスパイになり活躍する話なので、映画などでやっていた「スパイキッズ」や「Mr.インクレディブル」なんかを連想するかもしれません。

しかし、この本は派手な銃撃戦やカーチェイスはあまり無く、かなりリアリティを追及した話です。

ストーリーは、親を無くして肉親は妹だけになったジェームズが、養護施設でスパイ養成施設の"チェラブ"にスカウトされ、そこから厳しい訓練を経て色々なミッションに挑んで行く。そんな話です。

今回紹介するのはシリーズ9作目になる「Mission9 クラッシュ」今回は、大西洋で原因不明の爆発により墜落した飛行機の原因究明。

墜落したのは事故なのか、それともテロなのかーー

上にも書きましたが、この本は、子供がスパイになるという、一見現実ではありえなさそうなお話ですが、かなり現実に則して作られていてリアルな作りになっています、映画みたいに特殊な秘密兵器なんかを出したり、今の科学で出来ないような特殊なスーツを着て闘ったりもしません、地道な訓練と勉強、本人の努力によってスパイになるのです。

チェラブに集められた子供達は両親がいなく親戚とも縁が薄い子供達です、訓練は厳しくて、ミッションも大変ですが、いい成績を残せれば将来はエリートになることを約束されています。

子供がスパイになることの利点は、子供にしか入れない場所に入れること、子供がスパイをしているとは、大抵の大人は考えないだろうということです、大人だけだと警戒されますが子供が居て親子の程を取っているとあまり警戒されないし、容疑者の子供と友達になって、家に遊びに行くなどということもできるのです。

このように児童書とは言えども、設定は普通のスパイ物の小説よりしっかりつくりこまれていて大人が読んでも楽しめる作りになっています。

そして面白いのが。

主人公のジェームズです、根は優しくいい子なのですが一度キレると癇癪を起こし、手がでたり暴言をはいたりします割と社交的ですぐに友達をつくれ、、そしてなにより女好きの女ったらし、

普通の児童書の主人公としてはなかなかいないタイプのキャラクターです。

ミッション毎に可愛い女の子と仲良くなってイチャイチャます、しかも本命の彼女(!)が居るのにです。

ここらへんは007のジェームズ・ボンドばりに大活躍です(笑)

その彼女とも浮気がばれたり、やらせろ、嫌だのの喧嘩を繰り広げたり、一応言っておきますがやらせろの内約はキスとかではありません、ABCでいうとこのCですよ!(ちなみに、ジェームズがチェラブに入った当初は11歳、今回のシリーズでは15歳になりました。)チェラブでは、過去に部員どうしの妊娠事件があり、そういった行為は禁止されているのです。(チェラブでは基本17歳で卒業です)

他にも、ドラックやお酒、頭文字に“コ”の付く避妊具、同性愛者の問題も出てきたりしてます。

ちなみに、このシリーズはイギリスではベストセラーになるほどの人気作です。

なにそれこわい((((;゚Д゚)))))))

イギリスの子供怖いわ~(´Д` )

もう一度言いますが、この本は児童書です!

これを、読むと同じイギリスの児童書「ハリー・ポッター」が平和に感じられます。(笑)


一応言っておきますが、ジェームズは基本的にはいい子なのです、喧嘩や暴言はありますが、決定的に悪いことは基本的にはしない子です、しかもシリーズを重ねるごとに成長して落ち着いていくし、将来はいい男になるのは間違い無しって感じでもあります。

このシリーズは一冊ごとに話が完結しているので割とどれから読んでも楽しめます、私的に一番面白かったと思ったのは、3作目の「Mission3 脱獄」です、

ストーリーは、なかなか尻尾が掴めない容疑者を捕まえるために、その容疑者の子供が捕まっている、日本で言う少年院のような刑務所に潜入し、その子供と仲良くなって脱獄し、親をおびき出そうというミッションです。

果たして外界と隔離された危険な場所でジェームズは無事脱獄できるのか?そして容疑者の情報が掴めるのか?

この話は、正体がバレるかバレないかのスリルととアクションも多いので面白いです。


このように、いかにも児童書らしくないと書きましたが、しかしこの本こそ子供達に読んで欲しいと思う本でもあるのです。

世間にはびこる犯罪や事件がどういった経緯や原因で起こるのか、世の中にはどれだけ危険が潜んでいるのか、大人たちの欺瞞や矛盾、短絡的で無知である事がどれだけ危険であるかということを教えてくれます。

特に関心したのはシリーズ5作目の「Mssion5 マインド・コントロール」

このミッションではあるカルト宗教に潜入して隠された犯罪を付きとめるといった内容なのですが、タイトルにもあるようにこのカルト集団は信者にマインド・コントロールを施して人を欺いていているのです、その方法やどうやったら人はマインド・コントロールされるのかといった事が事細かに書かれているのです。

これを読んで思い出したのは、オウム真理教の事です、ニュースなどで見たオウム真理教のマインド・コントロールの方法とかなり共通点があり、もし信者の人たちがこの事を知っていれば、あんな事件が起こらなかったのではないかと思いました。

勉強ができるだけではだめなのです、世の中の裏側を見ることで学べる事は沢山あり、この本は教科書には載っていない大切な事を教えてくれるんだと思います。

この本が他の児童書とは一線を画すのは、出てくる大人達がよくある児童書のように単純な性格では無い所です、もちろん犯罪者はきちんと逮捕されますが、冷酷な犯罪者が自分の子供には優しかったり、反対に味方側の大人が裏切りに近い事をしたり、単純な勧善懲悪では語られない所です。

作者が甥っ子のためにこの本を書いたのは、こういったことを事も伝えたいと思ったからではないかと思いました。

かなり過激な内容ではありますが、日本でも関係無い話では無いと思うのです、今世間では多様な事件や犯罪が色々起こっています、知らなかったでは済まないことも沢山あるでしょう、この本は子供達に色々な危険や犯罪に対して心の準備ぐらいはさせてくれるような気がします。

英国情報局秘密組織CHERUB(チェラブ)〈Mission9〉クラッシュ英国情報局秘密組織CHERUB(チェラブ)〈Mission9〉クラッシュ
(2013/12)
ロバート マカモア

商品詳細を見る













テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

超教養 さとう珠緒・作

猛禽女子と言う言葉をご存じだろうか。

「臨死!江古田ちゃん」という漫画から生まれた言葉です、ウィキペディアによると

―名称の由来は猛禽類のように狙った獲物(=男)は決して逃さないことから。代表的な猛禽は巨乳で天然ボケなドジっ娘。話の聞き分けが良く、どの仕種も可愛らしく異性から、場合によっては同性からも受けが良い。―

猛禽女子は以前はぶりっ子と呼ばれていました。

こんな言葉ができるずっと以前から猛禽をやっていたのがさとう珠緒さんです。

私は、さとう珠緒さんのファンです。


 初めて、さとう珠緒さんが面白い人だと認識したのは、ある雑誌がきっかけでした、佐藤優という元官僚で今は作家をされている方がいるのです、私はこの人が好きで「ダ・ヴィンチ」という雑誌で連載をしているのを見つけて、読んでいたのですが、その時コンビとして一緒に連載していたのがさとう珠緒さんでした。

その連載と言うのは、さとう珠緒さんと佐藤優さんの対談形式で最近の時事ネタを取り上げるといった内容でした。

細かい所は大分忘れたしまいましたが、その連載がすごく面白かったのを覚えています。

佐藤優さんは元官僚なので政治経済の事とか時事ネタに詳しく、真面目な感じで解説してくれるのですが、そこにさとう珠緒さんがあのぶりっ子全開のしゃべり方で相槌を打っているのです。この凸凹な感じが良いのですが。

さとう珠緒さんはぶりっ子キャラも相まっておバカなイメージを持っていたのですが、意外や意外、結構難しい事を話題にしても、頓珍漢のようでいて物の本質を突いた答えをばんばん答えていてびっくりしました。

私のように、政治や経済に詳しくない人間でもさとう珠緒さんの相槌と解釈よって、より分かりやすく理解できて、なおかつしっかり落ちも付けた会話を繰り広げるので、飽きずに最後まで楽しめました。

脳ある鷹は爪を隠すと言いますがさすがは猛禽女子の開祖です。( ̄Д ̄)ノ

 さとう珠緒さんはこの時「ダ・ヴィンチ」の雑誌のウエブページでも連載をしていまして。

それが、今回紹介する「超教養」のもとになった連載「さとう珠緒編集長のバカブックガイド」、早速読んでみたのですが、これがまたすっごく面白かったのです。

そこから、私はさとう珠緒さんに夢中なのです。

 まずこの本は、その当時に流行った本をさとう珠緒さんが読んで感想を書いた物をまとめた本です、ちなみにこの本が出版されたのは2007年です。

この本の何が面白いかというと、珠緒さんがかなり本音をぶっちゃけているところ。そしてかなり毒舌、上にも書いたように、物の本質をついた答えに皮肉も織り交ぜた文章が炸裂していて、さとう珠緒さんがただのぶりっ子じゃない感じが読みとれます。

まあ、生馬の目を抜くような厳しい芸能界でずっと生き残っていたのです、ただのぶりっ子では無理だったと思います。

たとえば、最初の章の「電車男」の感想。

最初は電車男の話はピュアでいい話だったと持ち上げているのですが、「エルメス」に関してはあんな女いるのかな~?と懐疑的だし、電車男に関しては、「ないわ~」「きもい!」と一刀両断


本文より
 20代の頃は、エルメスさんじゃないけれど、「オタクもいいかな?」って思った時期もあったんです。~中略~まあ、すぐ飽きちゃうんですね。最後は「バカじゃないの!?」と気付いてしまって恋が終わる(苦笑)たぶん、あの頃は「オタクも愛せる私って素敵」なんて思ってたんでしょうね。間違ってました、私。今ならはっきり言えます。キモいものはキモいのです!「萌え~」ですって!?もう一度言わせて下さい。キモい!

も、もう、やめたげてよ~!(つД`)ノキモいオタクは無駄に繊細なのよ~!(>_<)

さらには、

本文より
 ・・・・・・って、私って女の人にこれだけ嫌われているのに男の人を敵に回したら味方がいなくなっちゃいますよね?撤回します。全部、嘘です❤

と続きます、・・・もうやりたい放題です。(@_@;)

このように、ある程度持ち上げておいて、一気に落とし、また持ち上げると見せかけて崖から突き落とすのです。

私は“アクロバティックな毒舌”と名づけました。

その他にも、「NANA」と言う漫画を取り上げた時も恋愛観の話になり、色々端折りますが、20代はモサい位の人が好きだったのに、年を重ねるごとにイケメンが良くなるよね、(NANAを読んだ感想でこんな結論が出る時点で色々敵に回してる気がしますが・・・(~_~;))みたいな話になり

本文より

やっぱり、自分が老いていくと美しさに惹かれていくものってことかな?細木数子さんが、イケメン好き、というのはとても共感できますよね。

・・・・・・うん、共感できるよ、できるけどこの話の流れでその名前を出すのはかなりアンタッチャブルなのでは・・・((((;゚Д゚)))))))

と、このようにかなりのぶっちゃけぶり、

でもここまで突き抜けてはっきり言われると逆に清々しくて私は好きです。

後は、テレビでのぶりっ子キャラは全部演技でキャラを作っていたとはっきり言っていて、大丈夫かなと心配するぐらいでした。

本文より
 思えば、私は小学生の時から計算に計算重ねて生きてきました。そして長じて獲得したのは、芸能界でのブリッコポジション。


さらには

本文より
 仕事に関しては「うるうる」とか「ぷんぷん」とか、かなりやりやすいことをやっていますが、実はそこそこには歴史があって、小学生のときから計算に計算を重ねてきたんですよ。~中略~で、プライベートではどうなのかというと・・・・使わないですよね。コックさんが家で料理しないのと同じです。

だ、大丈夫なん?((((;゚Д゚)))))))

珠緒さん、それ言って大丈夫なん?


 あとこの本を読んで思ったのは、珠緒さんは結構サバサバしていてキッパリキッパリした性格でかなり男らしい方だという事です。

テレビでよく見るブリブリなキャラクターのせいでよけいそう見えるだけかもしれませんが。

たとえば「国家の品格」感想で

本文より

 誇りと自信なんて、持っていたい人は持てばいいし、持ちたくない人は別に持たなくていいと思うんですよ。~中略~だいたい日本人としてのプライドを持ったところで、どこで活用したらいいかわからない。


「国家の品格」といえば結構有名なベストセラー本でお堅い本なのに、こんなにキッパリ否定的なことをスパーンと言えるというのは凄いなぁ~と思うんですよね。

男らしい❤

後は、中学の時のエピソードで

本文より
 漫画の影響で国士無双で上がってみたくて、昼休みに屋上で麻雀したり。  

麻雀って!!国士無双って!!・・・っていうかなんで屋上!?

そういえばウィキペディアで競馬に詳しいとも書いてありました・・・(^_^;)

さとう珠緒の本質はどちらかと言うと、おっさんなんですかね?(笑)

あと面白かったのは

本文より

 小学生の時にジャッキーという名のシャムっぽい雑種の猫を飼っていました。お気づきの通り、ジャッキー・チェンから名前を拝借しています。本当はユン・ピョウでもよかったんですが。


なんで猫にアクション俳優の名前を付けようと思ったん!?そしてなんで第一候補がユン・ピョウなん!?お気づきの通りって言ってるけど、全然ピンときてへんから!

普通のことみたいに言ってるから、見逃しそうになりましたが色々変ですよね(笑)

ここら辺から私はさとう珠緒さんにメロメロでした、ギャップですギャップ萌え~ってやつですね。

私が男だったら惚れてるレベルです。\(//∇//)\

しかし、萌え~って言ってしまったのでたぶんキモいと振られるのが落ちですかね(笑)

他にもこの本は、面白い名言や、アクロバティック毒舌がてんこ盛り。


 長々と書いてきましたが正直、珠緒さんの素晴らしさ面白さの10分の1もお伝え出来ていません。

出来れば直接本を読んでいただきたい!o(`ω´ )o

本自体は割と短くて、141ページほどしかなく読みやすいので、時間があればすぐ読めます。

本の厚みはそれほどですが、中身はみっちり濃厚!、さとう珠緒さんワールドが詰まっています。

 今回、この本を紹介しようと思ったのは、この本が面白いのもありますが、最近、さとう珠緒さんをテレビで見かけなくなっていまい、さらには、ネットニュースで事務所と揉めててゴタゴタしているという記事を見つけたからです。

事の真相は正直どうでもいいので、珠緒さんにはできたらまた、テレビでもう一度見活躍する姿を見たいのです!

テレビがだめなら、この本のような書評とかコラムとかでもいいのです!

お願い戻ってきて~!!。・゜・(ノД`)・゜・。


・・・もしこのブログを見て、さとう珠緒、おもしろい!と思っていただけたら、なんとかこの本の布教をお願いいたします~(..)

超教養 (ダ・ヴィンチ ブックス)超教養 (ダ・ヴィンチ ブックス)
(2007/03/14)
さとう 珠緒

商品詳細を見る



























ワンピース ロビン姐さんを描いてみた その5

ワンピース ロビン姐さんを描いてみた その5


それでは、今回は実際に着てみたいと思います。

前回も載せましたが、これが完成したものです。

221 (480x640)


なかなか良い出来ではないでしょうか?

しかし、ロビン姐さんの素晴らしさはこのナイスボデーだけではなく、キャラクターも素晴らしいのです、

クールで頭も良いし、結構情にも熱くて、努力家、でもその努力を見せない所もかっこいい、こんなお姉ちゃんが欲しい!

やさしく叱られたい!!

(*変態的な意味ではありません)

早速着てみたいと思います。

224 (480x640)

おお!私のナイスなボデーがロビン姐さんのナイスボデーを引き立てておりますな!

226 (480x640)

クラフトワークスkyotoらくがキットは完全に乾かしてしまえば洗濯しても色落ちしません。

あなたも、大好きなキャラクターがいるんだけど特に人気も無くてグッズ化してない!

みたいな人はTシャツに描いて自分の物にしてみませんか?

(*変態的な意味もふくめます)


今回はここまで!

ワンピースのロビン姉さんを描いてみたのシリーズはこれで終了です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

またよろしくお願いします。(*^_^*)

ワンピース ロビン姐さんを描いてみた その4

ワンピース ロビン姐さんを描いてみた その4


では前回の続きです。

前回は大きな面積の所を優先的に塗ったので次は細かい所を塗っていきます。

使う絵の具はこれ!

125 (640x480)

濃い地用の絵の具もありますので、黒地の布や濃い色の布に描く場合はこちらをお使い下さい。

それでは、細かい所を塗っていきます。

まずは、黒!

208 (480x640)

だんだん、画面がしまってきましたね。

209 (480x640)

210 (480x640)

ボンキュッボン!ボンキュッボン!

211 (480x640)

次はベルト(?)を塗っていきます。

212 (480x640)

同じような色でボタンも塗ります

213 (480x640)

ロビン姐さんの色塗りはこれで全部です。

214 (480x640)

次は背景のいろを塗っていきます。

215 (480x640)

ここはわざとガサガサしたタッチで塗ってみました。


217 (480x640)

花びらも追加してみました

218 (480x640)

背景はこれで完成です

バーン!!

221 (480x640)

Tシャツはこれで完成です。

今回はここまで

次回は実際に着てみたいと思います。(*^^)v

よろしくお願いします。(^o^)丿







FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。