本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっぴんぱらりの風太郎 万城目学・作

腕がぷるぷるします。






おわかりいただけるでしょうか?

この厚み、4cm6mmあります、ハードカバーなので表紙と背表紙を抜いても4cmあります(;゜0゜)

全746ページ、1ページだいたい860文字入ります。

みっちり入っているわけではないし空白のページもあるのでだいたい半分としても、約320180文字あることになります。

もう一度いいます!手がぷるぷるします!

どれだけ重くて分厚いかというと


刑事「警部、ガイシャはこちらです。」

警部「・・・後頭部を一撃ってところか・・・」

刑事「ええ、おそらくこれが凶器でしょう、仏さんの近くに落ちてました」

警部「『とっぴんぱらりの風太郎』か・・・こいつなら一発だな・・・。おい!鑑識に回しておけ!」

刑事「はい!」

と、いぶし銀の警部さんが鈍器の認定をしてしまいそうになるぐらい重くて分厚いです。


重かった(;一_一)、持たずに置きながら読んだらいいんですが、ずっと同じ体勢だとそれはそれで疲れるし、寝転んで読んだら顔に落ちてきそうです、それこそ本を読んでいる場合ではなくなります、

そして、気が付くと本に集中してるので、いつの間にか手がぷるぷるしているのです、

すべてはこの本が面白いのが悪い。

そうです、今回の本も面白かったです。

「とっぴんぱらりの風太郎」は時代劇です(ミステリーではありません。)

でも、時代劇と言われると敷居が高そうと言われるかもしれませんが、どちらかというとこの本は少年漫画に近いです

ジャンプやサンデーなかで連載しててもおかしく無いかもしれません。

ただ、少年漫画で連載するには少し血なまぐさいシーンが多いです、お気を付け下さい(@_@;)

そんなこと気にしない、むしろアクションがいっぱいある方がいい!という方にはお勧め

登場人物の数もそんなに多くないですし(個人的な感覚です)セリフや文章も難しい言葉はあまり使われておらず、でもそれに違和感も感じさせずに読めます。

主人公は忍者の風太郎(ぷーたろう)、でもちょっとした失敗でお城から首にされ、ふてくされてだらだらしてるだけのニート忍者です。

名前のごとく風のようにふらふらしているぷー太郎です。

しかし、流れ流されてとんでもない事に巻き込まれいきます。

万城目学さんの本は全部読んでる、という方はこの本が、ある本とリンクしているのが分かるでしょう、それを読んでいると、もっと面白く感じるかもしれません。

かくゆう私も読んでいたので面白かったです、ただ読んだのがだいぶ前だったので気が付くまで少しかかってしまいました。それでも、読み終わった後は

あ、あれはあの複線になってるんやな~とか、あれはああいう意味やったんやな~など読み終わっても楽しめました。

ラストは圧巻の一言、読んだ後もずっと余韻に浸っていました、まさか、あんなラストが待っていようとは予想できませんでした、

今もまだ少し風太郎が残っています。

正直、風太郎はそんなにいい奴ではありません、どっちかというと怠け者で、人の失敗をだいぶ時間がたってもネチネチ責めます、どうせ俺なんか~といってすぐ諦めます、でもなんだかんだ言いながらも優しくてお人好しです、そんな主人公に最初はイライラしますが、だんだん好きになって行きます。

この本は風太郎という忍者の成長物語です、風太郎と一緒に成長したい人、腕を鍛えたいひとはお勧めです。




とっぴんぱらりの風太郎とっぴんぱらりの風太郎
(2013/09/28)
万城目 学

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

魔女の宅急便 角野栄子・作

最近、実写化するらしく、小説が文庫化されて本屋で並んでいるのを見て懐かしくなって読み返してみました。

なんだか、話題になってるから取り上げたとか思われるとしゃくなので、言っておきますが、

「魔女の宅急便」はだいぶ前から持ってましたし読んでいたことは分かっていただきたい。( *`ω´)(多少、やましい気持ちはなきにしもあらずですが・・・^_^;)

子供のころ、身の回りにある本は大抵、兄妹との共有物でした、

図書館の本は言わずものがな借り物です、そんな中で初めて個人所有物として手に入れた本が「魔女の宅急便」です、

きっかけは何かのお祝いで買ってもらったんだと思います、ジブリアニメとしてよく見ていたので選んだ本だったと記憶しています。

いわば、この本から私の読書の歴史が始まったと言っても過言ではないでしょう。(まあ、その前から本を読むのは好きだったのて少し言い過ぎかもしれまさんがσ(^_^;))

そう言う訳で、「魔女の宅急便」は私にとって、とても思い出深い一冊なのです。

「魔女の宅急便」は何度かカバーが行方不明になってしわしわだし、しおりの紐もしょぼしょぼになって短くなっていましたが、普通の本としてちゃんと読めるくらいしっかりとした形で残っていました。

「魔女の宅急便」といえばジブリアニメとして有名です、ただ原作のだいたいのストーリーは同じですが結構削ってあったり作られたエピソードの方が多いので全く別物として読んでもいい位です、

もちろんアニメも原作も、一人の女の子の成長物語としては素晴らしい作品です。

この本を買ってもらった当時はどんなことを思ったのか、どんな感想を持ったのかはよく覚えていないのですが、おぼろげに覚えていたのは。

主人公の女の子はまだ子供とも言える年齢で一人と一匹で旅に出ること。

辿りついた町のでは最初はあまり受け入れられなかったけど徐々に街の人と仲良くなっていったこと

アニメとは違って、結構辛辣で直接的な表現が多かったりで、子供心にドキドキしながら読んだのを覚えています。

ジブリアニメとして知ってるから原作はいいやと思ってる人がいるかもしれませんが原作はエピソードが多く、旅立ってから一年間のことを書いてあり、もっと色々なことが沢山起こります。

当時はキキとジジとおんなじ気持ちになって ドキドキ、ワクワクしながら読んでいたと思います。

本は、歳を取るごとに読み返すと新たな発見がある、なんてよく言います。この本を買ったのは、たしか小学生くらいだったと思います、あれから色々変化もあったと思うので、読み返してどんな感想を持つのかどんな発見があるのか楽しみでした。

そして、改めて今回、「魔女の宅急便」を読み返して見て思ったことは




キキとジジ




萌えーーー!!!



キキはまだ子供の部分を残しながらも女の部分もちょこちょこ出ててトンボさんといい感じになったりヤキモキしたりでか・わ・ゆ・す・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

なんせピチピチの13歳の女の子である、

キキは素直な子なんですが古いものを大切にしろと言うお母さんに反発して新しい魔女として新しいことをするぞ!と頑張るのですがいかせん、失敗をしてしまってしょんぼりしたりするのですが、そこがまたかわいい。

いわゆるドジっ子である。

そしてジジは、ツンデレ!

日頃はキキ対してツンツンした言葉で喋っていますが、キキが落ち込んだりするとすかさずフォローしたり、励ましたりでこちらもか・わ・い・い

もう一度言う、萌えーーーー!!!!

読みながら少しハアハア(´Д` )してしまいました。

私の中で最古参のツンデレはジジだったということです。

新たな発見です。(((o(*゚▽゚*)o)))




・・・・・・あれ?

なんか私、キモいロリコンオタクみたいじゃないですか?

・・・・・・いやいや・・・違う違う!

ほら、私、女やし!ロリコンじゃなくてショタコンやん!

・・・・・・

ってこらー!あかん!あかん!もっとちゃうよ!

いやいや、ほんまに違うよそんな変態じゃないし、((((;゚Д゚)))))))

恐ろしい・・・時間の経つのは本当に恐ろしいですね、こんなはずではなかったのに・・・

この本を買ってもらった当初の事を考えると私はずいぶんと変わってしまったな~と愕然としてしまいました。(−_−;)

それでも、ラストあたりでキキが里帰りするシーンではちよっと目頭が熱くなってうるっとしたので、まだまだ純粋な部分は残ってたのかな?ちょっと安心しました。

ただ、歳のせいで涙腺が緩くなっただけかもしれませんが・・・orz

魔女の宅急便 (福音館創作童話シリーズ)魔女の宅急便 (福音館創作童話シリーズ)
(1985/01/25)
角野 栄子

商品詳細を見る

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

魔法使いの弟子たち 井上夢人・作

私は、子供の時から本を読むのが好きだったので、今まで結構沢山の本を読んできました。

なので、わりとよく、読んだ本が映像化されることがあります。

もちろん、おもしろいから読むのだし、おもしろいから映像化されるのですが。

映像化される前からストーリーや結末を知っていて、おもしろい話だということをとっくの昔に知っているというのは、なんとなくうれしくて、友達とすでに原作を読んでいる映画などの話をすると、

「あ、その映画の原作読んだことあるわ、原作は面白かったよ。」(ドヤ顔)

などと、言ってしまいます、私としては普通の顔をしたつもりですがきっと自慢げに鼻が伸びていると思います。

なんせ、湊かなえの「告白」も有川浩の「図書館戦争」も東野圭吾の「ガリレオシリーズ」も東川篤哉の「なぞ解きはディナーのあとで」もJ・K・ローリングの「ハリー・ポッター」も有名になる前にすでに読んでいたのです、他にも色々ありますが、ちょっと自慢げになる気持ちは分かっていただけると思います。

原作を読んでいてそれが面白かったところで、映画が面白いとはかぎらないので、大した情報ではないのですが、必ず言ってしまいます。

「原作“は”面白かったよ。」(ドヤ顔)って

話が逸れてしまいました、何が言いたいかと言うと、映像化される小説を何冊も読んでいるということです。

そして、今回読んだ本である井上夢人の「魔法使いの弟子たち」です。

ストーリーを簡単に言うと、舞台は現代の日本、ある病院から致死率ほぼ100%のウイルスが蔓延してしま。ただ偶然にもウイルスに感染したのに4人の人間が生き残る、そしてその4人にはなぜか不思議な力がやどっていて・・・といった感じです。

ジャンルを大雑把に分けるとしたらSFアクションになると思います。

そして超能力ものです、正直言うと私は超能力ものだとわかると、ちょっと躊躇してしまいました、最近ではなかなか扱わない題材だし、ざっくり言うと古いし、ある意味チープな響きもあって、大丈夫かな?と心配になったのですが、

そんな心配は不要です、ある意味チープだからこそリアリティが出て内容に引き込まれていってどんどん読んでいってしまいました。

そして最初の話に戻るのですが。

この本はまだ、映像化されていません、

何が言いたいかと言うと、この本はいずれ、映像化されるのではないかと、私は読んでいるのです。

今のところその兆しはなにも無いですが。

伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」も米澤穂信の「インシテミル」も万城目学の「鴨川ホルモー」も事前に読んでいた私が言うのですから間違いありません(キリッ)!

多分・・・・・・うん・・・

まあ、間違っても苦情は受け付けません(キリッ)!

根拠としては、重要な登場人物に若くて可愛い女の子が居ること、

最近人気の若いタレントさんを、ストーリーに関係無く無理矢理ねじ込むということをして原作ファン批判されるということないですし

あと程よく派手なアクションが入っていることもポイントになると思います、きっと映像化したらいい感じの山場映像になるのではないかと思うのです。

それから、この本にはあまり恋愛要素は無いのですが入れようと思えば入れられ無くはないので、主人公をいい感じのイケメンにしてちょっと切ない感じに恋愛要素をいれてまとめれば、それなりに客が引っ張れるのではないかと思うのです。

なんだか、話しがだんだんゲスい感じになってきましたが。

もちろん元になる本が面白いからこそ勧めるています。

トリックの無い本物の超能力者が現代日本に現れたら一般の人達はどうするのか?マスメディアは?警察は?という社会派なことも織り交ぜてあるので、そこを上手くまとめられれば面白くなると思うのです。

まあ、ただ映像化したものが見てみたいだけでもあるのですが(笑)

そして、映像化されたあかつきには、鼻がにょきにょき伸びた私は自慢げに言うのです。

「あ、その映画の原作読んだよ、原作は面白かったよ」(ドヤ顔)

ってね

この本の作者、井上夢人さんは他にも沢山面白い本を出していて、これ映像化したら面白そうだなと思う作品がまだまだあるのでお勧めです。

特に「HTH TEAM」とか「ラバー・ソウル」が面白かったです。今回紹介した「魔法使いの弟子たち」と通じるものもあってお勧めです。

もしかしたらどれかが映像化されるかもしれません。

しかしそうなると私の鼻はまた、ピノキオみたいににょきにょき伸びて大変なことになりそうです。



魔法使いの弟子たち魔法使いの弟子たち
(2010/04/02)
井上 夢人

商品詳細を見る




テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

二流小説家 デイヴィッド・ゴードン・作

はっきり言うと、この小説はミステリーとしては物足りない、

恋愛物としては全然足りない、

アクション物といったら嘘になります、(多少は銃撃戦がありますが)

タイトルからわかるように小説家が主人公ですがお仕事物として読むにしても夢が無いです。

猟奇的な殺人事件が起こるので、気持ち悪くなるぐらいグロいのかと期待してもきっとがっかりするでしょう

コメディとしては読んでもいいかもしれませんが、シリアスな場面も同じだけあるので気持ちは乗り切れません。

感受性豊かな詩的な小説かな?といわれれば、・・・そうかもしれない。と答える、

この小説はそんな小説です。

ただ誤解してほしくないのですがこの本はすっごく面白かったです。

色々な要素がちょっとずつ入ってそしてバランスを崩すことなくまとまってる、

バランスが完璧とは言えないかもしれませんが(笑)

主人公はうだつの上がらない二流の小説家、明日のご飯のために名前を変えてジャンル小説を書く日々、ところがある日、残忍な手口で4人の女性を殺害したとして、死刑判決を受けたダリアン・クレイから自分の告白本を出さないかともちかけられる、そこから色々な事件に巻き込まれることになるのです。

主人公は正直情けない性格です、女子高生にいいように使われて、昔の恋人のことをまだ引きずっている、不本意な仕事をいつまでも続けている、そしてこの状況を変える気力も無い、これだけ並べると、なんだか悲しくなってきますが、文章がユーモアにあふれていて軽妙で読みやすい、ついついクスクス笑いながら読まされてしまいます。

事件の謎よりも文章が面白くて読み進めたようなものです。あっ事件そのものも面白かったです。

そして話が終わってしまうのが残念でもありました。

この作者の次回作はもう日本語訳は出てるみたいなのでさっそく探して読みたいと思います。

二流小説家 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕二流小説家 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕
(2013/01/25)
デイヴィッド・ゴードン

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。