本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終物語  上  西尾維新・作

電子レンジがご臨終されました

買ったときにすでに中古だったし5~6年使っていたので寿命だったんだと思います。

しかし毎日使っているものが突然に使えなくなるのは思った以上にショックでビックリするもんです。

話しは変わるが、電子レンジで物を温める時、チンするなどと言うが、私は初めて、家に電子レンジが来た時から、歴代の電子レンジ達がチンと言ったのを聞いたことがない。

だいたいピーンとかピーとかピロピロリン♪と音楽を奏でたりするのもいた気がする。

子供の頃、まだ電子レンジが家になかった時、テレビや漫画に出てくる電子レンジはだいたいチンって言ってたし、チンするという言葉が当たり前のように使われていたので当然、全ての電子レンジはチンと言うものだと思っていた。

しかし初めて、家に電子レンジが来て、さあ、物を入れて温めて、出来上がり!となった時、鳴り響いたのは「ピー!」という電子音。

ショックでした、最初に来た電子レンジは色も形も覚えてないが、今でもあのがっかり感は鮮明に思いだせます。

いかにテレビや漫画が虚構の存在であるか、そしてそこに私が入る余地など無いのだと、現実は厳しいのだと子供心に悟った瞬間でもありました。

そして、「電子レンジでチンする」などと言ったりしても、心の中では「家の電子レンジはチンて言わへんけどな・・・」と密かに突っ込んだりしてました。

そして、話しはもどり、壊れてしまった電子レンジである

もうピーとも言ってくれなくなったので、すぐさま電気屋に行き、すぐ持って来てもらえる安い電子レンジを買いました。

温められれば事足りるので、最低限の機能で、しかも聞いたことないメーカーの電子レンジです。

年末の忙しい時にも関わらず電気屋さんは、次の日には電子レンジを持って来てくれました。

ありがたいことです。

電子レンジは白く長方形で、回転皿の無いタイプのレンジです、最近はスマホ対応などというレンジやパンが焼ける機能が付いてたりするらしいですが今回買ったレンジはワットと時間を設定するつまみがあるだけ。

シンプルイズベスト

さっそく、ためしにコンセントをつないで、つまみをひねって動くか確認してみました。

問題なく作動、明日から過不足なく生活できるな~とホッとした時電子レンジが

チン!

と言ったのです!!

もう一度言う、家に来た電子レンジがチン!と言ったのである!

うら若い(?)乙女が何度もチンチンチンチン言うのもどうかと思うが、チン意外に表現しようのないチンなのです。

衝撃です、子供のころに憧れていたチンという電子レンジにこんなところで出逢えるとは。

この感動を分かっていただけるだろうか?分からない?そうですか。

とりあえず、まったく期待していなかっただけにその感動はひとしおです。

初めて家に電子レンジが来てからうん十年たちましたが、やっとこれで、レンジで物を温めるとき堂々と「チンする」言えるのです。

なんせ、家のレンジはチンって言いますから!


さて、今回紹介する本は「化物語」シリーズの第15冊目の「終物語 上」である、最初は一冊で終わるはずだったのに続編につぐ続編でなんと15冊目です。

タイトルは「終物語」になっていて、いかにもこれで最終回っぽいのに次回は「続・終物語」が創刊される予定で、まったくのタイトル詐欺なのである。

最後のページの広告にはこれで最後などと書いてあるが、実際は怪しいものである

まあ、出たら又、買ってしまうんですけどねσ^_^;

この本というかこのシリーズは例えるなら万華鏡のような本です。

角度を変えて見てみると色々な側面がみえてきます。

青春、アクション、コメディ、怪異譚、ファタジー、ハーレム、ミステリー、SF、ホラー、恋愛、家族愛

いろんな要素を、ギュッと詰め込んでいるのに破綻もなく成立しているのが凄い。

そして何より作者さんが楽しんで書いているのだろうな~というのが分かるので、読む方も楽しくなってきます。

15冊も出てるので読む気になれないかもしれないが、最初の一冊だけでもストーリーは完結しているので、興味があったら読んでみてほしいです、お勧めです。

ちなみに、この本と電子レンジはなんの関係もありませんのであしからず。

終物語 (上) (講談社BOX)終物語 (上) (講談社BOX)
(2013/10/22)
西尾 維新、VOFAN 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

ウツ妻さん 早川いくを・作

鬱にはおおまかに分けて二種類あるらしい、一つは緩慢型、徐々に病が進行して悪化するタイプ、そして突発型、ある日突然にやってくる、しかも一番最悪の状態になるらしい、そうなると本人は病気の自覚もなく、自殺を選ぶらしい。

そう考えると、なぜこの人が自殺を?という人はもしかしたら鬱だったということもあるかもしれないということである。

この事は、今回の本とは別の本に書いてあったのですが、多くの自殺は突発性の鬱ではないかと推察されていました。

鬱は最近やっとメジャーになってきた感じがする病気ですが、聞けば聞くほど恐ろしい病気です、まず自分ではなかなか気付けない、あと完治しないこと、一人一人症状が違うので薬の処方が難しいなど。

実際に鬱になったことがないのでわからないですが他にももっと色々大変な事があると思います。

もし、凄く嫌いな奴を病気にすることができるなら鬱病にしてやろう、と思うぐらい恐ろしいです。

こんな、想像をした自分も恐ろしいですが・・・~_~;

今回読んだ本「ウツ妻さん」はそんな鬱病になってしまった妻の事を書いた本です。

作者は早川いくをさん、「へんないきもの」という本を読んで知ったのが最初でした、こちらの本も大変面白かったのでお勧めです、本当にいるのか存在自体を疑うようなへんな生き物を紹介した本で、一度読み出したら止まらないこと請け合いです。

意味不明な生態やマンガみたいなホルムの生き物を突っ込みを交えながら紹介している本なのですが。

今回もある意味不思議な生き物、鬱になってしまった妻の事を観察しながら書いた本とも言えるのかもしれません。

鬱になったと書くと、大変暗いイメージだが、この本はそれをあまり感じさせないし、なんなら笑えるところも多々あるのだ。

たとえば、妻のトトコさんが鬱病になってからしばらくしてハマったのが特撮ヒーローの「愛の戦士 レインボーマン」

きっかけはレインボーマンに出てくる悪の組織「死ね死ね団」のテーマソングだそうです。

最近では見られないかなりダイレクトなタイトルの歌です、歌詞もかなり衝撃的です、すかさずYouTubeで確認してしまいました。

 ♪死ね 死ね 死ね死ね死ね死ね 死んじまえ
 黄色いブタめをやっつけろ 金で心を汚してしまえ
 死ね(あー)死ね(うー) 死ね死ね
 日本人は邪魔っけだ
 黄色い日本ぶっつぶせ 死ね死ね死ね 死ね死ね死ね
 世界の地図から消しちまえ 死ね!
 死ね死ね死ね 死ね死ね死ね
 死ね死ね死ね 死ね死ね死ね

こんなに死ねを連発して書いたのは初めてです(笑)。

メロディ自体はポップで楽しげなのですが、歌を聞いてみていただければ分かるのですが、かなりはっきりくっきり 死ね って発音していてびっくりしました。

昭和47年に放送していたらしいので、わずか41年ほどまえです、

それを、テレビで子供向けの番組として放送していたのです、当時の人たちの懐の深さをうかがえます。

それに比べて現代の日本人の尻の穴の小ささといったら、抗議行動をテロと言った大臣がいたり、それにやたら過剰に反応するだけのマスコミ。

見苦しいのひとことですね。

話が逸れてしまいました。

とりあえず妻のトトコさんはこれを聞いて特撮ヒーローにハマってしまい、特撮ヒーローをむさぼり見る毎日になったそうです。

他にも、ぬいぐるみを買い与えてみたり、拾ったヤドカリを飼ってみたり。

こんな風に鬱病になってにまったトトコさんを治すべく色々奮闘した経緯を笑いを交えて紹介しています。

もちろん本人と奥さんのトトコさんは大変だったと思います。罹っていたお医者さんがどう見ても鬱病に罹っているらしいというハプニングがあったり、喧嘩して怒鳴って物を壊してしまったり。本にはあまりかかれていないですが、他にも色々あったとは思います。

それでも、妻のトトコさんがうつを克服できたのは作者の旦那さんと家族が辛抱強く見守っていたからだと思います。

現在、日本には15人に一人は鬱病患者がいるそうです。

こうして見ると、鬱病は身近な病気でいつ自分が罹ってもおかしくない数字です。

でもこの本を読んだら、もしうつになってしまっても大丈夫な気がしてきました。・・・たぶん(笑)




ウツ妻さんウツ妻さん
(2013/10/16)
早川いくを

商品詳細を見る

伏 贋作・里見八犬伝 桜庭一樹・作

 吊城は丘陸のいちばん上に、今朝も、すこぅし右にかしいで載っていた。神さまがうっかりそこに置き忘れたまま、まだ取りにきてないだけだよというように。― 「伏 贋作・里見八犬伝」より一部抜粋



豆知識

作者の桜庭一樹さんは、男性のような名前ですが実は女の人です、デビュー作がライトノベルで、女性名だと読んでもらえない可能性があったので、男性に近い名前にしたのだそうです。

と、思ってたのにWikipediaで調べたら、たまたま適当に付けたとか書いてある‼

あれ?(゜o゜)この情報どこで読んだだろう?でも確かに、何かに書いてあったのに( ゚д゚)

・・・うん、たぶんWikipediaが間違ってる‼・・・たぶん


さて、この「伏」ですがタイトルにある通り、里見八犬伝のお話をベースにした小説です。しかし、なにぶん私は元の里見八犬伝をよく知らないので、比較のしようがないのです。f^_^;)

たしか・・・時代物で、犬?・・・が八匹出てくる?

と、タイトル見たらだいたい推測できるだけの知識しかありません。~_~;

Wikipedia先生によると

『南総里見八犬伝』は、室町時代後期を舞台に、安房国里見家の姫・伏姫と神犬八房の因縁によって結ばれた八人の若者(八犬士)を主人公とする長編伝奇小説である。ー本文よりー

・・・犬は八匹も出ないみたいです。持ってた知識も間違ってた!(@_@;)



「伏 贋作里見八犬伝」は、アニメ化もされたので、ファンタジー感溢れるポップな、内容なのかと思っていたのですが、実際読んでみると、昔々から続く因縁と、呪いが連綿とつづられ、血の匂いと獣臭さが漂う奇伝と言ってもいい作品でした、主人公が14才の女の子なので、ある程度はポップなのですが・・・f^_^;)予想外です

でも相変わらず桜庭さんの作品は面白かったです。

桜庭さんの作品に一貫してあるのは家族の絆のような、呪縛ような、つながりの事、少女が大人になる何とも言えないもどかしい時間。

桜庭さんの文章からはなんとも言えない独特の匂いがしてきて、いつもうっとりしてしまいます。

この何とも言えない匂いはきっと女にしかわからないんじゃないかと思う。

まあ、私の気のせいかもしれませんが。

勇ましい女の子が、女になり、母親になる、その過程を丁寧にそして美しいけど独特の文章で書いていてとても面白かったです。


伏 贋作・里見八犬伝伏 贋作・里見八犬伝
(2010/11/26)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。