本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女の宅急便 角野栄子・作

最近、実写化するらしく、小説が文庫化されて本屋で並んでいるのを見て懐かしくなって読み返してみました。

なんだか、話題になってるから取り上げたとか思われるとしゃくなので、言っておきますが、

「魔女の宅急便」はだいぶ前から持ってましたし読んでいたことは分かっていただきたい。( *`ω´)(多少、やましい気持ちはなきにしもあらずですが・・・^_^;)

子供のころ、身の回りにある本は大抵、兄妹との共有物でした、

図書館の本は言わずものがな借り物です、そんな中で初めて個人所有物として手に入れた本が「魔女の宅急便」です、

きっかけは何かのお祝いで買ってもらったんだと思います、ジブリアニメとしてよく見ていたので選んだ本だったと記憶しています。

いわば、この本から私の読書の歴史が始まったと言っても過言ではないでしょう。(まあ、その前から本を読むのは好きだったのて少し言い過ぎかもしれまさんがσ(^_^;))

そう言う訳で、「魔女の宅急便」は私にとって、とても思い出深い一冊なのです。

「魔女の宅急便」は何度かカバーが行方不明になってしわしわだし、しおりの紐もしょぼしょぼになって短くなっていましたが、普通の本としてちゃんと読めるくらいしっかりとした形で残っていました。

「魔女の宅急便」といえばジブリアニメとして有名です、ただ原作のだいたいのストーリーは同じですが結構削ってあったり作られたエピソードの方が多いので全く別物として読んでもいい位です、

もちろんアニメも原作も、一人の女の子の成長物語としては素晴らしい作品です。

この本を買ってもらった当時はどんなことを思ったのか、どんな感想を持ったのかはよく覚えていないのですが、おぼろげに覚えていたのは。

主人公の女の子はまだ子供とも言える年齢で一人と一匹で旅に出ること。

辿りついた町のでは最初はあまり受け入れられなかったけど徐々に街の人と仲良くなっていったこと

アニメとは違って、結構辛辣で直接的な表現が多かったりで、子供心にドキドキしながら読んだのを覚えています。

ジブリアニメとして知ってるから原作はいいやと思ってる人がいるかもしれませんが原作はエピソードが多く、旅立ってから一年間のことを書いてあり、もっと色々なことが沢山起こります。

当時はキキとジジとおんなじ気持ちになって ドキドキ、ワクワクしながら読んでいたと思います。

本は、歳を取るごとに読み返すと新たな発見がある、なんてよく言います。この本を買ったのは、たしか小学生くらいだったと思います、あれから色々変化もあったと思うので、読み返してどんな感想を持つのかどんな発見があるのか楽しみでした。

そして、改めて今回、「魔女の宅急便」を読み返して見て思ったことは




キキとジジ




萌えーーー!!!



キキはまだ子供の部分を残しながらも女の部分もちょこちょこ出ててトンボさんといい感じになったりヤキモキしたりでか・わ・ゆ・す・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

なんせピチピチの13歳の女の子である、

キキは素直な子なんですが古いものを大切にしろと言うお母さんに反発して新しい魔女として新しいことをするぞ!と頑張るのですがいかせん、失敗をしてしまってしょんぼりしたりするのですが、そこがまたかわいい。

いわゆるドジっ子である。

そしてジジは、ツンデレ!

日頃はキキ対してツンツンした言葉で喋っていますが、キキが落ち込んだりするとすかさずフォローしたり、励ましたりでこちらもか・わ・い・い

もう一度言う、萌えーーーー!!!!

読みながら少しハアハア(´Д` )してしまいました。

私の中で最古参のツンデレはジジだったということです。

新たな発見です。(((o(*゚▽゚*)o)))




・・・・・・あれ?

なんか私、キモいロリコンオタクみたいじゃないですか?

・・・・・・いやいや・・・違う違う!

ほら、私、女やし!ロリコンじゃなくてショタコンやん!

・・・・・・

ってこらー!あかん!あかん!もっとちゃうよ!

いやいや、ほんまに違うよそんな変態じゃないし、((((;゚Д゚)))))))

恐ろしい・・・時間の経つのは本当に恐ろしいですね、こんなはずではなかったのに・・・

この本を買ってもらった当初の事を考えると私はずいぶんと変わってしまったな~と愕然としてしまいました。(−_−;)

それでも、ラストあたりでキキが里帰りするシーンではちよっと目頭が熱くなってうるっとしたので、まだまだ純粋な部分は残ってたのかな?ちょっと安心しました。

ただ、歳のせいで涙腺が緩くなっただけかもしれませんが・・・orz

魔女の宅急便 (福音館創作童話シリーズ)魔女の宅急便 (福音館創作童話シリーズ)
(1985/01/25)
角野 栄子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

厭な小説 京極夏彦・作

ハードル上げるな~(@_@;)

今回紹介する、「厭な小説」を屋で見つけた時に思ったことです。

厭な事は人それぞれあるわけですし、「厭な」と言われると読む前にかまえてしまいます、そうするとやはりそれだけ読んだ時の衝撃は和らいでしまいます。

芸人さんが面白い話すると言って話し始めるのと同じです。

なので、ハードル上げるなーと思ったのです。

しかし、作者が京極夏彦です。

京極夏彦さんの小説で今まで面白くなかった事がありません、なので否応なしに期待してしまいます。

それで、わくわくして読み始めたのですが。

いやな小説!!

っ当にっ当に、文字通り厭な小説でした。(-"-)

逆に清々しいぐらいでした、いや全然清々しい気持にはなりませんけど(笑)

読み終わった後は変な達成感はありましたけどね(笑)

やっと終わった~(+o+)って感じです。

厭な小説」は7の短編からなるです、それぞれの主人公はどこにでもいそうな一般人、30代~50代の主婦やサラリーマンです。

本当に身近に起こりそうな設定なので身につまされるというか、想像がし易いので、厭な感じが肌にせまってきます。

ありとあらゆる厭な事が出てきます、よくこんなに思い付くな~と思うぐらい厭なことが並べ立てられてます。

厭なことしか書いてないし、厭なことしか思い出せません。読んだ後も1日は厭な感じを引きずります。

最初のころは、短編1篇に対して回復に1日かかりました。

ちょっとした罰ゲームです(笑)

装丁も凝ってます、

カバーは焼けて破れて見るからに煤けた感じに印刷されています。

中のページは10年くらい日に当てたみたいに焼けていて、たまにぺしゃんこになった虫が挟まったみたいな印刷もされていて芸が細かいです。

まあ厭な感じなんですが(笑)

そして何が一番厭かというと、ちょっとでも読み出すと、文章が引き込まれるので1行でも読むと止まれないところです。

絶対厭なことが起こるし、絶対厭な結末しかないのに続きが気になって一気に全部読んでしまいます。

そして、最悪な気分になるのです。

いいことが一つもありません。

ちょっとした罠です。

・・・ここまで書くと、内容が気になりませんか?

気になるでしょう?

どれだけ厭なのか?

それは、読まなければ解りません!

丁度今は文庫化もされているので、手にも取りやすいです。

そして、私と同じように厭な気持になって下さい・・・・フフフ(ゲス顔)

・・・・・あ、私いま凄い厭な奴ですね・・・orz

厭だ―!




厭な小説厭な小説
(2009/05/14)
京極 夏彦

商品詳細を見る













テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

「ザ・ベストセラー 上・下」 O・ゴールドスミス・作

季節はめっきり秋ですね!、秋と言えば「読書の秋」です。

私は、ほぼ一年中本を読んでいますが、なぜか秋になると“本が読みたい!”って思います。

特に本を読むペースが速くなる訳ではないのですが・・・なぜか毎年思います、常に本を読んでいるのにさらに読みたいと思うなんて、ちょっと自分で自分が怖いです。└(゜ロ゜;)┘

と言う訳で(?)今回紹介する本は本に関する小説です

「ザ・ベストセラー 上・下」 オリヴィア・ゴールドスミス・作 文春文庫から出版されて2000年2月に発売されたものです。

作者は女性でデビュー作「第一夫人同盟」は映画化もされたそうです。(今、調べたら2004年に54歳で亡くなられていました、ご冥福をお祈りいたします。)

上巻は462ページ、下巻は536ページと結構ボリューミーでしたが、秋に読むにはぴったりではないかと思います。

内容はニューヨークの出版業界が舞台でそこで起こる本に関する裏側がこれでもかと詰め込まれている小説です。

一応、フィクションですが、作家さんの実体験を基に書いてあるらしく、しかも有名な作家さんは実名でこの本に出ているので、かなりリアルな内容のようです。

アメリカの出版業界にはあまり詳しくないので日本とは少し違う世界で大変興味深い内容でした。

まあ、日本の出版業界の事もそんなに詳しくないですけど。(;一_一)

前回このブログでも紹介した「二流小説家」も小説家が主人公だったので、この本と合わせて読むと、アメリカの小説家の生態や出版業界の仕組みがより詳しく分かります。

私は、この本を読む前は出版業界が舞台の小説と言う事で、「プラダを着た悪魔」や「セックス・アンド・ザ・シティ」みたいな感じで、小説家の卵の主人公が出版業界で、出版業界の汚い裏側を垣間見たり色々な障害と戦い最後には出世していくコメディチックな話かと思っていました。

ところがこの小説は、書いた小説を出版社に送り続けるも断られ続けてついでにアルバイトも首になり絶望した小説家の卵が首を吊って自殺する所から始まりました。

暗! Σ(゜д゜υ)

その後も出てくる登場人物たちは、お金や地位があっても人間関係に恵まれてなかったり、見栄のためにお金が無くなって崖っぷちだったり、他人が書いた小説を自分が書いたと偽ったり、出世欲のために誰とでも寝る女が出てきたり。Σ(´□`;)

まさに閉塞感たっぷりで不幸な人か出世やお金や名誉の事しか考えてない人しか出てきません。

重い・・・(´・_・`)

しかも主要な登場人物が多く、視点がコロコロ変わるオムニバス形式で、登場人物の名前を覚えるのが大変でした。

視点が変わって数行読んでから、「・・・・・・えーっとこれ誰や?」と登場人物一覧表を見返す事が何度もありました。(笑)

それでも頑張って読むと、この小説は群像劇になっているので、関係が無いと思っていた登場人物達が章を進むごとに関わりが出てきてだんだん面白くなってきます。

それぞれの登場人物の人間関係や事情、意外な秘密も少しづつ明らかになっていくのでスリルもあります。

出版業界や作家業の仕組みやリアルなお金の流れ、大手書店と個人経営の書店の事情、作家たちの繁栄と凋落が書かれていて、本を作って売ると言う事は実にシビアで大変だと言う事が分かります。

本を作るのは本当に大変で、色んな人の汗と涙の結晶で出来ていて、特に作家は自分の身を削ってでも文章を書いているんだと言う事が分かり、これからは本を読むときはもっと一行一行大切に読もうと思いました。

しかし、我に返って思い出しました、実は私が読んでいたこの本は古本屋で一冊105円で買った本でした・・・・

古本屋で買った場合、作家さんには一円もお金が入らないんですよね・・・・(;一_一)

オリヴィア・ゴールドスミスさんすいません(@_@;)

まあ、そんなこんなで暗く息のつまるような始まりでしたが、そこはアメリカの小説です、最後は勧善懲悪的な結末で。

努力しつつも虐げられていた人は成功し、ズルして儲けようとしていた悪人はこてんぱんにやられて不幸になっていくといった結末で、最後は大団円で終わるので、これから読んでみようと思っている方は安心して読んでみて下さい。(*´ω`*)




ザ・ベストセラー〈上〉 (文春文庫)ザ・ベストセラー〈上〉 (文春文庫)
(2000/02)
オリヴィア ゴールドスミス

商品詳細を見る

ザ・ベストセラー〈下〉 (文春文庫)ザ・ベストセラー〈下〉 (文春文庫)
(2000/02)
オリヴィア ゴールドスミス

商品詳細を見る




















テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

「どろんころんど」 北野勇作・作

この小説は児童書です。

福音館という出版社から出ているので知っている人は少ないのではないかと思います。

しかもSFという、またマニアックなジャンルの作家さんである北野勇作さんの作品なのでかなり知名度は低いですが。

でも面白かったです。どんなジャンルの本でも面白い本は探さないと出会えないという証拠です。

私はこの作家さんの本を読むのは二冊目です、前読んだのは確か「メイド・ロード・リロード」というお話でした。

亀が探偵でメイドが出てくるお話です。

どんな話やねんと思われるかもしれませんが読めばわかります、亀が探偵でメイドが出てきますから。(笑)

それが面白かったので今回の本も読んでみたのです。

今回読んだのは小説「どろんころんど」も亀が出てきます、この作家さんは亀が好きなんですかね?

主人公は小さな女の子です、アンドロイドなのですが目を覚ますと世界から人間が消えていて、それで亀型ロボットと一緒に探しにいくというお話です。

全体の雰囲気は不思議の国のアリスと星の王子様を足して二で割ったようなお話ですです、特にアリスはかなり意識していると思います。

なんせ主人公はの女の子はアリスという名前ですから。

表紙の絵も可愛くで漫画家の鈴木志保さんのイラストで、それだけでも一見の価値ありです。

児童書なだけあって挿絵も沢山あり、それがまた文字やストーリーと関係し合っていてとても面白いです。

文字にもこだわりがあって例えば”ど”の字は”ご”に棒がブッ刺さったような一瞬読めないんですけど、よくみるとあ、”ど”だなとわかる変な表記になっていたり文章が斜めに切れて階段になったり。

他にも文章が解けてぐるぐる回ったりと読むという事をこんなに意識できる小説はなかなか無くて面白いです。

子供はもちろんですがこの本は大人が読んでも、いや大人にこそ読んで欲しい話になっています。

おすすめはお風呂に入りながらのんびり読むと良い感じだと思います。ヾ(o´∀`o)ノ

年末でお忙しい方にお勧めです。

「どろんころんど」 北野勇作・作






テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

「『罪と罰』を読まない」 岸本佐知子・三浦しをん・吉田篤弘・吉田浩美・作

私は本を読むのが好きで、これまで沢山の本を読んできました。

とはいえ読んだことのない本も沢山あります、ドストエフスキーの「罪と罰」もその一つです。

世界的に有名でよく知られた小説ではありますが、同じくらい読んだことはないという人が多いのではないでしょうか。

私もご多聞にもれずタイトルや作者名は知ってるけど読んだことのない本であります。

それはよく本を読んでいる作家さんの世界でもあるようで、今回紹介する本はそんなドストエフスキーの「罪と罰」を読んだことのない作家が集まって持ち寄った知識で「罪と罰」がどんな話なのか推理してみようという本です。

岸本佐知子三浦しをんさんは特に大好きな作家さんなのでその二人がでているっていうだけでもうこの本は面白いと決まったようなものです。

ちなみに三浦しをんさんは映画にもなった「まほろ駅前多田便利軒」とか「舟を編む」の原作者。そして岸本佐知子さんは英語の翻訳家、たまに出されるエッセイがとても面白くて私はそれでファンになりました。翻訳された本も面白いです。

他の2人に関しては・・・失礼ながら寡聞に存じ上げない方でして・・・・

調べてみたらどうやらご夫婦のようです。

ウィキペディアによると。

吉田 篤弘(よしだ あつひろ、1962年 - )は、東京都出身の作家。吉田篤弘名義による作品の発表とは別に、妻である吉田浩美と共にクラフト・エヴィング商會名義による著作の発表と装幀を中心としたデザイン・ワークも行っている。

とのことです。

なるほどと思って本をあけて装幀のページを見たらお2人の名前が、今回はデザインもされているようです。

本の帯には

“「読む」とはどういうことか。何をもって、「読んだ」と言えるのか。 もし「読んだ」と「読んでない」に大差がないなら、読まずに読書会をひらくことが出来るのではないか。 ドストエフスキーの「罪と罰」を読んだことのない四人が果敢かつ無謀に挑んだ「読まない」読書会。

と書かれています。

深いようなそうでもないような(笑)

でも今までにない試みでどんなことになっているのか凄く気になりました。

本によるとある宴席で「罪と罰」を読んだことがあるかという話からこの読書会をしようという話に発展したそうです。

詳しく言うと、まず下準備として最初1ページと最後の1ページを翻訳家の岸本さんが英語訳された文章を読んでから集まり、自分達が知っていることのみで「罪と罰」という話がどんな話なのかを推理していこうというルールで進められます。

面白い!

特に岸本佐知子三浦しをんさんの掛け合いが面白いです、かなりフランクな推理で3ページ目くらいでドストエフスキーの事をドストって呼んだり主人公が引きこもりのニートで最悪だと毒づいてみたり登場人物の名前の長くてややこしいということで変なニックネームを付けてみたりとやりたい放題。

かなり笑わせてもらいました。

そして「罪と罰」の内容がどんどん気になってきます。

私も読んだことがなかったので、4人の推理を読んでかなり想像が膨らみました。

ちなみに私が知っていた「罪と罰」の情報といえば、青年が主人公、その青年が悪い金貸しの婆さんを殺すがついでに居合わせた娘も殺してしまい、苦悩するみたいな話というくらいです。ぼやっとしてます。

主人公の名前も知りませんでした。

本では、一応追加ルールとして、途中から登場人物表を見たり、どの章の何ページといった具合に指定して1ページだけ拾って読んだり、ヒントを増やしていっています。

ちょっとづつ小出しにされるヒントをもとにあれやこれやとストーリーが推理されるのですが、なんせ「罪と罰」は分厚い文庫で上下巻、合計1166ページあるぐらい長いですから色々登場人物が多いのでかなり混乱してきます。

しかもかなり途中で副主人公なるものまで現れて推理は更に混乱していきます。

とりあえずこの本を読んでわかったのは主人公の名前はラスコーリニコフ。人を殺しておきながらあまり反省もしていなく、しかもニートで引きこもりで借金もある最低の奴という結論になりました。

他にも恋人らしき人物がいるらしいとかモテモテの妹もいるらしいとか、主人公には友達が1人しかいないとか。

こうなってくると本格的に「罪と罰」を読みたくなってきました。

本でも、3分の2くらいが推理で、その後実際に4人とも「罪と罰」を読んで読書会を行うという構成になっています。

ということで、私も実際に「罪と罰」を読んでから、「罪と罰」を読み終わった読書会の章を読もうと思います。\(^o^)/

なので来週のブログはドストエフスキーの「罪と罰」の感想です。

なんか意識高い系のブログっぽくていいですね(*´ω`)┛次回はよくわからん横文字を使い出すかもしれません、イノベーションがソリューションするとか(笑)

しかし、結構長い本なので一週間で読める気がしないですが・・・

来週ブログの更新がなかったら、あ、こいつ最後まで読めへんかったんやなプークスクス、と思って下さい(笑)





テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。