本とTシャツと私~クラフトワークスKyotoより愛をこめて~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エムブリヲ奇譚 山白朝子・作

作者は女性名なので女の人かと思われるかもしれませんが、実は作者は男性です。

割と有名な作家さんの別名義の名前です。

別に今は隠しておられるわけではないので、気になる人は調べてみてください。

私は、この有名な作家さんは昔から好きだったので、別名義で本を書いておられることを知って嬉しくて読んでるのですが。

本人が別名義で本を出してると公表された時は驚きました、

そして、別名義で出してたことに気付かず悔しかったです。(笑)

この本はジャンル分けするとホラーになるかな?時代物なので怪談物と言った方がいいかもしれません。

本の内容は

旅本の作者である、和泉蠟庵は取材の旅にでるごとになぜか迷子になる、山に登っていたはずなのに海に出たり、進んでいた方向から逆の所に出たり、それのお供に行く人はいつも酷い目に会い、巻き込まれる・・・今回たどり着くのは極楽なのか地獄なのか、果たして・・・

全部で、9編からなる短編集になっています、総てゾゾッとするお話しですがいくつかラストはほっこりしたりホロリとさせたりするものも混ざっています。

この作家さんのホラーの特徴は、普通の情景、いつか何処かで見たことがあるような状況を書くのですが、気が付くとなんだか少しずれてくる、

ふすまの隙間くらいのほんの少しの違いなんですが、何か違う、わからないまま本に引き込まれる、そして本から現実に戻った時一瞬自分がいる所が何処かわからなくなる。今見てるのが夢なのか現実なのか分からなくなる、そんな感覚を味わえます。

そしてこの本が面白いのはストーリーだけではなく、装丁も工夫がされていて面白いです。

一見、普通のハードカバーの本にみえます、カバーはホラー小説らしくおどろおどろしく、いい雰囲気を出しています。

普通と違うのは、栞として付いている紐です、大体の本には細いリボンのような紐が付いていますが、この本は細い糸が3本付いているのです、色は黒と赤と薄緑です。

この本を買った時は、珍しい栞だな~と思っただけでした。

しかし、実際に読みはじめて、栞を使ったり持ち運んだり鞄から出したりした時、ふとした瞬間に視界の端にその糸が目に入るんですが、それが本に髪の毛が挟まって垂れ下がっているように見えるのです。

想像してみてくださいぞわっとしませんか?

なぜ頭にくっついている時はどうとでも無いのに、抜けた途端にあんなに気持ち悪い感じになるんでしょうか?

小説の中でも髪の毛は随所に出てきていて毛がメインで使われている短編もあったりします、それに登場人物の和泉蝋庵は髪が黒く長いという設定になっていて、表紙にもおどろおどろしい感じで描かれています。

本に没頭してる時にその糸が手に触れたり絡まったりすると、本当に髪の毛が触ったような感じになり、本の内容が現実に浸食してきたような感覚になりぞわぞわします。

紙の本ならではの面白さです、電子書籍では味わえません。

物凄く怖いわけではないのです、物凄くグロテスクなわけでもないのです、しかしじわっとなんだか良く分からないものが浸みこんでくるそんな感覚がしてきます。

少し、気が早いですが夏にむけて読書リストに載せてみてはいかがでしょうか?

エムブリヲ奇譚 (幽ブックス)エムブリヲ奇譚 (幽ブックス)
(2012/03/02)
山白 朝子

商品詳細を見る












スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

望遠ニッポン見聞録 ヤマザキマリ・作

お恥ずかしながら、私は外国に行ったことがない。

もちろんパスポートも持ってない。

そんな、出不精の人にお勧め、旅行記ではないですが、たくさんの国に行った事のある作者のエッセイはまるで外国に行った気になれます。

ご存じの通りこの作者は今、映画公開もしている「テルマエ・ロマエ」の原作者のヤマザキマリさんです。

作者は外国によく旅行に行かれるようで、イタリアには長い期間住まれていてイタリア人の旦那さんがおられます。

この本は、長い間外国におられた作者ならではの視点で日本がどんな国なのかを、作者の視点で書かれています。

この本を読むと「テルマエ・ロマエ」が出来た理由もわかる気がします。

長く日本を離れていたからこその視点があったからあの、面白い漫画が出来たのだと納得出来ました。

面白かったのは、「おしん」の人気具合のことをかかれた章、「おしん」が流行るのも国によるらしく、欧米など言いたいことは出来るだけ言っていく、謝ったら負けみたいな国民性の国ではあまりはやらず、逆にアジアやイスラム圏では、爆発的な人気だったそうです

エジプトのカイロでは「おしん」の放送時間に停電なった事で電気会社や放送局で暴動が起こったそうです。

日本のドラマにそんなに熱くなってくれるのは嬉しいですが、暴動はやりすぎな気もします。

アジアやイスラム圏の女性は日常的に感情を抑えて暮らしており、社会の様々な伝統や風習に従わなければならず、

こういった抑圧された社会だからこそ「おしん」が流行ったのではないかと作者は書いています。

やっぱり直接色々な国を見てきた人の意見は面白いなと思いました。

そういえば、以前読んだ本で、田丸公美子・作「シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ」という本があるのですが。(こちらの本もすごく面白いです)

ちなみに田丸公美子さんはイタリア語の通訳をされていてエッセイも書かれていてこの本もその中の一冊です。

この本にはいかにイタリア人、特にイタリア男性が恋愛に関してアグレッシブであるか、どれだけ奔放であるか浮気なんてあたりまえ!ってな感じのことが書かれているのですが。

「望遠ニッポン見聞録」の中では、日本で活躍している某イタリア芸能人が表紙になったファッション雑誌を作者と旦那さんが二人で見ながら、「こんなイタリア男はめったに居ないよね」といった会話を繰り広げられていて。

いかにイタリア男性が不憫でしょぼくれていてイタリア女性の嫉妬のパワーが凄く浮気なぞしようもんなら精魂尽き果てるまで攻め続けられへこまされるかが書かれていました。

これは、どちらかが間違っているわけではなく、立場の違いで見方が違うのだと思うのですが。

同じ日本人で見てきた時代も似通っているはずなのに、同じ国のことを語っているとは思ない結論に至っているのが凄く面白いです。

もちろん日本だって、国民性をそんな簡単にくくれたりしないので、イタリアだって色んな面があるのも分かるのでどちらの面も正しいのだろうと思う。

そして、このことはきっと直接イタリアに旅行など行ったとしても知れない事柄です。

田丸さんは通訳の仕事を通じて、ヤマザキマリさんはイタリアで直接暮らしていたことで見てきたことです。

そう思うと本を読むことでしか知ることが出来ない事もあるのです。出不精な人にはお勧めです。

他にも、この本には沢山の国の沢山の人たちの暮らしや考えが、日本と比べてどれだけ違うか、日本という国がどんな国かが書かれています。

この本を読めば知らなかった日本にも行けるかもしれません。





望遠ニッポン見聞録望遠ニッポン見聞録
(2012/03/09)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る



シモネッタのデカメロン―イタリア的恋愛のススメ (文春文庫)シモネッタのデカメロン―イタリア的恋愛のススメ (文春文庫)
(2008/02/08)
田丸 公美子

商品詳細を見る














テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

リカーシブル 米澤穂信・作

世の中には、読むのに覚悟がいる本があります。

今回上げた米澤穂信の作品で「ボトルネック」はまさに読むのに覚悟のいる本でした。

ネットなどの書評でも評判になっていて、お勧めしずらいとまで書いてありました。

読んでみればわかるのですが、本当にお勧めはしずらいです。

後味も悪いし、最悪の気分になれます。

私は、読む前に覚悟をして読んだにも関わらず、読んだ後は3日くらい引きずりました。

そして、今回紹介する「リカーシブル」は帯に“青春の痛ましさを描いた名作ボトルネックの感動ふたたび”と書いてありました。

これは読まねば!と思いました。

上にも書いたようにお勧めしずらいやら、最悪の気分になるとまで書いているのに、読みたいと思うのは矛盾していると思われるかも知れません。

こいつ、もしかしてどMなんじゃないかと危惧された方もいるかもしれません。

大丈夫です私は変態ではありません!(・・・たぶん)

確かに、今回紹介する「リカーシブル」は最悪の読み味でした。

腐った泥水に生クリームをトッピングしてぐちゃぐちゃに混ぜたものを、口に突っ込まれた気分です。

ふとした時に思い出して、気持ちも落ち込みます。

ただ、読んでみていただければわかるのですが、この小説はすごく面白いのです。

読み出したら止まりません。

きっと最悪な気分になるに違いないのは分かっているのに続きが気になって仕方なくなるのです。

矛盾しているようですが本当です、読んでみればわかります。お勧めはしませんが(笑)

ストーリーは、父が失踪し母の故郷に引っ越してきた姉のハルカと弟のサトル。引っ越した町は「タマナヒメ」という伝説の女がおり、ハルカとサトルはこの寂れた町で恐ろしいことに巻き込まれていきます。

米澤穂信はミステリー作家なのですが「ボトルネック」ではあまりミステリー要素は少なかったように感じました。

ただ今回は、ミステリー要素もふんだんで、そして最悪な気分はそのままにといった感じです。

あらゆる所に複線がはっており、計算され尽くした構成と文章で、あっという間にこの世界に引き込まれ、そして泥水生クリームを飲まされるのです。

たとえば、そこかしこに散らばっている比喩表現などに少しづつ毒のある表現を使ってなんだか不穏な空気を醸しています。

-本文抜粋-

 コンクリートを流し込んだだけの三和土にスニーカーを脱ぎ捨てて、転げ落ちたら首の骨が折れそうなほど急な階段を駆け上る。


 校長先生もジャージ姿だ。包丁で削いであげたくなるほど大きなお腹がはっきり見えていて、ちょっと可哀想な気がする。


こんな感じです。

読み返してみると、ああこれも複線だったのかと驚くほどちりばめられていて、なおかつストーリーや構成は全く破綻もしていなくて読みやすい。

普通に読んでいてもその凄さは分からないのですが、少し引いた目線で見てみるとその凄さがわかります。

この小説を読んだ後、時間がたってもこの小説のこの後どうなったのか気になり意味も無いのに考えてしまいます、最後に少し明るい表現もあるものの状況は絶望的な事ばかりで、どう考えても事態が好転しそうな要素もありません。

タマナヒメの真意はどこにあるのだろうかとか、ハルカとサトルの母親や父親の心境、町の今後はどうなるのか、伝説はどこまで本当だったのか、あの文章は裏を読むべきじゃないんだろかとか。

考え出したら限なく出てきます。読み終わった後も背後霊のように小説がのしかかってきます。

もう一度言いますが、決してお勧めはしません。でも面白い小説であることは保証します。




リカーシブルリカーシブル
(2013/01/22)
米澤 穂信

商品詳細を見る









テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

満願 米澤穂信・作

第151回直木賞ノミネートおめでとうございます。

ノミネートで終わりましたけどね・・・・(;一_一)

今回、米澤穂信さんの「満願」を読まさせてもらいましたが。

正直、なぜわざわざこの本がノミネートされたのかが分からない。

もちろん、この本は素晴らしい内容で、面白さについては文句なしなのですが、米澤穂信さんが今まで出された本の中でこの本が1番面白いかというと少し疑問です。

まあ個人個人の好みの問題もあるし、これが一番という方もおられるかとは思いますが。

でも、ね~ (´・д・) 正直以前もこのブログでも紹介した「リカーシブル」の方がまだ直木賞にノミネートされれば納得できたのに。

今回、「満願」が直木賞にノミネートされた事で米澤穂信さんの知名度が上がって、じゃあ読んでみようとなって、最初にこの本を読んで。

米澤さんの本が全部こういう感じかと思われるのはファンとしては、勿体ないとしか言いようがない。

いや、何回も言いますが、この本は面白いです、でも良さが伝わりづらいのではないかと思うのです。

まあ直木賞の審査員はノミネートされた本を読んでないとかいう噂もあるぐらいですから、しょうがないのかも知れません。

とりあえず、この本は面白いです、でも他の米澤穂信さんの本も面白いです、個人的に好きなのは「小市民シリーズ」です、続きが早く出て欲しいんですけどね・・・ (´・ω・`) 出る気配もない・・・(ToT)

そして、今回紹介する本「満願」です、まあ、米澤穂信さんはミステリー作家さんなので今回もミステリーです、6つの短編で構成されています。

小説新潮・小説すばる・Story Seller Vol.3 で掲載されたものをまとめたものです。

このミステリーはどのカテゴリーに入るかというと、日常の謎系ではないかとおもいます、しかし日常の謎系はどちらかというと、ほのぼのとした空気があるものが多いですが。この小説は最初から最後まで不穏な空気に包まれています。

ホラーと言ってもいいぐらいですが、ホラーと言うほどなにか得体の知れないものが出てくるわけでもないのです。

本当に日常に起こりそうな設定で、自分が、あるいは隣の家で起こっても不思議じゃないことが描かれています。

良かれと思ってやった事、仕事のため、ちょっとした好奇心、それがきっかけで恐ろしいことが起こっていく。

幽霊もお化けもでてこない、変質者も猟奇的な人物もいない、なのにぞっとする。

この小説の登場人物達はふとした瞬間足を踏み外したように真っ暗な闇の中に堕ちていってしまうのです。

この本の中で個人的に特にぞっとしたのは「関守」というお話、あるルポライターがネタ探しのためにあるドライブインを訪れ、そこで働いているおばあちゃんに取材をする。そこから話は始まります。

ばあさんに取材をすることで事件の全容が少しずつ分かっていくのですが、なにも関係が無いと思った事が最後すべて繋がり、まさに衝撃のラスト!といった感じで最後はゾッとするやらヒヤッとするやらで、これを読むと怪談なんかさして怖くなくなります。

暑い夏にはぴったりかもしれません。ゾッとしたい方にお勧めです。


満願満願
(2014/03/20)
米澤 穂信

商品詳細を見る




テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

「打ちのめされるようなすごい本」 米原万里・作

秋!秋と言えば読書の秋!

このフレーズも三回目です、飽きたとは思われますが本特集はこれで最後です。

最後に紹介する本は米原万里の「打ちのめされるようなすごい本」です、この本も書評で、雑誌や新聞で連載されていた書評を集めた本です。

米原万里さんはもともとはロシア語通訳の第一人者でソ連時代の大統領、ゴルバチョフやエリツィンがわざわざ指名してくるぐらい凄い通訳者だったそうです。

ずっと通訳をやっておられたが、1995年に「不実な美女か貞淑な醜女か」という通訳の世界の事を書かれたエッセイ本を出され読売文学賞を受賞。そこから執筆活動もされるようになりました。

ついでに米原万里さんはかなりの読書家でそれをもとに書かれた大量の書評を全て集めて作られたのが「打ちのめされるようなすごい本」です。

この本は第一部と第二部に分かれています、第一部は「私の読書日記」で週刊文春で連載されたもの、第二部は雑誌や新聞に掲載された評論文です。

紹介されている本が複重している所が多少ありますが全ページ535pで読みごたえがあります。

米原万里さんも書評が大変うまくて前回紹介した三浦しをんさんの本と同じく読みたい本がまた増えました。

米原さんはかなりエネルギッシュで読む量も半端ないです、初っ端に紹介されている本からして凄いです、「ゴルバチョフ回想録」工藤清一郎/鈴木康雄訳(新潮社 上下巻)、二段組みで各800ページ。

これを“メリハリが利いていて読み進ませる弾み車の滑りが良くなっている”と書いてあって、特に問題もなく最後まで読めたらしい事が書いてありました。

は、はぴゃくぺーじ!しかもロシアの本である、イメージだけだけどロシアの本というととにかく分厚くて読むのが大変そうな感じなのにそれに加えて回想録!私にとっては全く興味の無いおっさんの人生なぞ、お金を積まれても読む気にもなれそうにない。

それを上下巻・・・・

次元が違う、しかも本書には日に7冊は毎日読んでいると書いてありました。

な、ななさつ・・・・

私は一度、一日に何冊読めるか挑戦してみた事があるのですが、朝7時くらいから食事意外はずっと本を読んで、頑張って夜10時くらいで9冊読み切った事があります、だけど読んだ本は薄めのライトノベルでしかもシリーズ物、最後は頭が痛くなりしかもその本は面白くなかった・・・無駄に一日を使ってしまった後悔しか残りませんでした。

一日、本を読む事しかせずでやっと9冊なのに米原万里さんは毎日7冊・・・人間業とは思えません。

ご自分でも本を読むのは早いと豪語されていましたが、相当早いんだと思われます。

書評の書き方もエネルギッシュで褒める所は全力で褒める、駄目な所は駄目とキッパリ、たまに毒舌も飛び出しますが愛のある感じで、しかも理論的に問題点も提示されていてしっかり本の内容を読みこまれているんだなと思い尊敬の念が深まりました。

米原万里さんはロシアの通訳をやっておられたせいか紹介さている本はロシア関係の本が多いです、次に多いのはノンフィクション物、そうなると話は世界情勢や政治の話にも飛びます。ウクライナや中東の民族問題、アメリカの傍若無人なやり方を非難されていました。

そして、今まさに世界はその燻っていた問題が爆発して混沌としている状態です、米原万里さんはこの頃からこの問題に警鐘を唱えていて(この書評は1995年から2005年の間に出されたものです)危惧されていたのだと思うと、今もし生きておられたら今の世界情勢を見てなんと言われるかが気になります。

そうです、実は米原万里さんは2006年に癌で亡くなっています。

もし生きておられたら61歳です。(満56歳没)本当に惜しい人を亡くしたと思います。

この書評は米原万里さんはが亡くなる前の年まで書いていた最後の文章でもあるのです。

第一章の最後の方は癌関係の本を沢山取りあげられていて、色々な癌治療をまさに自分の体で試されていた事がわかります。

それを読むと本当に世の中には詐欺まがいの治療法が書いてある本が沢山あり、藁をも掴む思いで治療しようとしている人たちを食い物にしている悪徳業者がいる事が書かれています。

亡くなってしまっている事を知りながらこの文章を読むのは正直辛かったです。

それでもエネルギッシュに本を読み己の道を突き進んで癌と戦われている姿は勇ましく気高くて心打たれます。

タイトルになっている「打ちのめされるようなすごい本」は書評されている本の事ではなくまさにこの本の事でもあるのだと思いました。

米原万里さんの事はもっと書きたい事がありますが限が無いのでこのくらいにしておきます。

もっと知りたい方は色々出版されているエッセイを読まれる事をお勧めします、文章はとても読みやすく、しかも笑えてついでに世界情勢にも詳しいので勉強にもなります。ニュースではアメリカ寄りの情報しかないですが米原さんはロシアの通訳をやっておられただけあって違う視点から世界を見ていて、常識だと思っていた事が覆されたり、いかにテレビのニュースが信用ならないかも分かります。

それから、米原万里さんは下ネタとダジャレが大好きで、よく捨て猫や犬を拾ってしまう愛情深い人でもあります。きっと拾われたネコや犬は幸せだったろうなと思います。うらやましい。

若いころの写真も見てみてください!すごい迫力美人です!

取りあえず私は「打ちのめされるようなすごい本」を読んで読書欲がまた膨らんでしまったので図書館やAmazonで本を漁る日々が続きそうです。


打ちのめされるようなすごい本打ちのめされるようなすごい本
(2006/10)
米原 万里

商品詳細を見る






















テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。